ここから本文です
鉄道好きな介護福祉士のナカノブでーす\(^o^)/
関東甲信越は梅雨入りですね、体調管理に気を付けていきたいと思います。(^_^)

書庫全体表示

今朝、NHKのおはよう日本を見ていたら、99歳の詩人が出版した「くじけないで」という詩集が紹介されていた。自分で、ノートに書きためた詩を本にし、様々な年代の人からの反響があったという。
 
50歳代の女性は、自分の親と夫、立て続けに亡くし、失意のどん底となっていたところを本に記された詩によって、励まされたという。また20歳代の女性は、一人で見知らぬ土地に来て、新しい仕事に就いた時、暫くして糸が切れてしまい、やる気を失ってしまった時、この詩に出会い、今の自分のことを正直に話し、いろんな周囲の方からこまめに連絡くれるようになったとのこと。
 
大切な人を失って失意に落とされた時や、新しいことをしていても、やる気が失われてしまった時、決して自分の中にそれを溜めこむのではなく、周囲に話しをして出来るだけ聞いてもらうことで、気持ちが楽になることってあるんだなと思った。
 
正直、僕自身も、悩みを溜めこみやすいところがあるように思う。自分の中で解決出来ることにも限界ってあると思うし、いろんな人から差し伸べられる手を勇気を持って受けられたらと、この詩を見ていて素直に思った。
 
しかし、99歳の詩人、僕が接する施設の利用者にも、そんな歳の方がたくさんおられることを思うと、何所かでそんな自分を支えてくれているんだなと、ちょっと嬉しい気持ちになるそんな出来事だった。

この記事に

  • 99歳の詩人さんですか(・ω・)人の言葉で勇気づけられることってありますもんね☆
    詩人さんではないけど施設の利用者さんの言葉に胸打たれることも多いですもんね☆人生の先輩の言葉の重みってやるでしょうね☆

    クウスケ

    2010/7/25(日) 午後 8:37

    返信する
  • 顔アイコン

    クウスケさん>本当にそうなんですよ。99歳という年齢的には、このような仕事していると、人生の大先輩の一言に感動することもあります。この本、それが形になったような気がしましたね。\(^o^)/

    ナカノブ

    2010/7/29(木) 午前 9:02

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事