感動の滝見十傑

[ リスト | 詳細 ]

その年の、感動した滝見十傑を振り返る。滝見亭の「年次別滝見十傑」と連携。'02〜'10年版をupしました。'11年版を工事中です。
記事検索
検索
 '13感動の滝見第六位は、05/05 MR698 大洞和名倉沢核心部滝見(奥秩父)(埼玉県秩父市)。
 
イメージ 1
【和名倉沢核心部のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
久々に、大洞和名倉沢の滝見に出掛けた。
カメラと三脚が重く、脚力の衰えを痛感した。下段道を利用し、連瀑帯上で入渓した。
通ラズを右岸から、大滝を左岸から巻き、舟小屋窪滝を見て、結局、中流20m滝で引き返しとなった。
 
イメージ 2
【大洞和名倉沢核心部滝見概念図】
 
イメージ 3
【通ラズ入口滝】
 
下段道の最後は、連瀑帯を見下ろしながらのザレトラバースに苦労して、連瀑帯上入渓点へと至る。
ここで小休し、渓流靴に履き替える。
30分ほど溯行すると、通ラズ入口の7mトヨナメ滝の前に出る。
綺麗な滝なので、三脚を立てて撮影しよう。
 
通ラズの高巻きは、右岸の踏跡を辿る。
トヨナメ上部と階段状滝が右手に見える台地状から、岩壁を一旦左斜面から巻いて、バンド状に乗る。
以前は、階段状滝上部へと下降したのだが、今回目印は右岸をさらに高巻いていた。
目印に従って、大滝右岸斜面へとトラバースしてから、斜面を下り、大滝滝壺前に降り立つ。
 
イメージ 4
【大滝】
 
大滝下で大休止とし、食事と水分補給をする。
さすがに、飛沫が凄い。
 
イメージ 5
【大滝】
 
三脚も立てるが、レンズに飛沫が付いて、邪魔される。
大滝の高巻きは、左岸のルンゼに取り付く。
ルンゼの途中から、木の根を利用して、右手の小尾根に逃げる。
この小尾根を登って行くと、やがて作業道跡の踏跡に出る。
 
イメージ 6
【舟小屋窪滝】
 
作業道跡を左へと辿って行けば、やがて舟小屋窪出合のすぐ上流へと降り立つ。
舟小屋窪滝を、見に行く。
水量が多ければ、結構なヒョングリになるのだが、ちと水量不足で残念であった。
 
イメージ 7
【中流20m滝】
 
さらに20分ほど本流を溯行して、中流20m滝を見に行く。
逆光で、飛沫が光り、なかなか迫力があった。
当初の予定では、1380M右岸枝沢出合から上段道へとトラバースするつもりであった.
だが脚力・体力の不足で時間切れになりそうだったので、ここで引き返しを決める。
 
帰りは、舟小屋窪出合上流から左岸作業道跡に入り、大滝・通ラズを高巻く。
今回は、ワサビ沢手前の、浅いカレ窪を下って行くと、崩壊ガレ窪に挟まれた小尾根に乗る。
崩れ易い所を、騙しながら下って行くと、なんとか無事に、通ラズ入口に降り立つことが出来た。
 '13感動の滝見第五位は、10/13 MR706, 大洞和名倉沢下流部溯行(奥秩父)(埼玉県秩父市)。
 
イメージ 2
【和名倉沢下流部溯行のGPS軌跡】
 
イメージ 1
【大洞和名倉沢下流部溯行図】
 
和名倉沢は、いつも左岸下段道を利用して、三階滝上で入渓しており、下流部は溯行したことがない。
今回は、木橋から三階滝上までの下流部を溯行してみた。
 
イメージ 10
【石津窪下連瀑帯・6m大釜】
 
連瀑帯入口の小滝を越え、2段6mトヨナメ滝の左を登る。
続く小滝幅広の奥に見える3x6m滑滝は、左壁を登る。
ワイヤーが残念な6m大釜は、右岸を小さく巻いたが、後続パーティは、右壁を登っていた。
その上の、大岩が塞ぐ5m滝を撮影している間に、後続5人パーティに先行してもらう。
ここは、フリクションを効かせて、左壁を登る。
 
