感動の滝見十傑

[ リスト | 詳細 ]

その年の、感動した滝見十傑を振り返る。滝見亭の「年次別滝見十傑」と連携。'02〜'10年版をupしました。'11年版を工事中です。
記事検索
検索
 '12感動の滝見十傑の第五位は、06/03 MR684 上ッ原から三沢双竜滝見物(奥鬼怒)。三沢左岸の上ッ原(うわっぱら)、ここから熊穴沢出合へと下降する急降下ルート(雪爺ルート)の偵察を兼ね、雪田さんの案内を得て、三沢双竜滝見物に出掛けた。予報通り、途中から雨となったが、滝前にて一時雨が小降りになるという幸運もあった。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【三沢双竜滝55m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 林道終点から熊穴沢出合まで、約3時間。さらに双竜滝まで、1時間半。途中から雨が降り出したが、皆覚悟の上だ。取り敢えず、手前のテラスに三脚を立てるが、降りしきる雨粒が、レンズを覆う。ひっきりなしにレンズを拭い、ブロワーで吹き飛ばすが、埒が開かない。深く考えず、バシバシ撮っておく。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【三沢双竜滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【左滝下部 μ-725SW】
 
 左下の人物と比較して、滝の高さが判るだろうか?
 
 帰りも、4時間ほど掛けて、林道終点まで戻ったのであった。
 '12感動の滝見十傑の第四位は、11/25 MR691 上ッ原から三沢双竜氷瀑偵察(奥鬼怒)。ふたちゃんと三沢双竜目指して出掛けたのは、この時3度目。厳冬期を想定した、最終偵察のつもりであったが、あわよくば氷結も拝めるのではないか・・・と、少しは期待していた。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【下降ルンゼを振り返る μ-725SW】
 
 雪爺下降ルートの踏跡を辿り、岩棚を経てトラバース気味に下って行く。浅窪状に入り、大岩の間をすり抜けて、右手の下降尾根に乗る。この尾根、時折急傾斜になったり、大木が生えていたりする。崖になる手前で、右手に分岐する枝尾根へと乗り、右へとトラバース気味に下降ルンゼに入る。

 下降ルンゼに入った所で、厳冬期を想定し、立木を利用して40mザイルを固定しておく。ルンゼの下部には、トヨナメ状の涸棚があり、厳冬期は薄氷で凍結しそうだ。ルンゼ下の斜面を下り、右手に熊穴沢を見下ろしながら、崖縁沿いに出合へと下降する。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【三沢双竜氷瀑55m E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【三沢双竜氷瀑 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
イメージ 3
【三沢双竜氷瀑 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
 思わず口元が緩むのを、どうしても抑えることが出来なかった。
 '12感動の滝見十傑の第三位は、08/01-04 MR688 梓川一ノ俣谷・二ノ俣谷・大天井岳・燕岳(北ア)。詳しい記録は、MR688を見て下さい。
 
イメージ 1
【一ノ俣谷・二ノ俣谷溯行概念図】クリック最大化してご覧下さい
 
 一ノ俣谷から中山コル越えで二ノ俣谷、さらに2220M三俣から左沢を詰めて貧乏沢下降点に出て、北鎌尾根を登ろうという企画であった。しかし、重荷と二ノ俣谷の雪渓に苦しめられ、貧乏沢下降点に詰上げたところで、北鎌の計画を断念し、大天井〜燕〜中房温泉へのエスケープを決定した。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【一ノ俣谷七段入口滝3段10m E-P2 ED14-150mmF4-5.6】
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【一ノ俣滝10m E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【一ノ俣谷左岸山田滝2段12m E-P2 ED14-150mmF4-5.6】
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【本流前衛トヨ2条滝と左岸常念滝 E-P2 ED14-150mmF4-5.6】
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【一ノ俣谷左岸常念滝2段12m E-P2 ED14-150mmF4-5.6】
 
