大分県現代俳句協会(ブログ版)

ようこそ。大分県現代俳句協会のブログへ。県協会の活動や会員の作品など。誰でも参加できる句会や俳句大会の情報も。

全体表示

[ リスト ]

大分県現代俳句協会設立から5年ごとに編集されてきた「現代俳句大分」。
昨年末発行された第5集から会員の句を紹介していきます。


足立雅泉
二月尽囚人のごと午後を病む
水脈へ核たらたらとパセリ摘む
病棟へ雨降る予感冬の蠅



足立 攝
陽炎やにんげんの掌に火の匂い
蓮の実のどこへ飛んでもまだ濁世
梟の午後はゆっくり散る桜



足立町子
縁あって喧嘩する仲ひやしんす
萩月のパイプオルガンより涙
ふぁの音が春に傾く鼓笛隊

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事