過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 '09年感動の滝見十傑の第五位は、10/31 MR635_ 笛吹川ヌク沢・木賊山・鶏冠尾根下降(奥秩父)(山梨県山梨市)。同行者は、やはり某山岳部のTs君。
 
イメージ 1
【笛吹川ヌク沢溯行図】クリック最大化してご覧下さい
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【大滝下段100m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 大滝は、3段260mとされており、下からは、下段100mの下部〜中部しか見えない。下段100mを見上げながら、左岸で休憩を入れよう。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【大滝中段80m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 大滝下段落口を抜けたテラスは、大滝中段の真ん前である。ここからは、中段80mの下部〜中間部までが見えている。
 
イメージ 4
【中段中上部 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 中段右壁の右端ガリーを登って行くと、一旦水流へと近付くことが出来る。この日は、水量が少な目であったが、岩の上を迸る流れが嬉しい。再び右端を登り、やがて落口上へと斜上して、上段下テラスに出る。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【上段80m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 上段80mの下に立つと、「いくら何でも、これは80m無いだろ・・・」と思うのだが、登ってみると、上の方に続く結構長い滝であった。上段は、左壁を登って行く。傾斜はやや緩く、草付混じりで、慎重に登ればさほど問題は無い。中程で、右岸大岩を越える。そこからトヨ状の水流を跨いで、左岸草付混じりに移る。
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【8x 12mトヨナメ上2条 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 大滝上段を越えると、続いて、8x 12mトヨナメ上2条が現れる。この滝が、最後の滝らしい滝となる。
 
 ツメの藪漕ぎをして、縦走路に出た後、木賊山山頂を踏んで、鶏冠尾根を下降する。鶏冠尾根核心部で日没となり、無謀な登山者となるが、なんとか無事に駐車場へと辿り着いたのだった。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事