大分県現代俳句協会(ブログ版)

ようこそ。大分県現代俳句協会のブログへ。県協会の活動や会員の作品など。誰でも参加できる句会や俳句大会の情報も。

全体表示

[ リスト ]

大分県現代俳句協会設立から5年ごとに編集されてきた「現代俳句大分」。
2017年に発行された第5集から会員の句を紹介しています。

田口 十糸子
太陽でありし女の心太
蛇の衣の両目くっきり共謀罪
核のない地球へ一歩の星祭る

田代 直之
竹の春動かぬ母の軽さかな
麦の穂や少女の産毛光りをり
身軽さは重荷でもあり春疾風

田中 充
カップルに双樹のこだま梅雨晴れる
鹿垣をくぐりて遠く父母眠る
いにしえの泊りにフェリー秋没日

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事