 この日は中山コルで幕営し、翌朝二ノ俣谷へ下降する。
 
イメージ 7
【二ノ俣谷2066左岸枝沢2段7m滝 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
イメージ 8
【二ノ俣谷2066左岸枝沢2段7m滝上段4m下ハネ E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【二ノ俣谷6m滝 E-P2 ED14-150mmF4-5.6】
 
 登攀準備して、空身で右岸草付に取り付く。アイスハンマーを利用し、急な草付を騙して登り、細いブッシュにスリングを懸けたりして、何とか頼れそうなブッシュにまで辿り着く。さらにひと登りして、細引10mを固定する。一旦下って荷を担ぎ、再び腕力で登り返す。結局、この滝を越えるのに、1時間半ほど費やした。
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【核心部連瀑帯手前の雪渓地帯 μ-725SW】
 
 安定した雪渓は姿を消し、ヤバそうなスノーブリッジやブロックが連続する。
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【核心部連瀑第一段・第二段 μ-725SW】
 
 その後も、核心部連瀑帯の雪渓と右岸高巻きに悪戦苦闘して、2220M三俣でビバーク。次の日は、左俣を登り、貧乏沢下降点でヘトヘトになって、大天荘で幕営。中房温泉へのロングエスケープ決定となった。
 '12感動の滝見十傑の第二位は、06/24 MR685 松木川小足沢大滝見物・下部ゴルジュ下降(足尾)。足尾山域で最大級の落差を誇る大滝として、一部のマニアの間で評判の、小足沢大滝を見物に出掛けた。最短時間での到達・帰還を目指し、大滝経験者:のじやんを隊長とするチームが、急遽編成されたのだった。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【小足沢出合ゴルジュの大釜小滝・4m滝・20m滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 小足沢に入ると、両岸が迫り、いきなりゴルジュとなっている。大釜を持つ小滝、続く4m滝、そして20m滝。小滝大釜手前の川原で、撮影と登攀準備の休憩をする。
 
 ここは、一旦出合まで戻り、右岸尾根に取り付く。予想に反し、意外と登り易い。しかし、途中からルートファインディングが難しくなる。岩壁下のバンド状に出て、右に向かったのが敗着だった。岩場に追い上げられて、厳しい所を登らされる。岩場からは、まさに足下に、小足沢出合の河原が見下ろせる。

 なんとか、岩場を脱出して、さらに登り続けると、やがて傾斜が緩んで、開けた肩状に出る。木枝越しに、大滝上段が見えた。肩状から痩せ尾根のコルへと向かい、下降ルンゼ右岸沿いを、立木を利用して急降下する。途中からルンゼに入り、やっと大滝正面草付斜面に出る。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【小足沢大滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 少し撮影したところで、滝壷左岸の飛沫が来ない場所に、荷物を置く。大滝から吹き寄せる飛沫が、かなり広範囲に広がっているので、レンズは水滴対策が必要だ。天気が良いこともあり、スローはほぼ断念し、絞りを開放気味にしておこう。結局、大滝下で1時間40分も粘ったのであった。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【小足沢大滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【小足沢大滝 E-1 ED7-14mmF4】
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【小足沢大滝 E-1 ED7-14mmF4】
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【小足沢20m滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 さて、大滝からの帰還コースであるが、最速ルートである下部ゴルジュ下降を選択する。滑滝混じりの大岩ゴーロを、問題の20m滝落口へと向かう。20m滝の下降は、ハナから懸垂と決めていたが、いざ支点を捜すと、なかなか良いリスが無い。右岸岩壁に、「ここしかないでしょう」とばかりに、年季の入ったボルトが3本打込まれている。錆びてはいるが、効いてそうなので、シュリンゲを3本とビナを奉納して、30mザイルを2本繋ぐ。
 
