マンガ好きの戯れ言

「六道の悪女たち」も「BEASTERS」も面白かったので、両方とも個別記事にしました

全体表示

[ リスト ]

新連載は小野ハルカ先生の「氷球姫 常盤木監督の過剰な愛情」。
「銀の匙 Silver Spoon」、「神のみぞ知るセカイ」、「AREA D 異能領域」、「アラタ カンガタリ 〜革神語〜」が休載。

氷球姫 常盤木監督の過剰な愛情(小野ハルカ)【新連載】

サンデーでアイスホッケーといえば、変態は切り離せないキーワード!
でもヨダレは程々にして欲しい。
なんだか汚い。

自身は運動音痴だけど、見る目だけは確かという男子高校生の常磐木。
彼が女子高のアイスホッケー部の顧問になるわけですが、
最初は風当たりがキツイでしょうね。

早速練習試合を組まされて、
勝てなかったらクビという試練が待ち受けているかも?

姉ログ 靄子姉さんの止まらないモノローグ

1本目
文化祭です。
靄姉と香澄のコスプレは実にナイスです。
そしてさりげなくボディガード役を務める輝ですが、
そんな弟の心遣いをいつもの妄想で蹴散らす靄姉は半端ないです。

2本目
輝のクラスの出し物はオバケ屋敷です。
まずはブリザと香澄さんが挑戦し、次に靄姉が一人で挑戦。

靄姉の迫力に各個撃破されていくのに笑った。
委員長の五十嵐さんは良いキャラだなぁ。

BE BLUES!〜青になれ〜

アンナの事は取りあえず放っておくしかないな!
アイコがいればミルコとコミュニケーション取れるし。
相変わらず龍はアンナの気持ちに気付いていないし。

何だかんだ言って、Fチームに合流している桜庭。
サッカーが好きなんだよな。
性格さえ良ければなぁ・・・

ここで、謹慎中なのに他校と試合をしている
龍や桜庭、優人の事が監督の耳に入った。
果たして監督の反応は?

厳しい人だと反省していないと言って、激怒しちゃいそうだけど。

マギ

アリババに救われたオリバとトトだから、彼の力になりたいのだ。
オリバ達は自分がしてきた罪の償いがしたいのですね。
明るく振る舞っているけど、背負っているものは重い。

こういう思いがあるなら、アリババも彼らの協力を拒めないでしょう。

徐々に王としての資格を得つつあるアリババですが、
最後のページの顔を見る限り、まだまだだなと思ってしまいます。

早く、誰か恋人になってあげて!!

國士無双!!

どうやら完全に目的が変わってしまったらしい。
クラス対抗戦の代表者でも決めるのかな。

サモは残念な事になりましたが、
あれだけ負傷していたら、
次の試練をクリア出来なかったでしょうからね。
仕方がないでしょう。

最上の明医 〜ザ・キング・オブ・ニート〜

生まれた子供は問題なさそうですが、
問題があったのは母体の方でした。
これは命の危機だ。

釈達が助けに入るのかと思いましたが、
カフェに行っちゃったので、義明とミランダで何とかするしかない。

しかし娘が死にそうになっているのに、
両親は気付かないとはねぇ。
トイレからの帰りが遅いと心配にならないのかな。

最後は?ストレート!!

試合開始前から両エースがその力を見せつけあいました。
良いデモンストレーションになったでしょう。

睦月のキャラも随分変わった気がするなぁ。

投手力は互角かもしれませんが、打線に差があるのが気になる所。
千刻で御角を打てそうなのは大河くらいなのに対し、渋谷は曲者揃い。
疲労度が違ってきそうだよ。

絶対可憐チルドレン

こんな所にいても幸せになんてなれない事くらい、
悠理も本当は分かっているでしょう。
これはただ現実から逃げているだけなのだ。

あと一押しという所ですが、
全てを無にしようとする爆撃機が接近中。
急いでー!!

兵部とギリアムの一戦もどんな結末を迎えるのかなぁ。
ギリアムにはそろそろ退場していただきたい所なのだが。

BUYUDEN 武勇伝

勇が押されている展開ですが、何故か勇は倒れない。
気付いている人もいましたが、勇はただ打たれていたわけではないのだ。
ずっと剣を観察して、彼の攻撃パターンを覚えていたのでしょう。

さあ、反撃!
カウンターが決まりました。

このまま勇の逆転勝ちか?
剣もとっておきの技を見せていないかもしれないけど。

名探偵コナン

被害者が変装して訪ねてきていたのか。
まさか殺されるとは思っていなかったみたいですね。

本当は火浦の事を愛していたのに、火浦はその事に気付けず、
逆に水無月さんが自分から全てを奪おうとしていると思い、
凶行に及んでしまったわけだ。

哀しい事件だった。

ちなみに2号休載、連載再開は52号からです。

ハヤテのごとく!

ルカの両親でしたか。
あの医師が頑張った理由も納得です。

事情を話されてルカも見捨てられた訳ではないと分かったと思いますが、
今すぐに和解できるほど、ここまで積み重ねたものは軽いものではない。

でもまあ、ルカには明るい未来が見えてきましたからね。
今はこれで充分でしょう。

しかしハヤテの両親にも実はこんな理由が・・・とやられても、
納得できないけどな!
あの二人は絶対に許せない。

常住戦陣!! ムシブギョー

蟲人は蟲と違って知能がある。
これまでと同じように戦っていては負けてしまうでしょう。

仁兵衛達はバラバラに戦うべきではなかったかもしれない。
このままでは各個撃破されてしまうぞ。

競女! ! ! ! ! ! ! ! !