イメージ 3
【弁天滝12m】
 
左岸から石津窪が出合い、さらに少し行くと、大きな釜を持つ弁天滝12mが現れる。
三脚を立てて撮影後、左岸のガレルンゼを登り、巻道に入る。
左岸巻道は、上流側をしばらくトラバース後、沢に降り立つ。
 
右岸からガレが押し出している5m逆くの字滝は、ガレ斜面を横断して左から越える。
滝の上には、5x10mS字滑が続いている。
これを過ぎると、沢は平流となり、穏やかな川原が続く。
 
イメージ 9
【6m直瀑大釜】
 
2段3m石滝を越え、右岸から枝沢が出合うと、大釜を持つ6m直瀑となる。
先行パーティは、右岸に取り付いていたようだが、左岸の小尾根に取り付けば、踏跡が付いている。
6m直瀑の先は再びゴーロとなり、左岸から枝沢が出合う。
沢が右に曲がると、奥に小滝・4m滝が見える。
小滝2条と続く4m滝を越えると、小滑滝が連続する。
 
イメージ 4
【氷谷出合滝2段18m】
 
滑滝連続帯の階段状滑滝を、快適に越えて行くと、右岸から氷谷が2段18m滝を懸けて出合う。
水量は少な目だが、立派な滝なので、三脚を立てよう。
 
イメージ 5
【氷谷出合滝2段18m】
 
丁度逆光になって撮影しづらいが、上段10m・下段8mスダレ状となっている。
 
イメージ 6
【三階滝・4x6トヨナメ2条U字】
 
氷谷出合を過ぎ、和名倉沢本流は3x6m滝を懸ける。
続いて、釜を持つ3mトヨナメ。沢が右に曲がって、細長淵の奥に小滝トヨナメ。
これを越えると、沢は左に折れて、三階滝が現れる。
三階滝最初の滝は、4x6トヨナメ2条U字。左岸斜面を、トラバース気味に越える。
 
イメージ 7
【三階滝・6m滑滝】
 
続く6m滑滝は、美しいので三脚を立てた後、左壁を登って落口に出る。
 
イメージ 8
【三階滝・6x8m上ナメ】
 
さらに、6x8m上ナメでも三脚を立て、右壁を登って越える。
最後の小滑滝を過ぎると、見覚えのあるゴーロに出る。
本日の溯行終了点である、和名倉左岸下段道終点だ。
 '13感動の滝見第四位は、09/22-23 MR705 名取川大行沢樋ノ沢・カケス沢右俣(二口)(宮城県仙台市太白区)。頸城の真川金山谷・裏金山谷・鍋倉谷以来29年ぶりに、Neuron師匠と沢登りに出掛けた。
 
イメージ 1
【名取川大行沢樋ノ沢・カケス沢右俣のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
天気はあまり良くなかったが、大行沢の滑・トヨナメとカケス沢右俣の連瀑が楽しめた。
奇勝:北石橋は一見の価値あり
 
イメージ 2
【大滑沢滑床を行く】
 
大行沢左岸沿いの道を辿り、岩床沢を過ぎてから、適当に藪漕ぎして沢に下る。
沢靴に履き替え、溯行開始する。
少し進むと、期待した滑床が始まる。
一旦滑床が始まると、あとは蜿蜒と続く。
しばらくは、ひたすらヒタヒタ、ジャブジャブと滑床を行く
 
イメージ 3
【大行沢3m滝】
 
30分弱で、・654カケス沢出合に至る。
その先すぐの右岸に踏跡が続き、「北石橋入口」の道標が立つ。
カケス沢二俣を偵察し、再び大行沢の溯行を続ける。
まだまだ、滑床は続く。
やがて、3m幅広滝に至り、三脚を立てて撮影する
 
イメージ 4
【樋ノ沢出合滝7x12m】
 
3m幅広滝を過ぎても、まだまだ滑釜・滑床は続く。
流倒木にさえ、何か風情を感じるのは、渓相のためだろうか。
そろそろ避難小屋が近いはず、と思っていたら、右前方に大きな滑滝が現れた。
 
