全体表示

[ リスト ]

 年が明けて、既に3週間だが、2011年を振り返り、感動した「滝見」のベストテンを挙げてみたいと思う。第一位は、10/14 MR678 石空川北沢大滝再訪(南ア)(山梨県北杜市)。その5日前の石空川北沢大滝見物と同じルートで、目印追加と途中滝撮影を目的に、北沢大滝(行者滝)を往復し、北沢大滝の姿を堪能したのであった。
 
イメージ 1
【石空川北沢大滝再訪のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
 いずれにせよ、北沢大滝(行者滝)日帰り往復は、かなり厳しい行程となる。
 
イメージ 2
【石空川北沢大滝再訪の溯行概念図】クリック最大化してご覧下さい
 
 精進ヶ滝右岸大高巻きも、北沢溯行も、それなりに充実した内容である。心して掛かりたい。今回は、厳冬期の行者滝氷瀑見物を想定しての、偵察を兼ねたものであった。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【南沢出合滝10m2条 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 完全凍結した厳冬期以外は、取り付くシマの無さそうな、ペロンペロンのスラブ滝だ。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【北沢出合ゴルジュ奥に懸かる北沢出合滝5m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 左岸カンテ状に取り付いて、出合ゴルジュを巻く。
 
イメージ 5
【3段12m滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 3段12m滝は、左壁を快適に登ることが出来る。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【堰堤トヨナメ8m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 右壁カンテ状を登り、左岸巻きのトラバース道に合流する。
 
イメージ 7
【前衛滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 左岸のグズグズした凹角状を登り、大岩壁下の草付外傾テラスに乗る。左上すれば、容易に前衛滝二つを越え、大滝下へと至る。
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【北沢大滝(行者滝) E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 紅葉の始まった行者滝。今回は、撮影するだけの時間的余裕がある。
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【南沢出合連瀑 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 二俣左岸巻き途中から、南沢出合連瀑を眺める。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事