大分県現代俳句協会(ブログ版)

ようこそ。大分県現代俳句協会のブログへ。県協会の活動や会員の作品など。誰でも参加できる句会や俳句大会の情報も。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

大分県現代俳句協会設立から5年ごとに編集されてきた「現代俳句大分」。
2017年に発行された第5集から会員の句を紹介しています。

角倉 洋子
語尾あげる訛なつかし干し大根
秋しぐれ素足で踏みたい川原石
霧ふかし猫がしなしな抜けてゆき

瀬川 剛一
花りんご死者の海町また海町
はつ夏のなにもかも吊る荒物屋
妻の黙解ける紅玉丸かじり

田口 辰郎
言い訳をしそうな風船から飛ばす
沈丁の香りの家と教えけり
夕焼け小焼け誰も通らぬ村が増え

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事