イメージ 5
【ハダカゾウキ沢出合滝8x12m】
 
正面左手の流倒木ジャングルの奥には、更に落差のある滑滝があった。
これが、ハダカゾウキ沢出合滝だ。
樋ノ沢出合滝を越えると、左岸に樋ノ沢避難小屋が見える。
 
イメージ 6
【樋ノ沢】
 
日暮までまだ間があるので、避難小屋に荷物を置いて、樋ノ沢を偵察しよう。
その名の通り、樋ノ沢はトヨナメの宝庫だ。
さらに沢幅一杯の滑床も釜もある。
16時50分、800M付近で引き返す。
帰りも楽しくナメを満喫し、避難小屋へと戻る。
 
イメージ 7
【カケス沢右俣・連瀑帯2段12m】
 
樋ノ沢避難小屋に泊まり、翌朝カケス沢右俣を溯行する
連瀑帯入口の小滝を越えて行くと、奥に2段12mが姿を見せる。
どうやら、右壁を微妙なバランスでトラバースするらしい。
メチャンコ悪そうなので、ビビる。
結局、右岸のブッシュ帯を巻く。
続くトヨナメ滝深釜は、右から巻いた。
その後しばらく、快適に登る。
イメージ 8
【流木が上に引っ掛かった3m滝】
 
流木が上に引っ掛かった3m滝は、右岸巻も考えたが、最後の草付スラブが急なので断念する。
結局、右壁の微妙なトラバースを選択。
Neuron師匠に、お助け紐を出してもらう。
 
イメージ 9
【小滝CS瀞】
 
続く小滝CS瀞は、突入して少し泳ぎ、突っ張りで登る。
イメージ 10
【5m直瀑の右壁を登る】
 
一見登れそうもない5m直瀑は、右壁に意外としっかりしたホールドがあり、立木を目指して登る。
続く2m滝は、釜に入って、ショルダーにトライしたが、最後の手掛かりが無く断念。
右から、ズルズルの泥付壁を、ブッシュ頼りに巻く。
イメージ 11
【北石橋】
 
その後も小滝は続く。
2段トヨナメ滝は、右壁をトラバース気味に登る。
さらに滑小滝を幾つか越えて行くと、 次第に周囲が開けて来る。
やがて、右岸に草付斜面が広がると、正面に北石橋の奇観が見えて来る。
 
イメージ 12
【北石橋】
 
北石橋を潜る滑滝の下に回り込んで、撮影を始める。
 
イメージ 13
【北石橋】
 
見れば見るほど、不思議な造形である。
 
イメージ 14
【北石橋滑滝を登る】
 
休憩後、滑滝を登って北石橋を潜り抜けることにする。
途中から、水線左に移って、慎重に登ろう。
潜り抜けた上流にも、滑床は続いている。
 
ここまでで十分満足し、左岸側に続く登山道を辿って、出合まで下降しよう。
カケス沢出合近くの北石橋入口まで下り、裏コース登山道に戻る。
 '13感動の滝見第三位は、06/30 MR702 中川川押出沢・西丹沢の滝見(丹沢)(神奈川県山北町)。あっきーさんとのじやんが、西丹沢の滝見に出掛けると聞き、同行させてもらった。
 
イメージ 1
【中川川押出沢のGPS軌跡】
 
道の駅山北に3人揃って、箒沢駐車場へと移動する。
さて、押出沢へのアプローチが、やや難あり。
結局、鹿柵?の穴を潜り、藪を漕いで中川川に降り、出合を捜す。
押出沢は出合から堰堤が連続するので、左岸の踏跡を辿って堰堤の上に降り立つ。
 
イメージ 2
【押出沢・下のヒョングリ5m2条】
 
やっと沢登りらしくなり、小滝を越えて行くと、下流連瀑帯のトヨナメ滝となる。
ゴルジュっぽくなり、暗い雰囲気で、あまり濡れたくない気分である。
のじやんは、サッサと流れの中に入っていったが、あっきーさんとσ(^_^)は、右岸斜面に取り付いた。
これが敗着で、どんどん追い上げられ、沢の中ののじやんの姿は見えない。
何とか降りられそうな斜面を見付け、沢へ近付く。
のじやんが、ヒョングリ滝を見付け、撮影を始める。
我々も下降して、合流する。
 
