感動の滝見十傑

[ リスト | 詳細 ]

その年の、感動した滝見十傑を振り返る。滝見亭の「年次別滝見十傑」と連携。'02〜'10年版をupしました。'11年版を工事中です。
記事検索
検索
 年が明けて、2週間だが、今年も前年を振り返り、感動した「滝見」のベストテンを挙げてみたいと思う。第一位は、01/13 MR693 上ッ原から三沢双竜氷瀑見物(奥鬼怒)(栃木県日光市上栗山)。この滝見の実現は、なんと言っても、ふたちゃんの熱意の賜物であろう。一昨年は、2月に上ッ原を下降点までラッセル偵察、6月に雪田さん案内で滝下まで往復、11月に凍結し始めの滝を偵察して、準備をしたのであった。
 
イメージ 1
【双竜氷瀑】
 
上栗山集落から上ッ原の台地状に乗り、鬼怒川右岸から三沢左岸沿いへ移って登る。
下降点までは、2時間半ほどだ。
下降点でアイゼンを着け、雪爺ルートを下って、1時間弱で熊穴沢出合に降り立つ。
さらに2時間の頑張りで、双竜滝下に至る。
 
イメージ 2
【双竜氷瀑】
 
イメージ 3
【双竜氷瀑】
 
人物と比較すると、その高さが実感される。
 
イメージ 4
【双竜氷瀑】
 
イメージ 5
【左竜氷瀑】
 
イメージ 6
【右竜氷瀑】
 
帰りも、熊穴沢出合まで1時間。
下降点まで登り返し1時間、途中脚が攣りそうになる。
アイゼンを外し、林道終点まで1時間半。
なんとか、ヘッドライトを使わずに済んだ。
開運の湯で入浴し、帰宅する。
 '12感動の滝見の番外は、セド沢払沢ノ滝見物(奥多摩)(東京都檜原村)。紅葉の時期に出掛けたところ、スポーツイベントと重なって、駐車場・臨時駐車場は満杯であった。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【払沢ノ滝第一段25m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【払沢ノ滝第一段25m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【払沢ノ滝第一段25m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 帰りに、卯の花ドーナツを食しながら車に戻る。
 '12感動の滝見十傑の第八位は、07/29 MR687 北穂高岳・北穂沢ゴルジュの滝(北ア)(長野県松本市上高地)。涸沢定着三日目、トレーニング目的で北穂往復した際、下りで北穂沢ゴルジュの滝を見物した。
 
イメージ 3
【ヒュッテから北穂沢 μ-725SW】
 
イメージ 1
【北穂沢ゴルジュの滝 μ-725SW】
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【北穂沢ゴルジュの滝 E-P2 ED14-150mmF4-5.6】
 '12感動の滝見十傑の第七位は、03/25 MR682 天理尾根から剣ヶ峰・七滝遊歩道(両神)(埼玉県小鹿野町)。日向大谷から奈良尾沢峠に登り、そこから天理尾根の藪岩稜を堪能し、剣ヶ峰から産泰尾根を下降し、七滝遊歩道で氷瀑を見物した。
 
イメージ 4
【天理尾根から剣ヶ峰・七滝遊歩道のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【七滝沢養老滝 μ-725SW】
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【養老滝下流の滝 μ-725SW】
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【滝框 μ-725SW】
 
 氷瀑と言うには、ちと融けて固まったような姿で、新鮮味に欠けるが、拾いモノをしたような得した気分になった。
 '12感動の滝見十傑の第六位は、12/28 MR692 薄川滝ノ沢・辺見岳(両神)。玉簾滝氷瀑を偵察し、辺見岳まで登ろうと考え、薄川滝ノ沢を溯行したのだが、雪は全くと言って良いほど見当たらず、滝の凍結度も低かった。雪が少なかったので、一位ヶタワまで縦走し、清滝小屋経由で下った。
 
イメージ 1
【薄川滝ノ沢・辺見岳のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【滝ノ沢玉簾氷瀑 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【滝ノ沢玉簾氷瀑 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【1010M左俣滝氷瀑 TG620】

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事