感動の滝見十傑

[ リスト | 詳細 ]

その年の、感動した滝見十傑を振り返る。滝見亭の「年次別滝見十傑」と連携。'02〜'10年版をupしました。'11年版を工事中です。
記事検索
検索

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

 '09年感動の滝見十傑の第八位は、06/07 MR622_ 天竜川鳴瀬沢鳴瀬滝見物(北遠)(静岡県浜松市天竜区)。日本登山大系(9)で、北遠屈指の沢と書かれている、天竜川右岸の鳴瀬沢に、出掛けてみた。この日は出発も遅く、歩き始めたのが昼過ぎだったため、沢登りではない。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【鳴瀬滝2段30m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 歩き始めて50分ほどで、鳴瀬沢の瀬音が聞こえ、左岸小尾根に達する。ここから杣道は、ジグザグに登り始める。左下に20m2条滝が見下ろせる場所から、さらに一段登ると、一旦鳴瀬沢の大岩ゴーロに出る。ここは、先程の20m2条滝の上である。
 
 大岩ゴーロから少し戻り、左岸小尾根をよじ登る。結構高度感があって、イヤな登りだが、実はもっと右手の斜面を登れば、さほど緊張せずに、楽に登れたのであった。やがて、小尾根から沢へトラバースする踏跡を辿り、先程の沢に出た所から30分ほどで、鳴瀬滝下に到達する。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【20m2条滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 鳴瀬滝をあとにして、連瀑が見下ろせる場所に戻る。時間は無かったが、この20m2条滝が気になって、下降してみた。ザイルを使わず降り立った場所が、ちと下流過ぎたか、滝壺への接近が、大変だった。

 ザイルとハーケンまで使用して、撮影ポイントに到着したのが、16時。結局時間切れで、直下の滝壺へは行けなかった。
 '09年感動の滝見十傑の第七位は、06/05 MR621. 小中川下ノ滝沢の滝見(足尾)(群馬県みどり市)。小中大滝見物後、25年ぶりの下ノ滝沢を訪れた。
 
イメージ 1
【25年前の溯行図】クリック最大化してご覧下さい
 
 1984年の6月に、小中川の沢登りを二度経験した。Kt君と出掛けた小中川本沢・後袈裟丸、そして単独で出掛けた小中川弓ノ手沢・下ノ滝沢下降・ヒライデ沢である。その時には、何故か小中大滝を見物しなかった。また、下ノ滝沢を下降した時は、伐採作業中で、伐採後の藪もあり、大変不快で、上ノ滝・下ノ滝をじっくり鑑賞出来なかった。その後、この山域を訪れる事が無く、今回リベンジの企画を思い立ったのであった。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【小中大滝 E-1 ED7-14mmF4】
 
 木枝の葉が邪魔する季節には、大滝全景を見ることは難しい。用意したザイルを固定して、何とか主滝の全景を捉える。滝壺への下降には、時間が掛かりそうなので、今回は断念する。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【下ノ滝30mスダレ E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 今度は、放山橋手前で路駐して、下ノ沢林道を辿る。30分強で林道終点、そこから沢へと下降する。15分ほど溯行すると、下ノ滝が見えてきた。やはり、立派な滝である。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【下ノ滝30mスダレ E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 下ノ滝の高巻きは、左岸ルンゼ右手の斜面を登る。やや不安定なので、注意が必要だ。頼りになる立木が、所々に生えており、この25年で育ったのだな・・・と感心しながら登る。最後にルンゼ上部をトラバースすると、左岸小尾根の上部に出る。今回、下ノ滝の左岸巻きには、20分を要した。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【上ノ滝下段滝壺から E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 下ノ滝落口からは、10分もかからず、上ノ滝に至る。上ノ滝は、2段20mほどの滝である。下段は、ナメとなっており、上段は立っている。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【上ノ滝上段 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 下段のナメを登り、上段を撮影する。上段落口は、トヨナメとなっていた記憶がある。上ノ滝は、なかなか風情のある、魅力的な滝だと思う。満足して、引き揚げることにしよう。
 '09年感動の滝見十傑の第六位は、09/26 MR629_ 天竜川鳴瀬沢下流部溯行(北遠)(静岡県浜松市天竜区)。この年6月の鳴瀬沢偵察に引き続き、二度目である今回は下流部を鳴瀬滝まで溯行した。
 
