感動の滝見十傑

[ リスト | 詳細 ]

その年の、感動した滝見十傑を振り返る。滝見亭の「年次別滝見十傑」と連携。'02〜'10年版をupしました。'11年版を工事中です。
記事検索
検索
 '09年感動の滝見十傑の第三位は、05/03-05 MR620_ 尾添尾根から百四丈滝遠望・白山・別山(両白)(石川県白山市)。マイカーで高速を夜通し走り、GWの白山縦走と、滝見を兼ねた、欲張りかつハードな山行であった。
 
 加賀禅定道の尾添尾根から、丸石谷に懸かる百四丈滝を遠望し、さらに白山へと登り、別山まで縦走する、という計画を立てた。同行者は、妙高〜雨飾縦走(頸城)'08-10八丁尾根・大キギ・剣ヶ峰・金山岳西尾根下降(両神)'08-12の時のTs君である。
 
イメージ 1
【滝見台より百四丈滝】
 
 二日目、奥長倉山避難小屋を発ち、難所である美女坂を登る。実働2時間ほどで、滝見台に到達する。安全な所でザックをデポし、恐る恐る雪庇へと近付く。そして、やっと百四丈滝の実物を目にする。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【滝見台より百四丈滝】
 
 す、すごい。これは一体・・・。雪と氷で出来た桶筒の中に、落水が吸い込まれて行く。この時季ならではの光景に、違いない。そして、Ts君もσ(^_^)も、何故か食い物を連想してしまった(^_^;。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【滝見台より百四丈滝】
 
 この滝を見るために、ここまで登って来たのだ。しばし、撮影に没頭する。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【滝見台より百四丈滝】
 
 滝見台では、ちと時間を使い過ぎた。この日はこのあと、白山を越え、南竜山荘までの長い長い縦走が続くのだった。南竜山荘に到着したのは、午後7時前であった。
 '09年感動の滝見十傑の第二位は、10/04 MR630_ 登川米子沢・巻機山(上越国境・巻機)(新潟県南魚沼市塩沢町)。27年ぶりに米子沢を溯行し、草紅葉の巻機山へ登ったのであった。
 
イメージ 1
【米子沢溯行図】
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【下部ゴルジュ入口2段10x20mナメ】
 
 ナメ沢出合を過ぎ、釜を持つ2段10x20mナメから、下部ゴルジュの右岸を巻いて行く。続く5mトヨも深い釜を持ち、取り付くのが大変そうだ。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【下部ゴルジュ12m滝】
 
 右岸巻きの途中から、下部ゴルジュ核心部の12m滝を覗き見たりして、さらに巻いて行く。右岸高巻きから沢に降りてみると、5m2条滝の下に出る。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【4段30m下部】
 
 滑床帯から沢が右に折れると、明るい岩盤顕著な連瀑帯:4段30mの第一段10m滝となる。
 
イメージ 7
【左端水流スラブ2段20m幅広】
 
 2段10x20mトヨナメの左壁トラバースは、慎重に進めば、さほど困難ではない。続く石滝を越えると、特徴的な左端水流スラブの2段20m幅広となる。下段は4mトヨナメ、上段は15mほどで、水量が少ないため、左端のみに水流のある幅広スラブ滝となっている。

 辺りの紅葉が美しく、落口上で、右岸枝沢が滝を懸けている。この枝沢と本流を分ける岩峰が、また迫力だ。今回は、水量が少ないのがちと残念で、雨の後など見てみたいものだ。乾いたスラブのカンテ状を、快適に登る。
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【上部ゴルジュ中盤の2段8mチムニー上の右岸テラスから2段12m大釜】
 
 先行パーティが、この先の2段12m大釜で苦労していたので、手前の2段8mチムニー上の右岸テラスにて待機する。先行2パーティは、右壁を登り過ぎてしまい、その上の6mチムニー左岸草付のかなり高い所まで登ってしまった。

 さて、我々も先へ進もう。大釜前衛3mCSを越え、大釜左岸をヘツる。大釜の右に回り込んで、右壁に取り付く。一部岩が脆いので、要注意である。簡単に落口へとトラバース出来た。続く6mチムニーで、先行パーティは、ザイルを出して、直登するらしい。我々は、左岸を簡単に巻く。
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【上部ゴルジュ終盤の4mと15m2条】
 
 6mチムニーを巻くと、3m、3mトヨ、4mスダレ、15m2条の連瀑となる。上部ゴルジュの最後の方に登場する4mスダレと15m2条は、一見二段滝に見える。下の4m幅広スダレを左から越すと、上の15m2条が、滝壺を持った独立した滝であることが判る。
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【上部ゴルジュ出口の2段20m上ナメ】
 
