大分県現代俳句協会(ブログ版)

ようこそ。大分県現代俳句協会のブログへ。県協会の活動や会員の作品など。誰でも参加できる句会や俳句大会の情報も。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
大分県現代俳句協会設立から5年ごとに編集されてきた「現代俳句大分」。
2017年に発行された第5集から会員の句を紹介しています。

井元扇岳
空に鍵ウィルス背負い鴨が来る
焼牡蠣の弾ける破片遠地にテロ
蛍舞ふ限界集落臨時バス

上田たかし
単純がいい雪の日の童話
西瓜からいくさの種をこぼす昼
仏間まで月がひたすら来て座る

大神愛子
歯の治療終えて帰るや五月晴れ
ゲートルを巻いて写る父セピア
桜道友と歩きし遊歩道


大分県現代俳句協会設立から5年ごとに編集されてきた「現代俳句大分」。
2017年に発行された第5集から会員の句を紹介しています。


あべ まさる
三日月を吊して眠る蔵の町
雷過ぎてふと人間の隙だらけ
年寄りに会わぬ日はなし四月馬鹿

有村王志
逃げ水のどこにも逃げ場なき瓦礫
岳父の弾痕聞けないままの敗戦日
大夕焼一枚めくってまた被爆

井上 治
ひぐらしの鳴く村に生き八十年
早春のひかり集めて駒を打つ
藁を焼く煙の中に老いてゆく

イメージ 1

谷川彰啓さんの初句集。
詩情豊かに自身の世界を羽ばたいてゆく。
それは平明な文体から広がるもの。

かげろうとなって他人の列に入る
にんげんとおなじ水のむほたるの火
吾もまた枯野の景として歩く
美術館へ椎の実ひとつ持ちあるく
八月六日とべない鶴をひとつ折る

発行所 ジャプラン


大分県現代俳句協会設立から5年ごとに編集されてきた「現代俳句大分」。
昨年末発行された第5集から会員の句を紹介していきます。


足立雅泉
二月尽囚人のごと午後を病む
水脈へ核たらたらとパセリ摘む
病棟へ雨降る予感冬の蠅



足立 攝
陽炎やにんげんの掌に火の匂い
蓮の実のどこへ飛んでもまだ濁世
梟の午後はゆっくり散る桜



足立町子
縁あって喧嘩する仲ひやしんす
萩月のパイプオルガンより涙
ふぁの音が春に傾く鼓笛隊
協会創設以降5年ごとに刊行してきた大分県現代俳句協会の合同句集「現代俳句大分」の第5集が完成しました。

当ブログでは、収録句の紹介をしていく予定です。

イメージ 1
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事