全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1
【2段トヨナメ右壁を登る】
 
その後も小滝は続く。
2段トヨナメ滝は、右壁をトラバース気味に登る。
 
イメージ 2
【まだまだ続く滑小滝】
 
さらに滑小滝を幾つか越えて行くと、 次第に周囲が開けて来る。
 
イメージ 3
【北石橋に到着】
 
やがて、右岸に草付斜面が広がると、正面に北石橋の奇観が見えて来る。
 
イメージ 4
【北石橋】
 
北石橋を潜る滑滝の下に回り込んで、撮影を始める。
 
イメージ 5
【北石橋】
 
見れば見るほど、不思議な造形である。
 
イメージ 6
【北石橋】
イメージ 1
【3m右壁微妙トラバース】
 
流木が上に引っ掛かった3m滝。
右岸巻も考えたが、最後の草付スラブが急なので断念。
右壁の微妙なトラバースを選択。
師匠に、お助け紐を出してもらう。
 
イメージ 2
【小滝CS瀞】
 
続く小滝CS瀞は、突入して少し泳ぎ、突っ張りで登る。
 
イメージ 3
【小滝CS瀞を登るNeuron師匠】
 
こんな感じ。
 
イメージ 4
【5m直瀑】
 
一見、直登は無理そうだ。
 
イメージ 5
【5mの右壁を登る師匠】
 
でも、右壁が登れる。
意外としっかり、ホールドがある。
 
イメージ 6
【続く2mは右から巻く】
 
釜に入って、ショルダーにトライしたが、最後の手掛かりが無く断念。
右から、ズルズルの泥付壁を、ブッシュ頼りに巻く。
イメージ 1
【連瀑帯下流の3m釜】
 
この辺りから、少しゴルジュっぽくなって来る。
 
イメージ 2
【連瀑帯入口】
 
連瀑帯入口の小滝を越えて行く。
奥に、2段12mが姿を見せる。
 
イメージ 3
【2段12m右岸巻】
 
どうやら、右壁を微妙なバランスでトラバースするらしい。
メチャンコ悪そうなので、ビビる。
結局、右岸のブッシュ帯を巻く。
 
イメージ 4
【右から巻く】
 
2段12mに続く、このトヨナメ滝深釜は、右から巻いた。
 
イメージ 5
【左を登る】
 
その後しばらく、快適に登る。
 
イメージ 6
 【連瀑帯を行く】
イメージ 1
【樋ノ沢避難小屋】
 
お世話になった避難小屋を後にして、裏コースを下流側へと辿る。
 
イメージ 2
【大行沢左岸枝沢を下降】
 
傾斜の緩そうな左岸枝沢を、下って行く。
予想通り、難所は無い。
 
イメージ 3
【下降した左岸枝沢出合滝】
 
枝沢出合の3m滝も、問題なく下ることが出来る。
降り立ったところは、カケス沢出合のすぐ上流だ。
 
イメージ 4
【カケス沢二俣】
 
北石橋へ向かう登山道入口付近に、余分な荷をデポしておく。
すぐ横が、カケス沢二俣である。
 
イメージ 5
【カケス沢右俣を行く】
 
貧弱な水量の右俣に入ると、平凡な印象の溯行となる。
 
イメージ 6
【小滝が続く】
 
大人しい小滝が続く。
 
イメージ 1
【トヨナメと釜】
 
日暮までまだ間があるので、避難小屋に荷物を置いて、樋ノ沢を偵察しよう。
缶ビールを、流れの石の下に置いて、冷やしておく。
その名の通り、樋ノ沢はトヨナメの宝庫だ。
 
イメージ 2
【滑釜】
 
さらに沢幅一杯の滑床も釜もある。
 
イメージ 3
【滑釜】
 
まだまだ続く滑釜。
 
イメージ 4
【トヨナメ】
 
トヨナメの横を辿る。
 
イメージ 5
【2m堰堤状】
 
ここは、右岸を小さく巻いたかな。
 
イメージ 6
【800M引返点付近】
 
16時50分、800M付近で引き返す。
帰りも楽しくナメを満喫し、缶ビールを回収して避難小屋へと戻る。
 
小屋の外で、夕食を始めたら、雨が降り出した。
慌てて小屋の中へと撤収する。
エアマットを省略したのがちと悔やまれたが、概ね快適な夜を過ごす。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事