 15m2条を、右壁を登って越えると、上部ゴルジュ出口とも言うべき、2段20m上ナメの前に出る。立派な滝であるし、展望も良いので、20分ほど休憩する。この滝は、左壁を登る。落口へ出るところが、ちとイヤらしい。
 
イメージ 11
【大ナメ帯入口の多段20m】
 
 2段20m落口上は滑床となっている。いよいよ、大ナメの始まりかと期待が膨らむが、少し進むと多段20mが現れる。
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【大ナメ帯】
 
 多段20mを越えると、天まで続く大ナメの始まりだ。これでもか、これでもか・・・と大ナメ帯は続き、快適に登って行く。
 
イメージ 3
【1725M右俣の草紅葉】
 
 1725Mの(1:1)二俣に至ると、右俣にはロープが張られ、「立入禁止」の立て札まである。少し奥に、滑滝が見えているので、ちと残念だ。この辺りの草紅葉は、美しい。それでは、推奨されている左俣を辿ることにしよう。こちらも、草紅葉が見頃である。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【・1128五合目展望台より米子沢下部を望む】
 
 避難小屋へと出て、牛ヶ岳まで空身で往復し、井戸尾根を下降する。・1128の五合目展望台は、米子沢下部の滝が望まれるので、絶好の休憩ポイントである。三脚を立てて、撮影しておこう。
 丸一年以上過ぎてしまったが、2009年を振り返り、感動した「滝見」のベストテンを挙げてみたいと思う。第一位は、03/01 MR617。 野門沢布引滝氷瀑見物(奥鬼怒)(栃木県日光市)。雪の多い渓谷に、氷瀑見物に出掛けるのは、雪崩の危険がある。この年は、暖冬寡雪の年であった。一週間前にふたつぎさんが、野門沢布引滝前衛滝下まで偵察してきたという情報に、急遽第二次偵察隊が編成されたのであった。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【前衛滝10m】
 
 野門沢左岸トラバースから降り立った場所は、ゴルジュの上である。沢床に降り立つと、ガスに覆われている。この分では、よほど近くまで行かないと、氷瀑は見えないのでは・・・と不安になる。沢床では流れが一部顔を出していて、水没が怖いので、左岸側雪斜面を慎重に進む。

 15分ほど溯行すると、前衛滝10mの下に出る。釜は一部出ているし、先週は凍結していたという滝身も、幅50cmほどの氷の隙間から、勢い良く流下しているのが見える。かなり、融け始めているようだ。どう見ても、直登は出来そうもない。

イメージ 2
【前衛滝10mと左岸氷壁】
 
 右壁に出現した氷瀑も、我々には登れそうもないので、そのまた右手の斜上するバンドを登ることにする。前衛滝左岸巻きの始まりだ。取付の傾いたテラス状に着いた雪は、簡単に剥がれ落ちて、油断できない。無雪期にはザレルンゼになっていると思われる雪壁の左端沿いに30mザイルを伸ばして、小尾根上の立木に固定する。
 
 さらに、小尾根を少し登り、大岩の下を左上方へと登って、雪の着いたルンゼ状を斜上し、40mザイルを固定して行く。ここで滑落すると、前衛滝右壁氷瀑下まで一気であろう。

 あとは、ガレ斜面から深雪の斜面へとトラバースを続け、最後の小尾根に乗り、布引滝氷瀑を目の当たりにする。結局、40mザイルを1本温存したまま、最後の小尾根を下降して、布引滝前空間に降り立つことが出来た。前衛滝左岸巻き取付から、1時間半もかかってしまった。
 
イメージ 3
【右岸枝沢氷瀑と布引滝3段120m氷瀑 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】

 布引滝前広場に出ると、圧倒的な空間だ。ラッキーなことに、いつの間にか、ガスが晴れてきている。苦労して辿り着いた甲斐が、あったというものだ。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【布引滝3段120m氷瀑 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 下段は、見事に凍結しているが、中段下部は、一部崩落しかかっている。上段も、下部の滝身が覗いている。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【布引滝下段氷瀑 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【布引滝氷瀑 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 滝前空間で、1時間過ごした。帰りも時間が掛かりそうなので、そろそろ切り上げなければならない。帰りも、往路を忠実に辿る。先ず、二人が左岸小尾根に取り付く。小尾根を少し登って、深雪斜面からガレ斜面をトラバースし、固定ザイルに至る。二人がザイル伝いに下った後、回収しながら下降する。帰りの前衛滝巻きにも、結局1時間を要した。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【左岸遊歩道取付点から布引滝 μ-725SW】
 