ただボールをポストに入れるだけではないようですね。
そもそも競女はボール競技ではないのだから、
この試験の意味はもっと別の所にあると考えるべきなのでしょう。

のぞみは混乱したままですが、
評価はもっと別のところにあると気付いただけでも、
これまでトライした人より有利ですよね。
ガンバレ、ガンバレ。

キャラクタイムズ

瞬間移動すげぇ!

ファンタジスタ ステラ

結婚宣言で終了ー!
そりゃマスコミも驚く。

失恋してしまった歩美さんですが、
ベタベタな展開で新たな出会いが待っていました。

まあ、眼鏡を取ったら美少女でなかったら、
あまりにも歩美さんが可哀想なので、
これは仕方がないかと思う。

やる気が見えない塁でしたが、
この出会いをキッカケにして奮起してくれると良いねぇ。
「(ブラジルへ)一緒に行こう」と言っているし、もう大丈夫かな。

史上最強の弟子 ケンイチ

兄がいたのかー
殺されることはないと思いますが、
勝てる気がしないのも確か。

梁山泊の皆も落ち着いていられないでしょうけど、
今は新しい情報を得ないと迂闊に動けないのでしょうね。
長老〜 まだ〜?

電波教師

次の相手は天才兄妹か。
似たような所もあって、
ゲーム機を直す時には心を通わせる場面もありましたが、
勝負は別でしょう。

というか、手強い相手ほど燃えるタイプなら、
鑑はうってつけの相手でしょうね。
今回は苦戦しそうだなぁ。

NOBELU -演-

トモエの娘だったのか。
ノベル達も自分の娘のようになって欲しくなくて、
それで注意していたわけですね。

勘違いしていたなぁ。

しかし入れ替わりも悪い事ばかりではないようだ。
少なくとも最初の子は信じられる。

ミコ、トーリと共にトモエの娘の意識の中に入っていって、
彼女の最初の子を解き放つ。

悪い展開ではないけど、こういう方向性できたかーという感じですね。
芸能界の闇とかそういう事はあまり語らないのかな。

アナグルモール

京介が人間だと分かり、間人はパニック。
しかし10億という賞金に目が眩む者が出て来てもおかしくないでしょう。

千羽に騙されたルイードが襲ってくるのかと思いましたが、
まずは千羽を京介に返すという意外な行動に出ました。

それだけルイードは千羽の事を気に入っていたという事かな。
ここからは敵対するのかもしれませんが・・・
いやいや、人間と間人が対立する必要なんてないのだ。
何とか仲間になってもらえないかなぁ。

超推脳KEI

道坂が怪しいと思っていましたが、鈴森刑事が疑惑を持ってしまったので、
これは道坂が仕組んだものではないのでしょう。

杉浦さんが犯人なんじゃないかな。
手を上げる事が出来たのも、盗聴器を仕掛けていたからとか。
そして婚約者は事故ではなく、杉浦さんに突き落とされていたとか。

境界のRINNE

撤去されてしまう自販機の念だったのか。
悪意はなかったのでしょうけど、壊れている自販機では困ってしまいますね。

何とか誤解はとけましたが、
りんねは増えた分を返そうとしていなかったわけで、
それはさすがに主人公的にマズイのではないかと。

不貞腐れていちゃだめだよぅ。

國崎出雲の事情

どうやら途中で体力が持たなくなってしまったみたいですね。
加賀斗の演技力が劣っていたという事ではないという事ですので、
無難なオチかもしれない。

これで出雲と花の決勝戦が決まった。
どちらも家の名を背負っての対決ですが、
花には気負いが全く感じられませんよね。
こういう子が一番怖いわ。

立役は誰が残ったのか不明のままですが、
出雲が勝ったなら、相手は紗英になりそうだなぁ。

月光条例

あと少しという所まで来ていたのに、
ここでキョスイから大ダメージを受けてしまった。
絶望的だよ!!

しかしミチルが最後の力を振り絞って何処かに向おうとしている。
逆転の一手になってくれると良いなぁ。

次回予告

表紙は「マギ」。
巻頭カラーは「BE BLUES!〜青になれ〜」。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

出雲、確かにああいうタイプは無邪気だからこそ恐ろしいところがありますよね。
無邪気だからこそ無自覚の容赦なさというのもありますし天才タイプのキャラ、
白木の時は役者としての素顔とかで出雲の方が今回の公演向きで勝利しましたけど
決勝まで来て、相手が裏表のない天才タイプだとかなり厳しくなるでしょうね。
いくら加賀斗がペース配分間違えたから負けたと言っても加賀斗も
花の実力を認めてたわけですし
前の対決で実力で白木を敗れなかったのが痛いと思います。
はっきり言えば出雲が勝つ為には今回の復活狂言向きと思わせる力を出し切るしかないと思います。
これまでの花の実績を考えると才能と実力で出雲が勝つのは難しいと思いますから。
出雲が勝てる見込みがあるとすれば発想力と千影審査員に白木戦以上に
今回の復活狂言に向いていると思わせるしかないと思います。

2013/11/7(木) 午前 3:17 [ 花月(かづき) ] 返信する

顔アイコン

花月さん
コメントありがとうございます。

花は手ごわそうですよね。
花月さんが仰る通り、花は天才タイプですから、加賀斗はベストコンディションだったとして、勝てたかどうか怪しいかもしれませんね。

出雲が花に勝てるとしたら、花月さんの仰るような表現をするしかないでしょうね。
この対決は楽しみです。

2013/11/8(金) 午前 0:23 [ nama‐k1 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事