過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 '09年感動の滝見十傑の第六位は、09/26 MR629_ 天竜川鳴瀬沢下流部溯行(北遠)(静岡県浜松市天竜区)。この年6月の鳴瀬沢偵察に引き続き、二度目である今回は下流部を鳴瀬滝まで溯行した。
 
イメージ 1
【天竜川右岸鳴瀬沢下流部溯行図】
 
 前回、F3:20m2条滝直下まで接近できなかったので、そのリベンジを兼ね、下流からF5:2段30m鳴瀬滝まで溯行してみた。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【F1:2段12m下段8m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 天竜川左岸の杣道を、1時間ほど辿って行くと、鳴瀬沢の瀬音が聞こえ、左岸小尾根に達する。ここから杣道はジグザグに登り始める。杣道を離れ、そのまま水平に藪を漕ぐと、左下に鳴瀬沢の護岸に架かる小さな鉄橋が見えた。斜面を下り、護岸に出る。この鉄小橋を渡っていると、下流側にもう一つ同じ様な鉄小橋が見えた。

 鳴瀬沢右岸の護岸沿いに進み、F1:2段12mS字状滝下のゴーロに降り立つ。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【F1:2段12mS字状上段4m2条 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 溯行準備し、下段を撮影後、右岸から巻く。少しは踏まれているようだ。下段は8m上トヨナメで、上段は4mCS2条となっている。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【F2:7x10m2条ナメ E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 F1:2段12mの滝上のゴーロに降り立つと、すぐにF2:7x10m2条ナメがある。この滑滝は、右壁を簡単に登ることが出来る。しばらく、大岩ゴーロ帯が続く。沢の真ん中に、巨岩が鎮座する。巨岩下から振り返ると、天竜川対岸の大滝集落付近が望まれる。大岩ゴーロ帯は、徐々に傾斜を増し、3m、石滝、2段3m、と越えて行く。その上の5mCSトヨ状も、ゴーロが無ければ、それなりに綺麗な滝であろうと思われる。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【右岸側斜面よりF3:20m2条上ナメ E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 5mCSトヨ状を越すと、徐々に両岸が迫り、ゴルジュ状になってくる。やがて見覚えのあるF3:20m2条が見えて来た。前回左岸杣道からF3下流へと降り立った地点に到達し、右岸側のガレ斜面に登ってみる。やはり、F3直下へ接近しないと、良い写真は撮れそうもない。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【滝壺前大岩上よりF3:20m2条上ナメ E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 前回同様、ハーケンを1枚打ち込み、左岸沿いにヘツって前衛石滝を越える。今回は、ついに滝壺前大岩に到達する。やはり、F3は風情のある滝だった。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【滝壺前左岸側よりF3:20m2条上ナメ E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 打ち込んだハーケンを回収し、左岸沿いをヘツり下る。前回の下降ルートを登って、左岸杣道利用でF3巻きに入る。
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【F4:2段15m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 F3落口右岸から俯瞰後、大岩川原状からさらに溯行を続ける。傾斜のある大岩ゴーロを登って行くと、F4:2段15mが現れる。三脚を立てて撮影後、左手の大岩帯をよじ登る。
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【F5:2段30m鳴瀬滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 やがて、左岸に枝窪地形が見えて来ると、正面の大岩帯の上に、F5:2段30m鳴瀬滝が現れる。
 
 帰りは、左岸枝窪を横切って、左岸トラバースの踏跡を辿る。15分ほどで、小尾根に乗る。ここから小尾根を越える感じで、針葉樹林帯を下って行く。踏跡は、不明瞭である。小尾根から10分ほどで、F3下への下降点のあるトラバース道に降り立つ。さらに、杣道を辿ること1時間ほどで、車に戻った。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事