大分県現代俳句協会(ブログ版)

ようこそ。大分県現代俳句協会のブログへ。県協会の活動や会員の作品など。誰でも参加できる句会や俳句大会の情報も。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

大分県現代俳句協会設立から5年ごとに編集されてきた「現代俳句大分」。
2017年に発行された第5集から会員の句を紹介しています。

田口 十糸子
太陽でありし女の心太
蛇の衣の両目くっきり共謀罪
核のない地球へ一歩の星祭る

田代 直之
竹の春動かぬ母の軽さかな
麦の穂や少女の産毛光りをり
身軽さは重荷でもあり春疾風

田中 充
カップルに双樹のこだま梅雨晴れる
鹿垣をくぐりて遠く父母眠る
いにしえの泊りにフェリー秋没日

開く コメント(0)

大分県現代俳句協会設立から5年ごとに編集されてきた「現代俳句大分」。
2017年に発行された第5集から会員の句を紹介しています。

角倉 洋子
語尾あげる訛なつかし干し大根
秋しぐれ素足で踏みたい川原石
霧ふかし猫がしなしな抜けてゆき

瀬川 剛一
花りんご死者の海町また海町
はつ夏のなにもかも吊る荒物屋
妻の黙解ける紅玉丸かじり

田口 辰郎
言い訳をしそうな風船から飛ばす
沈丁の香りの家と教えけり
夕焼け小焼け誰も通らぬ村が増え

開く コメント(0)

大分県現代俳句協会設立から5年ごとに編集されてきた「現代俳句大分」。
2017年に発行された第5集から会員の句を紹介しています。

菅 勲
土用波沖を見る間のふくらはぎ
潮の香の懐に入る遍路道
蜘蛛の囲にかかるは瀬音ばかりなり

菅 攝子
おはじきの途中は夜長の母になる
赤まんま抽斗にまだ今日の空
妻のまま青田の風になっていし

菅 登貴子
星空に肩たたかれし春の夢
画廊にて出逢う異国や花煙草
鯖の眼に星の愁いの飛び込みて

開く コメント(0)

H30.6.10長崎市で開催された「九州俳句」の九州俳句大会において、田口辰郎さんが九州俳句賞を受賞しました。
おめでとうございます。
あわせて、九州俳句大会の県関係の入賞作品を掲載します。



★第50回九州俳句賞受賞作品

篝火     田口辰郎

「けんけん」をぱっと跳んだら春が来る
ランドセルに平和を詰めて入学す
あしたへの花束として赤子抱く
余生ばかり数えてるから温もらぬ
畑を打つ言葉戻らぬ村に住み
これ以上漕いだら春を飛び越える
ものの芽の悲しいところを切ってやる
三・一一ペンの震えが止まらない
本音など言えぬ戦争が芽吹いてる
メーデーの背負われる子にも眉力
助手席は若葉の風を乗せて行く
初蝉の還る樹のない仮設村
だんだんと金魚が僕を好きになる
黄昏のこころに少しオーデコロン
世界図のどこを切ってもテロの紙魚
いま母は銀河の父に辿り着く
夕焼けこやけ誰も通らぬ村が増え
根底にまだ埋火を抱いている
後書もないまま枯れてゆくのかな
篝火の消えた母郷の海に冬



★第59回九州俳句大会入賞作品(県関係者)

九州俳句作家協会賞(第2席)
春愁を入れる隙間を空けておく   足立町子

優秀賞
春菊の春のところを摘みにゆく  田口辰郎
誰もいない春昼の不安さくら散る  成清正之

優良賞
にんげんの哀しみも巻く春キャベツ  谷川彰啓

開く コメント(0)

大分県現代俳句協会設立から5年ごとに編集されてきた「現代俳句大分」。
2017年に発行された第5集から会員の句を紹介しています。

佐藤綾子
誰の吐息ともなくもれてくる春の葬
地虫出て人間ひなたを恋い歩く
名優逝きまたひとり逝き年くるる

白水風子
春愁や足手まとひになってやろ
脳検査終えて白靴履く気分
秋天の欠片つぎつぎ鳥になる

進藤久子
鳥雲に言ふて返らぬ医療ミス
土用波会いたき友は壱岐に住む
初詣きのふと違う空がある

開く コメント(0)

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事