過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 '13感動の滝見第八位は、02/10 MR695 早滝氷瀑見物・赤久縄山(奥多野)(群馬県神流町)。
 
イメージ 1
【早滝・赤久縄山のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
10年ぶりに、早滝から赤久縄山に登った。
早滝氷瀑は、やや融けかかっていて、ちと残念な状態ではあったが、
赤久縄山往復では、スノーハイクが楽しめた。
 
イメージ 2
【早滝氷瀑】
 
栗木平の林道へ入り、登山道概念図の看板前を通って、橋を渡った所で駐車する。
身支度し、ザックにスノーシューを括り付け、遊歩道を登って行く。
20分強で、早滝氷瀑の下に至る。
 
イメージ 3
【早滝氷瀑】
 
氷瀑は少し融けかかった状態で、上部落口近くは水流が出ており、
ベルグラ状に凍ってはいるが、朝日を浴びて剥げ落ちそうだ。
事実、時折パキッと音がして、氷塊が飛んで来る。
 
イメージ 4
【早滝氷瀑】
 
さて、早滝氷瀑はこれくらいにして、赤久縄山を目指すとしよう。
 
イメージ 5
【鉄塔東から赤久縄山】
 
早滝氷瀑見物を終え、登山道(東電巡視路を兼ねているようだ)に戻る。
総じて雪は少ないが、尾根の北東面では、少し雪が深くなる。
早滝から2時間ほどで、稜線の送電鉄塔122号に至る。
 
鉄塔のすぐ横に、御荷鉾スーパー林道が通っているので、ここからは、林道歩きとなる。
林道を行くと、すぐに赤久縄山東登山口だ。
ここから林道を離れ、尾根歩きが始まる。
次第に雪が深くなり、雪面は結構締まっていて、快適なスノーハイクが始まる。
東登山口から30分ほどで、赤久縄山山頂に至る。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事