マンガ好きの戯れ言

事情により「六道の悪女たち」のみです。

全体表示

[ リスト ]

今回は6本です。
新連載は「銀河ロイド コスモX」と「アクセル・レックス」の2本
「ウサ探」がひとまずの終了です。

ヒーロークロスラインに興味を持たれた方は、
こちら↓からどうぞ
http://comics.yahoo.co.jp/magazine/hxl_0001.html

ジエンド(村枝賢一)

いきなり総大将のクランドが出て行っては、他の者が納得できない。
でも、クランドが乗り気だから、文句は言えない。
ノッカーズの世界も大変だなぁ。

ジエンドとクランドの対決が見られるのかと思いましたが、
ここでジエンド側に付く者が登場。
BOOTSの人だよねぇ。
ジエンドがOKするのだろうか?

ウサ探(御童カズヒコ)

epilog Rest at Moment
渋いラストだったなぁ。

しかし、マジで終わってしまったよ。
光る足とか、謎が残っているはずなんだが・・・

再会(再開?)を信じています!

ひろよん(椎名かつゆき)

四コマではなくなってしまったよ!
これでは「ひろよん」ではないじゃないか。

まあ、ショートストーリーも良いと思いますけど。

「HXL」のカードゲームが出たら、イラスト目当てで買うかも。
ノック5やココロも当然入っていますよね?

銀河ロイド コスモX(原作/関智一 漫画/細雪純)【新連載】

地球上の話と別の星の話を並行して描いていました。
コスモXと呼ばれるロボットが登場するのは、別の星でしたが、
逃亡先が地球になるのかなぁ。
でも124万光年も離れていては、簡単には辿り着けないはずなんだが・・・

ワープホールでもあるのかな?

コスモX以外にもコスモVというロボットも出てきましたが、
多分Vの方は、次回で破壊されちゃうのだろうなぁ。

そういえば感情みたいなモノを感じるとか言っていたけど、
地球側のメインキャラとリンクしているのかな?

しかし、この作品って、クロスオーバー可能なのかなぁ。

アルクベイン(原作/たかしげ宙 作画/衣谷遊)

今回は「青の橘花」とクロスオーバーですか。
とはいえ、アルクベインのいた時代はちょっと前なので、少々幼い橘花が登場。

高田先生の橘花も良いが、衣谷先生の描く橘花もグッドだね。

彼女の登場はそれくらいでしたが、
流梨子さんを追うのに、師匠も同行。
スパーキィの補助があるアルクベインと同等の動きを見せるのだから、
さすがは師匠という所ですね。

武士神も流梨子さんを追っていたが、
いざ対峙すると、簡単に撃退されてしまったようだ。
まあ、多勢に無勢だわな。

シュライクが操る流梨子さんの辿り着いた場所に、一体どんな秘密が?
「青らく」って何だろうなぁ。

アクセル・レックス(おおのじゅんじ)【新連載】

そうか火茜カズマは、あの化け物から逃げてきたわけではないのか。
あの病院から逃げてきたんだ。

51号と呼ばれていたみたいだし、
実験動物さながらの扱いに、ついに脱走を企てたという所かな。

元々ノッカーズで、病院に隔離されていたのか、
それとも実験によりノッカーズの能力を付加されたのか、どっちだろう?

約束を破り、人を襲っている46号に、カズマは正義の鉄槌をくらわすようだ。
まだ変身していないけど、カラー絵のようなスーツ姿になるのでしょうね。
以前は暴走して悲劇を起こしてしまったみたいですが、
今回は上手く制御できるのでしょうか?

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事