ここから本文です
rougan 60のブログ
毎日 進化する老眼と戦ってる(笑)

書庫日記

記事検索
検索

全109ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

諏訪君日誌2

体が不調だな〜 どうしようもなく不調です。
まともに仕事も出来ないので、今年度一杯で辞めようと思う。
仕事は、息子に全て任せるしか無い時期が来た。
頭が回らないし。 電話の応対もちゃんと出来ているかどうか不明になって来た。
仕事の年齢って、自分で決着付けなければ、どうしようもないですね。
イメージ 1
昨日の諏訪君 散歩から帰って来ると爆睡です。
多分、今の自分と同じようかも知れない。 体力が、衰えたと実感してます。
イメージ 2
狭い庭ですが、諏訪君が寝るには十分な広さは有ります。
長閑な雰囲気ですよね。 これを見ているだけで、癒されます。
まあ、この犬には散歩も付き合って貰ってますし、見ているだけで癒されて居ます。
相思相愛です(笑)
イメージ 3
あんまり寝ているので『諏訪!』と呼ぶと、むっくり首だけこっちを見ます。
でその後は、また元の姿で寝てます。 「余分に、呼ぶな」と言いたげです。
犬と暮らしてみて、動物は本当に可愛い。 文句も言わずに散歩に連れ出します。
そうすると尻尾を振り振りして、喜んで付いてきます。
無償の愛と言いますか、お互いに相思相愛で結ばれている気がします。

この記事に

諏訪君日誌 

毎日、散歩に行き、頭を撫ぜ遊んでいる諏訪君と私。
犬と共に過ごし、遊び、散歩しています。
ペットと暮らしてみて、心底思う事。 ペットに助けられている事は、多いですね。
嫌な事が有った時など、本当に助けられます。 癒されます。
言葉が判らない分、非常に仲良くなれます(笑)
イメージ 1
似たような写真ばっかりで、すいません<(_ _)>
どうしても好きなアングルって、固定されますね。
イメージ 2
生まれて、3か月ぐらいで我が家に来た諏訪君。 先輩犬の躾けにより立派に
育った諏訪君。 お前、足長いな〜〜〜(笑)
イメージ 3
暇を持て余すと、この様なポーズで、遊べ、遊べ〜の催促です。
非常に、判りやすいこの犬 飼い主に似て来たのかな〜
イメージ 4
ふと見せるこの様な目付き、憂いを含んでいる様な何も考えていない様な
どうとでも取れますね。 犬と付き合って、20年以上 いろんな事が有りました。
特にこの諏訪君は、来客に対して2度噛みついた事が有ります。
まあ その二人も悪いんだけどね。 不用意に門扉を開け、入って来たものですから
諏訪君は噛みつきました。 諏訪君としては、正当な戦いです。
その場は、『大丈夫ですか?』と噛まれた二人に対して、謝りましたが。
門扉には、猛犬注意 入るなと小きな看板が設置してあります。
いろんな事があっても、何とかするのが飼い主の役目 仕方ないですね。

