大分県現代俳句協会(ブログ版)

ようこそ。大分県現代俳句協会のブログへ。県協会の活動や会員の作品など。誰でも参加できる句会や俳句大会の情報も。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
2079.6.3
熊本アークホテル。
九州俳句作家協会の九州俳句大会。
今年の九州俳句賞に足立摂さんが輝きました。
おめでとうございます。

イメージ 1



大分県現代俳句協会会報(H28.5.1会報第107号)紙上

高点句は以下のとおり

大根煮る祖母・母見えるところまで  河野 泉

二月の谺もどらぬ瓦礫山  有村王志

三・一一 悲喜こもごもの海朧  井元扇岳

春耕や一打一打に父祖の声  吾亦紅
H28.2.27(土)
於・大分市稙田公民館

大分県現代俳句協会総会終了後、入賞作品の発表、表彰等を行いました。

入賞作品は次のとおり

★大会賞
ふるさとを失くさぬように春田打つ   佐土原孤雁

★協会賞
幾重にも山河に老いて田を植ゆる  河野 泉

★大分合同新聞社賞
極月の職なき拳ポケットに  友松照子

★優秀賞 
村老いて火の粉のように柿熟るる  河野 泉

出漁の目力を生む頬かむり  長谷川正伸

カンナ一群特攻の碑は海を向く  友松照子

★秀逸賞
呼んでみる母の匂いは春の月  菅 攝子

山登りちょっと転んで春が来た  合田陸翔

穂すすきの村はどこかでいつも揺れ  谷川影啓

戦争が砂利踏んでくる余寒かな  有村王志

牛飼を止める決意でどんど焼く  渡辺籾恵



★特別選者一句賞

成清正之推薦
幾重にも山河に老いて田を植ゆる  河野 泉

河野輝暉推薦
白障子見えない心ありにけり  田代直之

瀧 春樹推薦
焼牡蠣の弾ける破片遠地(おち)にテロ  井元扇岳

万葉太郎推薦
戦争が砂利踏んでくる余寒かな  有村王志

佐藤綾子推薦
今生の喉をなだめて今年酒  菅 攝子

有村王志推薦
寒卵というべき卵みあたらぬ  宮崎山景


平成27年年間一句賞

会報での雑詠句等でこの一年間に投句された句のなかから、各特定選者による年間一句賞が決定。
H28.2.27県協会総会の席上で表彰されました。

成清正之選
溝浚え並の女に戻る午後  友松照子

河野輝暉選
死ぬ為に今日を生きんと畑を打つ  灘波瑞枝

瀧 春樹選
死ねば肉親寄るだけの家木守柿  有村王志

佐藤綾子選
モネの絵になるまで水連みつめおり  芦塚美穂

万葉太郎選
戦争がガラクタ市に正座  有村王志

有村王志選
冬苺いつか一人になる二人  瀬川剛一

イメージ 1

2月27日、午前10時半から。
大分市稙田公民館にて。
午後からは俳句大会。
新しい会員も増えました。
また新しい年へのスタートを切ることになります。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事