 のじやん隊長、ふたちゃん、すうじいの順で、右岸岩壁を懸垂下降して、20m滝下に降り立つ。振り返れば、20m滝も立派な滝である。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【小足沢出合ゴルジュの大釜小滝・4m滝・20m滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 その下の4m滝も、右岸のブッシュを支点にして、トラバース気味に懸垂する。最後の小滝大釜は、泳いだ人もいたが、右岸をギリギリまでヘツり、腰までの濡れで通過。無事、出合の川原に出る。
 年が明けて、既に3週間だが、今年も2012年を振り返り、感動した「滝見」のベストエイトを挙げてみたいと思う。第一位は、01/08 MR680 石空川北沢行者滝氷瀑見物(南ア)(山梨県北杜市)。前年の10月に、2回続けて同じルートを偵察し、厳冬期に備えたのであった。
 
イメージ 1【GPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
 この時季、精進ヶ滝林道は閉鎖されており、御座石林道も御座石鉱泉近くのゲートが閉まっている。御座石鉱泉前の駐車場から、強行日帰りを余儀なくされる。
 
 午前3時過ぎ、御座石鉱泉駐車場を出発し、閉まったゲートを抜けて、月明かりの御座石林道を歩く。気温はかなり低めだが、風が無いのが救いだ。御座石林道終点から、精進ヶ滝林道の廃林道に入る。所々、ガレ斜面を横断しつつ、午前5時、梯子取付に至る。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【北沢行者滝 E-P2 ED14-150mmF4-5.6】
 
 前衛滝は、左岸凹角から越え、左岸岸壁下外傾テラス経由で行者滝下に出るつもりであったが、左岸岩壁の上方にビッシリと連なる尖った氷柱群を見て驚く。やむなく、右岸から登ることにする。斜面を登るうち、カチンカチンに凍結した草付急斜面に出る。何とか右上して、樹林帯に入り、急登をこなす。ルンゼを渡って、行者滝下に出た。予定より遅れ、正午になっていた。
 
イメージ 3
【北沢行者滝】
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【前衛滝左岸岩壁上部の氷柱群】
 
 左岸岩壁に懸かる氷柱群。こんな美しくも危険なカーテンの下をトラバースするなど、いくら命があっても足りないだろう。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【直下から見上げる行者滝】
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【行者滝氷瀑 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
 さて、帰りも大変だった。堰堤滝は左岸踏跡のトレースを辿り、左岸枝沢小滝氷瀑を下って、三段12m滝上に至る。右岸側の立木にザイルを懸け、左壁を懸垂下降する。ザイル捌きに、かなり時間を食う。
 
 二俣からは往路の右岸トレースを辿って、花崗岩ルンゼ下部を横断する。木の根岩場は、アイゼンを外し、アブミ利用でよじ登る。ここで、腕力を使い果たす。下降尾根の登り返しが、辛かった。時折、ルート捜しに苦労する。午後5時少し前に、下降点の踏跡に出る。

 そのまま、林床笹藪のトラバースを開始し、カレ窪平坦地を経て、尾根に乗る。ヘッドランプを点けて、倒木樹林帯急斜面を、下って行く。時折見掛ける目印テープと、コンパスとGPSが頼りだ。午後6時前には、精進ヶ滝林道に降り立つ。「ほぼ下山報告メール」を送り、小休する。

 体力限界を越えた状態ではあるが、歩かねばならない。廃林道の崩壊斜面トラバース・藪漕ぎを交えつつ、ひたすら重荷に耐えて前進する。次第に高くなる満月が、僅かに励ましとなる。御座石林道終点で、小休する。脚だけでなく、肩も悲鳴を上げている。

 ここからは、月明かりを友とし、舗装林道をひたすら歩く。午後7時半過ぎ、御座石鉱泉駐車場に到着したときには、殆ど気が遠くなりかけていた。
 
 
イメージ 7
【石空沢北沢行者滝への溯行概念図】クリック最大化してご覧下さい
 
 今回のルートを赤で表示してある。精進ヶ滝林道・御座石林道のゲートが閉鎖されている時季の、行者滝日帰り往復が、かなり困難を伴うであろうことは、覚悟する必要がある。我々は、往復で実働14時間であった。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事