 前衛滝下から見上げると、布引滝右岸枝沢氷瀑らしきものが見えている。前衛滝を撮影後、E-1をザックに仕舞い、引き揚げだ。野門沢左岸雪斜面を進み、左岸遊歩道取付点へと向かう。取付点手前から振り返ると、布引滝氷瀑の中・上段が望まれる。

 ゴルジュ手前で、左岸大岩に乗り、遊歩道へとよじ登る。右岸遊歩道を辿り、最後は階段を登って、林道へと登り返す。
 '08感動の滝見十傑番外は、09/26 MR608 大岳沢大滝から大岳山(奥多摩)(東京都檜原村)。

 この日は、午後から雨が降るという予報だったので、近場の滝見をすることにした。葛籠岩の北側に懸かる、大岳沢の大滝である。大岳鍾乳洞入口の先の林道終点から、徒歩5分で到着だ。撮影に備え、渓流靴に履き替える。

イメージ 1
【大岳沢大滝25m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】

 前衛2m2条の奥に、トヨ状を流下した滝身が、形良くハネて、左壁に当たり、滝壺へと落下する。適度な水量があり、見栄えがする。

イメージ 2
【大岳沢大滝25m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】

 左岸を少し登り、ハネを良く見よう。

イメージ 3
【大岳沢大滝25m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】

 暗いが、ISO800まで上げて、1/125Secで。この後、一旦、撮影道具と沢道具を車に置きに戻り、荷を軽くして大岳山往復に取り掛かった。

イメージ 4
【大岳山頂 μ-725SW】

 大滝を左岸から巻くと、しばらく穏やかな渓相となり、左岸沿いに登って行く。やがて右岸に渡り、そのうち斜面を登るようになる。大滝から1時間弱で、馬頭刈尾根の大滝下降点に出る。

 尾根の縦走路に出ると、歩き易くなり、ペースが上がる。15分で、大岳山荘と鋸山方面との分岐である。一旦、右手の大岳山荘への道に入る。途中から、尾根に忠実な踏跡に入り、大岳山頂に到達する。雲に隠れた富士山も見える。

イメージ 5
【林道脇の左岸小滝2段45m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】

 下りも、同じコースで戻る。大滝は、やはり美しく、また少し見物して車に戻る。林道の帰り道、左岸枝沢に懸かる小滝2段45mも見物する。こちらは、水量が少なく、ちと残念であった。

開く トラックバック(1)

 第十位は、12/19 MR614 鎌倉沢方円滝・南天山(両神)(埼玉県秩父市)。

 この山行は、八丁尾根・大キギ・剣ヶ峰・金山岳西尾根下降(両神)'08-12の偵察山行を兼ねて、出掛けたものであった。

イメージ 1
【6m斜瀑 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】

 右岸の登山口から取り付いて登り、トラバースして行くと、鎌倉沢の2段10mほどの立派な斜瀑が、木々の合間から見下ろせる。次第に沢に近付き、小滝の前で、最初の木橋を左岸へと渡る。最初の木橋から10分ほどで、6m斜瀑に至る。三脚を立てて、撮影する。この6m斜瀑は、右岸に巻道が付けられている。

イメージ 2
【前衛7m滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】

 少し行くと、今度はナメが連続し、左岸沿いに進む。明るくて、気持ちの良い所である。やがて2条小滝の右岸を登ると、方円滝の前衛7m滝が現れる。滝壺前に降りて、前衛滝の正面に回ると、上方に方円滝が見える。

イメージ 3
【前衛7m滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】

 この前衛滝も、なかなか味のある滝だと思う。右岸斜面を巻いて、前衛滝を越すと、方円滝に近付く。

イメージ 4
【方円滝20m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】

 方円滝は、左半分が二段になっている、20m末広滝だ。中段左手のくぼみが、方円さんの修行したと言う場所らしい。

イメージ 5
【方円滝20m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】

 左岸側のスラブ状からも撮影するが、積もる枯葉と濡れで、滑りそうで怖かった。

イメージ 6
【浅間山 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】

 方円滝から1時間20分で、南天山山頂に至る。北西方向には、雪を被った浅間山が、その特徴的な姿を見せている。

イメージ 7
【赤岩岳から三芳岩までの両神山脈 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】

 快晴の空の下、両神山が正面だ。狩倉尾根を手前にして、両神主脈が立派である。下りは、50分で登山口の鎌倉橋まで戻った。

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事