全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
【下又白谷下流の伏流ゴーロ】

上高地から1時間半ほどで、下又白谷堰堤下に至る。
堰堤上のゴーロに重荷をデポし、身軽になって伏流ゴーロを溯る。
途中、サルの叫び声を聞いて、デポした行動食が心配になる。
まあ、仕方ないか。先を急ごう。

イメージ 2
【下又白谷ゴーロ】

やがて水流が現れ、時折渡渉も交えながら、ゴーロ沢を溯る。

イメージ 3
【雪渓】

1時間ほどの溯行で、F1下の雪渓に至る。
正面は大岩壁で、沢は右に折れている。

イメージ 4
【雪渓】

雪渓は、かなり痩せていて、スノーブリッジがヤバそうだ。
明日からの山行のことも考えて、スノーブリッジを潜るのは断念する。
結局、F1の姿すら拝めず、引返すことになった。

イメージ 5
【雪渓下からゴーロを俯瞰する】

少し下って、安全な所で休憩する。
下りも小一時間かけて、堰堤上のデポに戻る。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事