全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
【槍沢ロッジ〜天狗池〜横尾谷二俣〜北穂池〜涸沢のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい

GPSは、GARMIN GPSMAP 64sである。
マップは「地理院地図レベル15」、ソフトはカシミール3D。

イメージ 2
【ババ平先槍沢右岸に懸かる滝】

槍沢ロッジを発ち、しばらくヘッドライトを点けて行く。
ライトが不要になる頃、ババ平のテント場にさしかかる。
撤収をしている人々の合間を抜けて、登山道を進む。
広河原状になった槍沢の左岸沿いを行くと、右岸の横尾尾根に滝が懸かっている。
雪に磨かれたスラブ状岩壁に、二筋の流れが見える。

イメージ 3
【大曲付近】

北鎌へのアプローチの水俣乗越に向かう道を右に分け、大曲がりを過ぎると、朝日が当たるようになる。
登山道の傾斜も徐々に増し、次第に暑くなって来る。
槍ヶ岳方面から下りて来る登山者も、多くなる。

イメージ 4
【天狗原分岐】

天狗原分岐に到達する頃には、猛烈な暑さでバテバテになっていた。
僅かなブッシュの陰で、荷を下ろし、行動食と水分を口にする。

イメージ 5
【トラバースから槍】

天狗原へ向かうトラバース道に入ると、登山者は少なくなる。
マイペースで歩けるようにはなるが、重荷と暑さが身に応える。

イメージ 6
【天狗池と逆さ槍】

やっと天狗原の一角に入り、天狗池で逆さ槍を撮影する。
再びのろのろと天狗原を進み、雪田脇の巨岩の陰で小休止する。

イメージ 7
【天狗原のコルから右俣カール俯瞰】

やがて天狗原のコル至る。
見下ろせば、右俣カールの雪田は、驚くほどの小ささだ。

イメージ 8
【天狗原のコルから右俣カール越しの北穂高】

南岳から横尾谷二俣へと派生する、・2652の尾根越しに、北穂高岳が望まれる。

イメージ 9
【北穂池台地遠望】

北穂池の台地を遠望しても、殆ど雪田が残っていない。
この山行、水を得るのに苦労しそうだ。

イメージ 10
【右俣カール底の雪田から振り返る】

天狗原のコルから、急傾斜の不安定な草付斜面を、慎重に下降する。
岩は浮いているし、荷重なので、時間がかかる。
傾斜が緩むと、今度は夏草が生い茂り、足元の岩が隠れて、始末に負えない。
もんどりうって転倒した大岩の陰で、荷を下ろして休憩する。

夏草の呪縛から逃れて、雪田跡の岩々帯になれば、しんどいながらもペースは上がる。
カール底に僅かに残る雪田から振り返れば、雪の殆ど無い右俣カールが広がっている。

イメージ 11
【黄金平と屏風岩】

モレーンの林を強引に藪漕ぎして抜けると、黄金平の草地に出る。

イメージ 12
【黄金平の水流】

すぐ脇に水流があり、大休止とする。
設営出来そうな場所もあり、ここで今日の行動を打ち切りたかった。
しかし翌日中に涸沢に定着する必要があったため、二俣まで下ることにする。

疲れ果てた脚を騙しながら、右俣を下降して行く。
6m滝は、左岸の残置ロープを利用して巻く。
16:40、二俣到着。直ちに設営地を探すが、なかなか適所が見付からない。
やむなく、流れのすぐ脇の、上が平らな大岩上にテントを張る。
雨、降るなよ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事