魔巣華麗奴〜泡沫の輪舞曲〜

命さえ惜しまない 幻想の宴――――

全体表示

[ リスト ]

 将棋の清水市代女流王将に情報処理学会(白鳥則郎会長)のコンピューター将棋システム「あから2010」が挑戦していた一番勝負で11日午後7時、後手のあからが勝利を収めた。公の場で、コンピューターが日本将棋連盟(米長邦雄会長)の棋士を打ち破ったのは初めて。

 対局は、情報処理学会の50周年プロジェクトとして実施された。あからには、世界コンピュータ将棋選手権で優勝した「激指(げきさし)」など4種のソフトが搭載されており、導き出した解答のうち最も多かった手を指す。

 今後、あからは早ければ半年後にも日本将棋連盟が指名する男性棋士に挑み、さらに勝てば最高峰の羽生善治名人(王座・棋聖)か渡辺明竜王と対局する見通し。

 今回の対局は観客の見つめる前で行う公開対局ではなく、限られたメンバーが会議室で行い、約750人の観客は広い講義室で中継盤面を見守った。


――――――――――――――――――――

 ついにコンピューターがプロの1人に勝っちゃいました。
将棋はよくわかりませんが、このままだと

 知ってる方は少ないでしょうが、将棋と似たゲーム「チェス」でも同じことが起きていたんですよ。
しかもコンピューターチェスの元祖は「トルコ人」という人形だったそうです。

それだけであって研究が重ねられているわけで、コンピューターを相手としたチェスは将棋より難しいといわれてきましたが、ついに肩を並べてしまうのでしょうか…?


それと気づいた方もいるでしょうが、漢字は違うけど将棋の騎手の最高峰の人の苗字が「羽生」なんですね。

そこにも注目したわけですが。


いえいえ、もちろん私は梨花ちゃんも好きですよ。
むしろそっちのほうが注目するでしょうね、みんな。

ねぇ…みんなは…ねぇ?

閉じる コメント(1)

顔アイコン

最後のひぐらし落とし、完璧death♪

2010/10/14(木) 午後 4:40 かなめ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事