イメージ 1
【天竜川右岸鳴瀬沢下流部溯行図】
 
 前回、F3:20m2条滝直下まで接近できなかったので、そのリベンジを兼ね、下流からF5:2段30m鳴瀬滝まで溯行してみた。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【F1:2段12m下段8m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 天竜川左岸の杣道を、1時間ほど辿って行くと、鳴瀬沢の瀬音が聞こえ、左岸小尾根に達する。ここから杣道はジグザグに登り始める。杣道を離れ、そのまま水平に藪を漕ぐと、左下に鳴瀬沢の護岸に架かる小さな鉄橋が見えた。斜面を下り、護岸に出る。この鉄小橋を渡っていると、下流側にもう一つ同じ様な鉄小橋が見えた。

 鳴瀬沢右岸の護岸沿いに進み、F1:2段12mS字状滝下のゴーロに降り立つ。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【F1:2段12mS字状上段4m2条 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 溯行準備し、下段を撮影後、右岸から巻く。少しは踏まれているようだ。下段は8m上トヨナメで、上段は4mCS2条となっている。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【F2:7x10m2条ナメ E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 F1:2段12mの滝上のゴーロに降り立つと、すぐにF2:7x10m2条ナメがある。この滑滝は、右壁を簡単に登ることが出来る。しばらく、大岩ゴーロ帯が続く。沢の真ん中に、巨岩が鎮座する。巨岩下から振り返ると、天竜川対岸の大滝集落付近が望まれる。大岩ゴーロ帯は、徐々に傾斜を増し、3m、石滝、2段3m、と越えて行く。その上の5mCSトヨ状も、ゴーロが無ければ、それなりに綺麗な滝であろうと思われる。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【右岸側斜面よりF3:20m2条上ナメ E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 5mCSトヨ状を越すと、徐々に両岸が迫り、ゴルジュ状になってくる。やがて見覚えのあるF3:20m2条が見えて来た。前回左岸杣道からF3下流へと降り立った地点に到達し、右岸側のガレ斜面に登ってみる。やはり、F3直下へ接近しないと、良い写真は撮れそうもない。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【滝壺前大岩上よりF3:20m2条上ナメ E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 前回同様、ハーケンを1枚打ち込み、左岸沿いにヘツって前衛石滝を越える。今回は、ついに滝壺前大岩に到達する。やはり、F3は風情のある滝だった。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【滝壺前左岸側よりF3:20m2条上ナメ E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 打ち込んだハーケンを回収し、左岸沿いをヘツり下る。前回の下降ルートを登って、左岸杣道利用でF3巻きに入る。
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【F4:2段15m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 F3落口右岸から俯瞰後、大岩川原状からさらに溯行を続ける。傾斜のある大岩ゴーロを登って行くと、F4:2段15mが現れる。三脚を立てて撮影後、左手の大岩帯をよじ登る。
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【F5:2段30m鳴瀬滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 やがて、左岸に枝窪地形が見えて来ると、正面の大岩帯の上に、F5:2段30m鳴瀬滝が現れる。
 
 帰りは、左岸枝窪を横切って、左岸トラバースの踏跡を辿る。15分ほどで、小尾根に乗る。ここから小尾根を越える感じで、針葉樹林帯を下って行く。踏跡は、不明瞭である。小尾根から10分ほどで、F3下への下降点のあるトラバース道に降り立つ。さらに、杣道を辿ること1時間ほどで、車に戻った。
 '09年感動の滝見十傑の第五位は、10/31 MR635_ 笛吹川ヌク沢・木賊山・鶏冠尾根下降(奥秩父)(山梨県山梨市)。同行者は、やはり某山岳部のTs君。
 
イメージ 1
【笛吹川ヌク沢溯行図】クリック最大化してご覧下さい
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【大滝下段100m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 大滝は、3段260mとされており、下からは、下段100mの下部〜中部しか見えない。下段100mを見上げながら、左岸で休憩を入れよう。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【大滝中段80m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 大滝下段落口を抜けたテラスは、大滝中段の真ん前である。ここからは、中段80mの下部〜中間部までが見えている。
 
