ここから本文です

書庫化学物質を斬る

すべて表示

昨日、長崎県波佐見町の國右ェ門窯を訪問させていただきました。これまでの工芸品としての陶器に加えて、植物マグマを使うことで食品をより美味しく、保持させる機能性陶器の開発研究を県と行い、商品化が軌道に乗ってきました。

一瀬國右ェ門先生はこれまで日本一と言われる大きい陶器を作られてきました。写真1に見るように、先生のお宅の庭に置かれているものでも、私の背丈よりも大きいのですが、波佐見町の陶磁器会館には、この3倍も大きいものが展示されています。息子さんの一瀬恵太さんは植物マグマを陶器に混ぜることによって、コーヒーや紅茶、日本茶、アルコール飲料、水、ご飯、みそ汁、スープなど食品をより美味しく、そして、品質を長持ちさせる機能性陶器を県と開発し、今や主流の商品として広まっています。

今回、見せていただいた製品は図柄も美しく「美と機能」を兼ね備えた陶磁器が完成していました。


写真1:波佐見焼きの象徴的陶器の前で撮影
イメージ 1


写真2:機能性陶磁器の開発が新聞に掲載されました
イメージ 2


写真3:炊飯釜
イメージ 3


写真4:機能性陶磁器
イメージ 4


写真5:機能性陶磁器
イメージ 5


FACEBOOKページ 中山栄基
イメージ 6

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 大自然株式会社が地元の緑警察署から県内で多発する振り込め詐欺被害の撲滅活動に貢献したことに対する感謝状いただきました。

  • 健康な人の血液・生化学検査データはそのほとんどが正常値を示しているはずである。特に体を防衛する役目を持つ、白血球数は概ね一定した数値を示すと共に、リンパ球、好中球、単球は理想値(生後1〜2年の時の数値:50%、40%、10%)に近い数値を示していると考えます。それ故、多項目の血液・生化学検査を定期的に行うことで、自分の健康度をしっかり把握することが、健康生活 ...すべて表示すべて表示

  • 健康な人の血液・生化学検査データはそのほとんどが正常値を示しているはずである。特に体を防衛する役目を持つ、白血球数は概ね一定した数値を示すと共に、リンパ球、好中球、単球は理想値(生後1〜2年の時の数値:50%、40%、10%)に近い数値を示していると考えます。それ故、多項目の血液・生化学検査を定期的に行うことで、自分の健康度をしっかり把握することが、健康生活 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事