感動の滝見十傑

[ リスト | 詳細 ]

その年の、感動した滝見十傑を振り返る。滝見亭の「年次別滝見十傑」と連携。'02〜'10年版をupしました。'11年版を工事中です。
記事検索
検索
 '11感動の滝見十傑の第六位は、09/25 MR676 丸舞口から太平山・不帰大滝見物(太平山)(秋田県秋田市)。秋田市内の名山:太平山。南面の丸舞林道側から往復し、丸舞川北ノ又沢加護滝沢(不帰沢)に懸かる不帰大滝を見物した。帰りに、ユフォーレで入浴して、秋田に戻る。
 
イメージ 1
【丸舞口から太平山・不帰大滝見物のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
イメージ 2
【鬼子沢垢離取り滝 μ-725SW】
 
 六番橋袂から、鬼子沢垢離取り滝が望まれる。この辺りを、垢離取り場と呼ぶらしい。橋を渡ると、鬼子沢右岸から左に折れて、篭(加護)滝沢左岸へと進む。次第に沢から離れ、高度を上げて登って行く。やがて炭坑跡の標柱が現れ、その先で不帰大滝分岐となる。
 
イメージ 3
【奥宮と山小屋 E-P2 ED14-150mmF4-5.6】
 
 山頂には、三角点と立派な奥宮、そしてしっかりした山小屋がある。
 
イメージ 4
【丸舞口へ下山開始 μ-725SW】
 
 登って来た草付を下り、さらに灌木帯を急降下して振り返ると、山小屋の一部が見えた。三十三滝沢源頭の複雑地形を経て、尾根に乗る。トラボ長根を経て、下降点で小休する。下降点からは尾根を離れ、トラバース気味に下り始める。風穴を経て炭坑跡の不帰大滝分岐に至る。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【不帰大滝 E-P2 ED14-150mmF4-5.6】
 
 分岐から、ほぼ水平にトラバースを開始する。一部藪っぽく、荒れている箇所もあるが、迷うほどではない。10分ほどで、不帰大滝下に至る。結構立派な滝である。まだらに陽が当たっているため、ちとコントラストが強過ぎだ。帰りも10分ほどで、分岐に至る。
 
イメージ 6
【北ノ又沢左岸長滝 E-P2 ED14-150mmF4-5.6】
 
 炭坑跡からドンドン下って行くと、鬼子沢に架かる六番橋を渡る。左後方には、垢離取り滝が懸かる。北ノ又沢に架かる五番橋を渡って、右岸沿いの道を行く。五番橋下流の右岸道は、スラブ状をトラバース感じで、ちと足場が悪い。荒れたゴーロから、コンクリート階段を登り、四番橋を渡る。左岸枝沢の長滝で、三脚を立てる。あとは一気に、登山口へと戻った。
 '11感動の滝見十傑の第五位は、06/18-19 MR669 熊本県南部の滝見(球磨川水系)(熊本県人吉市・八代市泉町)。当初は、市房山と国見岳に登るつもりであったが、土砂降りに近い雨が断続し、早々と市房山を断念する。二日目も、国見岳へのアプローチの樅木林道が、今にも土砂崩れしそうな状態で、途中にて引き返す。
 
イメージ 1
【鹿目滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 鹿目滝入口から少し戻った路肩に、車を停め、下着に雨具を直接まとい、長靴を履き、ビニール傘をさして、遊歩道を下る。対岸へと渡る橋も、水没等の可能性が一瞬頭を過ぎる。その先の遊歩道は、完全に水没していて、半ば沢登り状態である。

 なんとか、滝正面の場所まで接近し、三脚を立てる。雨と飛沫で、レンズはビショ濡れ、タオルで拭きながら、ブロワー吹きまくり。滝身両壁の特徴ある柱状節理の紋様が、霞んでしまっているではないか。これ以上粘っても、代わり映えしないし、下手すりゃ橋が渡れなくなるリスクが増すので、長居は無用と車へ戻る。
 
イメージ 2
【布滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 鹿目滝見物後、R267を南下して、胸川右岸枝沢に懸かる布滝見物に向かう。林道入口が、ちと判り難い。車道には、「ここからの眺めが一番」みたいなことが書いてある看板があったので、俯瞰して撮影してみる。濡れた石段を下って、水量の増した滑滝を撮影しよう。脚を滑らせたら、大変だ。少々及び腰になる。
 
