全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【三沢双竜氷瀑 μ-725SW】
 
 三沢沿いに下りてからは沢登りとなり、靴を濡らさぬように進む。両側から切り立った断崖が迫り、ついに双竜がその白い姿を現す。二人とも、思わず顔が綻びる。右岸側のバンド状に乗り、凍結に注意しながらテラスに荷を下ろす。アイゼンを装着して、撮影ポイントを捜そう。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【三沢双竜氷瀑 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
 約一時間の間、滝下にいたが、時折「バシャーッ」という音と共に、氷が崩落する。滝下に見える雪のような白い斜面は、崩落した氷屑だったのだ。6月に来た時は、双竜滝の飛沫で寒かったが、今回は氷膜により飛沫が遮蔽されているためか、むしろ快適だった。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【三沢双竜氷瀑 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
イメージ 4
【三沢双竜氷瀑 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
 復路のことを考えると、あまり長居も出来ない。アイゼンを装着したまま、引き揚げ開始する。三沢に降り立った場所から左岸段丘に乗り、小尾根の踏跡を下降する。例の平坦地を経て、左手の小尾根に乗り、少し登ると、左岸枝沢徒渉点に至る。枝沢左岸斜面をトラバース気味に登ると、再び三沢左岸段丘に乗る。
 
 笹の生えた左岸段丘を、崩壊崖縁沿いに下って行くと、やがて段丘取付点で、斜面を下降する。ここまで来れば、熊穴沢出合は近い。熊穴沢出合で小休後、斜面を登って下降ルンゼに入る。固定ザイルを回収して、ルンゼを抜け、例の下降尾根に乗る。
 
 既に、相当脚に来ているため、下降尾根から右手の大岩のある窪状に入る頃から、足取りが重くなる。やっとのことで、最後の急斜面トラバースを斜上して、1450M下降点に至る。当然ここで休憩を入れる。保温水筒のコーヒーが旨い。
 
 ここからは、上ッ原の三沢側崖縁沿いの、緩やかな下りが続く。暗くなる前に、少しでも距離を稼いでおこう。ススキ原へのトラバースで、少し踏跡不明瞭があるが、窪状を横断して、無事上のススキ原に至る。鬼怒川側崖縁沿いの踏跡に出て、ひたすら先を急ぐ。
 
 上ッ原末端の痩せ尾根に出て、これを下降して行くと、暗くなってしまう。適当な所から、右手の真っ暗な樹林急斜面を下降する。踏跡は、当てにならない。途中、踏跡に出て、これを辿るが、間もなく見失う。再び闇雲に下る。なんとか無事、山道に出て、林道終点の車に戻る。今回も、開運の湯で入浴し、帰途に就く。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事