イメージ 4
【中段中上部 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 中段右壁の右端ガリーを登って行くと、一旦水流へと近付くことが出来る。この日は、水量が少な目であったが、岩の上を迸る流れが嬉しい。再び右端を登り、やがて落口上へと斜上して、上段下テラスに出る。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【上段80m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 上段80mの下に立つと、「いくら何でも、これは80m無いだろ・・・」と思うのだが、登ってみると、上の方に続く結構長い滝であった。上段は、左壁を登って行く。傾斜はやや緩く、草付混じりで、慎重に登ればさほど問題は無い。中程で、右岸大岩を越える。そこからトヨ状の水流を跨いで、左岸草付混じりに移る。
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【8x 12mトヨナメ上2条 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 大滝上段を越えると、続いて、8x 12mトヨナメ上2条が現れる。この滝が、最後の滝らしい滝となる。
 
 ツメの藪漕ぎをして、縦走路に出た後、木賊山山頂を踏んで、鶏冠尾根を下降する。鶏冠尾根核心部で日没となり、無謀な登山者となるが、なんとか無事に駐車場へと辿り着いたのだった。
 '09年感動の滝見十傑の第四位は、07/25 MR626_ 北穂・横尾左俣下降・北穂池ノ滝・北穂池(北ア)(長野県松本市上高地)。穂高の涸沢定着の中、悪天続きの僅かな隙を突き、日帰り周回を行った。同行者は、某山岳部のTs君。
 
イメージ 1
【北穂・横尾左俣下降・北穂池ノ滝・北穂池の概念図】クリック最大化してご覧下さい
 
 当初は、涸沢定着の下山時に「涸沢〜奥穂〜北穂〜大キレットカール尻(幕営)〜横尾谷左俣下降〜本谷橋〜横尾〜上高地」という計画であった。しかし、連日の雨と横尾本谷の増水もあって、計画を変更した。

 すなわち、下山前日に、涸沢基点での周回である。北穂池ノ滝下へは、霧雨と強風の飛騨泣きを、慎重に下降し、キレットA沢ノコルからカール尻経由で、横尾谷左俣右沢を下る。北穂池ノ滝見物後、奥二俣から左沢へ入り、右岸枝沢涸棚右岸小尾根を木登りで登り、藪を漕いで北穂池ノ台地に出る。一ノ池を見物後、東稜ノコル越えで涸沢に戻った。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【カール尻滝8m E-1 ED9-18mmF4-5.6】
 
 A沢ノコルから、1時間弱の下りで、カール尻に到着した。ガスが切れてきたので、Ts君の提案で、弁当を食べることにしよう。休憩を終え、落差8mほどのカール尻滝を、左岸草付から巻き下る。途中、三脚を立てて、撮影する。カール尻滝下から、早くも雪渓が始まる。結構な傾斜なので、左岸の浮石ガレゴーロを下る。歩きにくい。崩れ易いガレ斜面やザレ斜面では、雪渓と斜面の合間を下る。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【奥二俣左岸から北穂池ノ滝 E-1 ED9-18mmF4-5.6】
 
 奥二俣が近付くと、北穂池ノ滝が見えてきた。奥二俣左岸の不安定なザレ斜面に取り付き、撮影する。この辺りから下の雪渓は、傾斜がやや強めである。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【北穂池ノ滝 E-1 ED18-180mmF3.5-6.3】
 
 大キレットカール尻から、横尾谷左俣右沢を下降して、奥二俣から少し下った所が、北穂池ノ滝の落下地点である。左岸側の斜面に、辛うじて立木が生える場所を発見し、撮影場所に決める。崩れやすい斜面を、騙して横切り、三脚を立てる。

 北穂池ノ台地から伏流して吹き出す落口、そして上半分の階段状滝。下半分は、急傾斜を滑り落ちて、放物線を描く。下部は雪渓の下へと落下し、この時期、全貌は見ることが出来ない。落差およそ100mほどであろうか。
 
 この撮影場所に、25分いたが、あまり長居は出来ない。まだまだ、難所は続くので、そろそろ、登り返さねばならなかった。 

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事