イメージ 3
【鍵掛滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 鳩胸川大川間川の大野渓谷へと向かう。R267から、肥薩線のループを目印にアプローチする。375の踏切から細い道に入るが、その先が難しい。崖崩れしかかっている、かなり怪しい車道を慎重に下って行くと、大野渓谷駐車場へと至る。

 本降りの雨の中、怪しい踏跡を辿る。ゴルジュの中の、鍵掛滝下に辿り着く。ここは、ゴルジュの中の濁流が恐怖である。流れに引き込まれたら、イチコロであろう。雨と飛沫で、もうメチャクチャな条件だ。疾風怒濤とは、こういう感じかな。もはや、まともな滝撮影は不可能と見て、早々に切り上げる。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【布水滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 球磨川右岸支流阿蘇川に懸かる布水滝を見に行く。路肩に車を停めて、滝への遊歩道に入る。やっと滝まで接近するも、雨は本降りだし、暗いし、滑るし、水量が多くて飛沫が凄いし、条件は最悪である。レンズがズブ濡れで、殆どの写真が、ピンボケ・手ブレ。とても危険なので、流れに踏み込めない。この日の滝見は、これにて終了。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【橋の上から栴檀轟 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 次の日も、朝から雨だった。熊本県南部には、全域に大雨洪水警報が出ていた。先ずは、栴檀轟(せんだんとどろ)を見てから、ダメもとで国見岳へ向かうことにする。R443から氷川ダムで県道52号線に入る。トンネルを抜けて下り坂になると、やがて大きなヘアピンカーブを経て栴檀轟の駐車場に着く。駐車場には、大きめな東屋と、トイレもある。

 トイレと土産物屋の横を通り、栴檀轟への遊歩道を辿る。しばらく川の右岸をトラバース後、ジグザグに階段を下って行く。途中、木枝の合間から、凄い水量の栴檀轟が見えるが、取り敢えず滝前の展望所へと向かう。

 滝前展望所付近から撮影を試みるが、猛烈な瀑風により、雨避けのビニール傘は、一瞬にして骨が曲がってしまい、その役目を終えた。ビショ濡れレンズでは、合焦が困難だ。展望所から少し下流に、川を渡る橋があり、その上から栴檀轟を撮影する。展望所に比べれば、瀑風も飛沫もまだマシである。あまりの水量と瀑風とにめげて、早々に引き上げる。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【遊歩道途中から栴檀轟 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 登り返しの遊歩道途中で、撮影しておこう。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【梅ノ木轟 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 次は国見岳へのアプローチだ。川辺川沿いのR445に出て、樅木へと向かう。樅木林道を進んで行くと、法面崩壊で工事中の箇所があり、この大雨で今にも崩れて来そうであった。さすがに、レンタカーごと閉じ込められるのを、警戒せざるを得ず、国見岳登山を断念して引き返す。

 仕方無いので、梅ノ木轟(うめのきとどろ)を見物しに向かう。R445に戻り、谷内川沿いを登って行くと、梅の木轟公園吊橋のすぐ先に、駐車場がある。車を停めて身支度し、立派な吊橋を渡って、遊歩道を辿る。対岸を下流側へ少し歩くと、右岸枝沢沿いに遊歩道は続く。枝沢を渡り、階段を登ると、沢は右に折れて、梅ノ木轟が懸かる。

 これにて雨の中の滝見は終了し、熊本空港近くの温泉へと向かう。
 '11感動の滝見十傑の第四位は、09/18 MR674 天竜川鳴瀬沢鳴瀬滝偵察(北遠)(静岡県浜松市天竜区)。大輪橋右岸側からのアプローチで、F5鳴瀬滝から上流側を偵察する予定だったのだが、アイスハンマーを担ぐのを忘れた上に、あまりの暑さにめげて、F5右岸側斜面を巻いて偵察し、そのまま右岸獣道を下降して、F3上に降りた。
 