イメージ 3
【押出沢・両門滝右:中のヒョングリ8m】
 
連瀑帯が終わると、沢は開け、右岸側から枝沢が出合う。
同じようなトヨナメ状の両門滝となっている。
右手の本流滝は、下部がヒョングリとなっており、本日二つ目のヒョングリ滝だ。
 両門の滝は、中間斜面に取り付き、木の根を利用して越える。
二俣下の4m滝は、左壁を斜上する。
続く堰堤は、左の凹角を攀じ登る。
 
イメージ 4
【押出沢・上のヒョングリ前衛滝】
 
堰堤を越えると二俣で、さらに堰堤の見える右俣を見送り、左俣に入る。
右岸に大きな二段滑滝の懸かる枝沢を見て、小滝を越えると、いよいよ目的の核心部4段滝に至る。
前衛である第一段・第二段を越えないと、上のヒョングリを見ることが出来ない。
第一段は、左壁を容易に登る。
第二段は、登ってしまうと下降が厳しいようだ。
のじやんがフリーで取り付き、落口の残置ハーケンを支点に、ザイルを固定する。
残り二人は、安全に追従する。
 
イメージ 5
【押出沢・上のヒョングリ】
 
第二段落口のテラスで、三脚を立てるが、流木や小枝の塊が多く、不安定な場所だ。
ヒョングリの上の第四段CS滝は、いかにも登りにくそうだ。
さて帰りだが、問題の第二段滝下降は、左壁の残置ハーケンを利用して、懸垂下降する。
第一段滝は、左壁を問題なく下れる。
二俣まで下り、堰堤上で左岸の踏跡に入る。少しザレた所もあるが、特に問題なく出合まで戻る。
中川川本流右岸の藪を少し漕いで、再び鹿柵の穴?を潜り、車に戻る。
 
イメージ 6
【中川川西沢下棚・本棚見物のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
イメージ 7
【西沢下棚沢・下棚】
 
イメージ 8
【西沢・大棚】
 
イメージ 9
【中川川滝口沢のGPS軌跡】
 
イメージ 10
【滝口沢・滝口滝】
 '13感動の滝見第二位は、02/23 MR696 阿武隈川雌滝・雄滝氷瀑偵察(那須)(福島県西郷村)。厳しさから見れば、こちらの方が第一位かもしれない。
 
イメージ 1
【阿武隈川雌滝・雄滝氷瀑偵察のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
阿武隈源流を、先ずは雌滝まで偵察しようと、ふたちゃんと出掛けた。
ここ数年来最強の寒波の中での氷瀑見物。
阿武隈源流でも、強風が谷中まで吹き荒び、新雪深雪と相俟って、大変ハードな山行だった。
 
イメージ 2
【右岸雪斜面を横断して雌滝へ向かう】
 
ひとまたぎ付近では、両岸が狭まる。
右岸の急な雪斜面を、覚悟のトラバース連続で雌滝へ向かう。
 
イメージ 3
【雌滝氷瀑】
 
ついに、雌滝の滝壺前に立つ。
大氷柱となった雌滝が、見事である。
 
イメージ 4
【雌滝氷瀑】
 
イメージ 5
【雄滝氷瀑】
 
雌滝右岸を巻いて、雄滝氷瀑も偵察しよう。
右岸雪壁に取付いて、小尾根を急登する。
雌滝落口右岸尾根を越え、斜面をトラバースして、展望ポイントへ移動する。
 
イメージ 6
【雄滝氷瀑】
雪に埋もれて、訳が判らない状態だが、確かに雄滝氷瀑だ。
 
イメージ 7
【雌滝氷瀑俯瞰】
 
帰りも危険が一杯だったが、無事に甲子大橋下まで辿り着く。
大黒屋での入浴は出来なかったが、ちゃぼランドで入浴して帰る。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事