この記事に

昨日と変わらない今日

昨日と変わらない毎日を過ごせるという事は、幸せなんですよ。
毎日・毎日同じ事の繰り返しで、面白くないな。 と言っている貴方
これは、ある意味とても贅沢なボヤキなんです。
ご自身が元気で、何事も無く過ごしている証ですね。
毎日が変わらないって、本当に素敵だし穏やかな日々を過ごしているって事。
元気な時は、気が付かないけど一旦、体に異変が起きてしまうとこれが幸せだったのだ
元気だとこれに、気付かない。 
例えば、今週末 撮影に行かない?と誘いを受けて『うん、行こう!』と言えるのは
とても幸せなんですよ。 自分から誘って、撮影に行ったら これも幸せです。
イメージ 1
行けなくなって、つくづく思う。 もっと遊びに行っていれば良かったな。
元気な内は、それに気付かない。 気がついた時には、もう遅いんですよ。
何時までも、元気で車に乗り撮影に出かかるって、ある意味奇跡の時間なんです。
一人で運転して、遠くまで遠征に行った記憶が蘇ってきました。
白鳥を撮りに、安曇野まで車で行った事も有りましたね。 あの頃の元気を
取り戻すために、今 毎朝 諏訪君とトレーニングです。
イメージ 2
毎日 似たような写真ばっかりで、すいません<(_ _)>
どうしても、このアングルから撮ってみたくなるものですから(笑)
好きなものは、好き。 動物・電車が特に好きですね。
人が興味が無くっても、自分が好きなら良いんです。
もうブログを初めて、何年だろう 10年ぐらいはやっていると思いますが
読んで頂いて申し訳ないのですが、これは自分の為じゃないのか? 自己満足の為に
書いているんだろうな。 と今頃気が付いてきました。
沢山の方に見て頂くのは、とても嬉しいのですが、それより自分自身の為に
書き綴っている様な気がします。 勿論、皆様方からのコメントは、なお嬉しい。
好きな写真と適当な文章ですが、お読み頂いてありがとうございます。

この記事に

健康であるという事は、非常に大事な事。
不健康になって、初めて判った。
まずは、普通に歩ける事が難しくなって、ええぇと思いました。
なんで歩けないんだ? 歩くってこんなに難しいんだ<(_ _)>
日常生活を送っていて、歩く事は必須ですよね。
それが、まともに歩けなくなるって、どうしてだろう?
体力も気力も人一倍有ると思っていた。 体力だけが自慢でした。
イメージ 1
この青空の様にね。 何があっても大丈夫、多少の事など全く気にしない自分が居ました。 
イメージ 2
ところが、数年前 有る病気で緊急入院<(_ _)> 本当に凹みました。
一切、他言は無用と仲の良い友人にも連絡もせずに 2週間入院しました。
先生は3日経ったら、退院しても良いと言われましたが、そこは無理言って2週間延ばしました。 自己反省をしながらね。
イメージ 3
人生にはいろんな事が有り、それをどう乗り越えるのか
それは、人それぞれ有ると思いますが
戦う人、完璧に逃げる人、さまざまだと思いますが
私は、性格上 実は戦ってしまったのです。
それも反省です。 病気と闘うのではなく
どうやったら、この危機を乗り越えれるか
まあ、その一言で終わりです。

生き残っていれば、何かが始まる。
そうです。 もう一度やり直せるんです。
勿論、旅行にだって行けるのです。
皆さんもどうか病気になる事も有るでしょう。
お怪我して、入院する事も有るでしょ
静かに冷静になって、やり過ごしましょう。

生きていれば、その内 何とかなりますから(笑)

この記事に

イメージ 1
雀の学校を視察に行って来ました(笑)
諏訪君と散歩中の出来事です。
余りに大きな声で、鳴いていましたので見上げると ?? なんだこの集団は
凄い数ですね。 声も大きい。 多分200匹以上は居るでしょうね。
イメージ 2
少し視線を右にすると、まだまだいました。
数える気にもならないぐらい、居ました。 『さあ、雀の学校の始まりだよ』
朝8時前の風景ですが、久々 これだけの数の雀を発見! 声のうるさい事(笑)
でも生き物の声って、力強い。 暫く呆然と見ていると、諏訪君に怒られました。
「親父、早くいくぞ!」 『はいはい 判った』とセリフを吐きながら、散歩の始まりです。 小雨も降っていますが、後戻りはしない。 
大雨でもない限り、散歩がスタートしたら終わるまで、帰らないのが掟です。
私の一日の始まりは、何時も諏訪君がスタートで始まる。
そして、一日の終わりも諏訪君との散歩で終わる。 これが今の私の一日です。
昼間何してるの? 昼間は、何しているんだろう(笑)

この記事に

全109ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事