全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
【金時神社から金時山往復のGPS軌跡】

夏山に向けたトレーニングとして、箱根の金時山へ出掛けてみた。
山行記録は、MR735
GPSは、GARMIN GPSMAP 64sである。
マップは「地理院地図レベル16」、ソフトはカシミール3D。

イメージ 2【登山コース案内図】

前日、宮ノ下温泉の宿に泊まり、朝食ビュッフェで腹一杯食べる。
ガラスの森美術館にカミさんを置いて、金時神社の駐車場へ向かう。

イメージ 3
【金時神社登山口】

何とか無料駐車場に車を押し込み、支度して歩き出す。
気温はさほど高くはないが、昨日の雨で湿度は高い。
山道に入り、薄暗い樹林帯を黙々と登る。

金時山は、足柄峠南の林道終点から、二度往復したことがある。
所要時間は、往復3時間弱だった記憶がある。

イメージ 4
【金時宿り石】

一旦、林道を横切り、なおも単調な道を登って行くと、金時宿り石と呼ばれる大岩の前に出る。
大岩の左側を巻くように進み、その先で道は大きく右へと曲がる。

イメージ 5
【公時神社分岐】

しばらくトラバース気味に右手へと進み、やがて尾根状を登るようになる。
公時神社分岐で矢倉沢峠からの道と合流し、尾根道を左へと向かう。

イメージ 6
【金時山山頂】

登山口から1時間強で、賑やかな金時山頂に至る。
曇天で展望は得られないし、人が多い。
行動食と飲料を口にしたら、早々に引き返そう。
下りは50分で、登山口に戻る。

ガラスの森美術館でカミさんを拾い、昼飯を食べに行く。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事