ここから本文です
rougan 60のブログ
毎日 進化する老眼と戦ってる(笑)

諏訪君日誌 

いざ古い一眼を持ち出し、撮影しようと思いましたが使い方が判りません(笑)
良くこれだけ、忘れるものだと思います。
連続して使っていたから、手足の様に使えた物が使えません。
こりゃ、時間が掛るなとつくづく思いました。
イメージ 1
何を撮りたいのか、どんな被写体が興味が湧くのか それが問題。
自分自身で如何にその被写体と向き合えるのか、それすら解らない。
初心者に戻って、バシャバシャ撮ってその内何かを見つけれるかと思う。
イメージ 2
写真はある意味 その人間の中に有る想像の産物なのかも知れません。
こんな絵が撮りたいと思う気持ちが、何時か通じるのかな。
そうであって欲しい。 そうなる為には、まず体力が大事。
車中泊までした、あの頃の元気を取り戻す事。 車中泊する準備も出来ているんだから何でも出来るさ〜〜。
イメージ 3
ふらっと電車でも撮りに行きましょうかね。
自分探しの旅にね。

この記事に

諏訪君 日誌2

毎日が、日曜日の様な日々を過ごさせて貰ってます。
忙しいという言葉は、無くなりましたね。 今は、暇をどうやって過ごして行くのか
撮影に行けばいいでしょ? とお思いの方もいらっしゃるでしょうが。 実はやる気が
無いんです。 動くやる気です 自分から動こうとしていない事に(@_@;)です。
人を巻き込み何かをしていた私が、全く動いていない事にやっと気がつきました。
イメージ 1
この写真もスマホで撮りました。 簡単・便利が一番ですかね。
3年使っているスマホですが、簡単に撮れるから一眼使わないのが当たり前になって
来た訳です。 簡単に撮れるというのは、良いのですが 写真を撮るという前提が
無くなって来た気がします。
イメージ 2
撮るという覚悟が無い気がする。
覚悟が無いまま撮っていると、写真の出来などどうでもよろしい。 となります。
そうすると被写体にきちんと向き合わなくなり、ほとんど適当に撮っている事に
やっと気付きました。(遅いのですが)
イメージ 3
これは一眼で小さくしてアップしました。 パソコンの画面で見ると、全く違う。
画素数ももの凄く小さくしていますが、深みが違うなを感じとれました。
自己満足かもしれませんがね。 やっぱりもう一度一眼持って、外に出よう。
もう一度 自分を取り戻す為に、外に外に出よう。

この記事に

諏訪君 日誌

何気ない毎日を過ごしています。
昨日と変わらない日々 こんな日々が毎日 毎日続いてくれる事を願いますが
そうは行かないのが、皆様もそうでしょうが変化が有りますよね。
良いに付け、悪いに付け変化する日々を何とか過ごしていくのが人生なんでしょうか。
オギャ〜〜と生まれて、小学生になりあっという間に中学・高校と青春を過ごしました
気が付けば、もう結婚して 子供も生まれ、仕事に精を出し毎日黙々と働いていましたよね。 一コマ一コマは、喜びと悲しみの繰り返し。 で気が附くと還暦を迎えて
いました。 人生速いよね。 60年×365日=21900日
イメージ 1
21900日の人生を暮らしてみて、思う事。
色んな事有りました、色んなペットを飼いました。どの犬も猫も可愛かったな〜。
では、私は何の為に生れて来たんでしょうか? これが最大の疑問です。
自分が生まれて来たのは、何の為だろう?
何か使命が有って、生まれて来たのかな? 何をする為に生れて来たんだろう?
疑問に思いませんか? これを考えると夜 良く眠れます(笑)
イメージ 2
自分の子や孫を生まれさせる為に、私は生き延びたんだろうか?
確かに孫を見ていると可愛い。 この孫を見る為に私は存在しているんだろうか?
考えると疑問はつきません。 で昨晩午後10時に疑問と共に爆睡して朝の6時まで
一回も起きずに寝てしまった。 幸せです。 こうやって毎日が始まります。
いずれ孫も大きくなり、成人するでしょう。 その時にこんなブログを爺さんが
やっていたとしたら、驚く それともゲンナリするかも。
昨日 大女優というより、大先輩の女性の過去の姿をテレビで見ながら
イメージ 3
ああ こうやって孫一家と写真を撮るのも良いなとつくづく思った。
何十年後に懐かしいと思える写真を残しておこうかな。 我が家の家族写真をね。

この記事に

同級生の死

日々の暮らしの中で、色んな事が有りますね。
家の増改築の必要性 今はガレージのシャッター 多分2枚で30万円ぐらいかな
家の全塗装が150万円ぐらい。 何もしていない様で、家はお金が掛りますね。
およそ200万円掛かる予想ですが、これが毎年の様に何か有るから不思議です。
働けど働けど追いつかない<(_ _)>
皆さんは有りませんか? 家の増改築って、10年ほど前にキッチンを改造した時に
驚きの500万 毎年の様に何か有る? 繰り返し起こる出費の数々頭が痛い。
快適に暮らしていくのには、本当にお金が掛りますね。
家が30年も経つとそりゃ、色々出て来るわな〜〜〜ケセラセラ♬
イメージ 1
諏訪君と散歩しながら、これからも色々出てくるだろうな。と想像しています。
生きて行くのは、大変だ。 
イメージ 2
死んでしまうには早過ぎる。 昨日同級生の通夜に行って、本人の顔を見てきました。 突然だったので、声を掛けてきました。 『おい、起きろよ』とね
同級生が亡くなるって、本当にショックですね。 ご冥福をお祈り申し上げます。


この記事に

イメージ 1
昨日は友達のお父さんの葬儀でした。
8月から葬儀の参列が、私の仕事みたいになった気がする。 
昨日で5件目となりました。
その友達は、15歳からの友人ですからほぼ25年か・・・嘘です(笑)
半世紀近く友人ですので、そのお父さんとも船でウナギを捕まえに行ったり
アサリをたくさん捕りにも連れて行ってもらいました。
半年近く入院をして、天国に行かれました 合掌 礼拝。
皆さんも数多く葬儀には、参加されたと思います。 儀礼的に参加するのと
どうしても最後に、ご挨拶をしなければと思った葬儀は 数少ない。
今年は、自分の伯父さん88歳 そしてここのお父さん 89歳 数多く記憶に残っている方を亡くして、惨敗な年でしたね。
白髪混じりのおっさんに声を掛けられたら、同級生だったというショックも有りましたが彼が一言「お前の髪って、染めてるの?」 葬儀の時に第一声がこれには、参りました。 『一度だって、染めて無いよ』「染めなくって、そんなに黒いのか?」
住職の読経が始まりましたので終わりましたが、葬儀の最中は(そんなに髪の毛って気になるのか??)が頭の中をぐるぐる回ってました。
暑い夏でした、電話をもらう度に『ええー』の連続、全ての仕事は放棄して駆けつけました、暑い夏でした。 

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事