イメージ 1
【鳴瀬沢溯行概念図】クリック最大化してご覧下さい
 
 大輪橋を渡り、ガードレールを越えて、杣道に入る。この杣道には、所々に、金属製の桟道や、鉄塔などがある。戸口集落からの杣道よりも、良く踏まれているようだ。やがて、明瞭な分岐がある。ここは、迷わず左上に登る道を辿る。
 
 左上へと続く杣道を進むと、やがて人工的な幅広の水平道形に出る。これを辿って、沢へと接近してみよう。幅広水平道形を進むと、予想通り、傾斜のある護岸水路に架かる、下の鉄橋に出た。傾斜のある護岸水路を見上げると、前回渡った上の鉄橋が見えている。下の鉄橋から万一転落した場合、一気に下流まで滑落することになりそうなので、この鉄橋を渡るのは止めておこう。

 上の鉄橋は、傾斜のない護岸水路に架かっているので、取り敢えず、右岸を登ることにする。右岸の草付斜面を登っても良かったが、幅広水平道形を少し戻り、藪を漕いで上の鉄橋へと向かう。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【F1 μ-725SW】
 
 上の鉄橋付近に出てみると、前回目にした光景である。時間も惜しいので、F1・F2もチラ見しただけで、上の鉄橋を左岸へと渡る。藪を漕ぎつつ、崩れ易い斜面を登って、左岸杣道の角に出る。ここで、最初の休憩を入れる。あまりの暑さに大汗をかき、飲料の消費が激しい。

 アイスハンマーを車に置き忘れてきたので、担ぐ意味の無い、重いハーケン類は、ここにデポして行くとしよう。左岸杣道は、枝打ちや伐採?のためか、意外と荒れていて、前回と異なるルートを歩いているような感じさえした。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【F4下大岩ゴーロ μ-725SW】
 
 見覚えのある石垣状が現れ、左下にF3を見下ろす。そのまま進んで、F3を高巻き、巨岩の転がるF4下に出る。F4左岸岩壁を、少し戻るように巻いて登ると、バンド状をトラバース気味に、F5下へと向かう。少々悪い箇所もある。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【F5鳴瀬滝2段30m μ-725SW】
 
 やがて、F5が見えて来る。水量が多目なので、そう簡単には、F5には接近出来なさそうだ。それでも、慎重に接近を試みる。やはり飛沫と瀑風が強烈で、三脚を立てるのを断念する。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【F5鳴瀬滝2段30m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【右岸からF5鳴瀬滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 予定通り、木の根頼りに、右岸の急斜面に取り付く。今回は、アイスハンマーが無いので、結構シビアである。右岸急斜面に取り付いてみると、獣道状の薄い踏跡がある。木の根・草の根頼りに、右上気味に登って行くと、中段部分が良く見える、小尾根肩の小テラスがある。尤も、かなり不安定な場所であるが。
 
 右岸斜面上部は、次第に岩肌が露出気味になり、高巻くのは容易ではない。樹林斜面を左上し、尾根状の獣道を利用して、下降を開始する。これを慎重に下り、1回懸垂下降して、F4右岸の炭焼き窯跡のある平坦地に降り立つ。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【F3:20m2条 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】

 炭焼き窯跡平坦地から、さらに一段下降すると、F4下の巨岩帯に出る。下流を俯瞰すると、F3落口があり、左岸側には、F4下のテラスがある。ここまで来れば、一安心だ。テラスから、トラバースの左岸杣道に入る。

 折角なので、左岸トラバース道から、F3下へと下降する。今回は、途中からザイルをフィックスして、F3下の左岸バンドへと降り立つ。水量が多目なので、F3は2条ではなくなっていた。撮影後、ザイルを頼りに、登り返す。
 
 左岸杣道を下降し、上の護岸鉄橋を渡って、護岸沿いの草付斜面を下降する。水平道形から右岸杣道を辿り、大輪橋を渡る。本当に暑い一日だった。
 '11感動の滝見十傑の第三位は、11/04 MR679 海沢枠木沢右俣(奥多摩)(東京都奥多摩町)。2年ぶりの海沢訪問。前回溯行時、枠木沢右俣に興味を持ったのであった。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【海沢枠木沢右俣のGPS軌跡】
 
イメージ 2
【海沢枠木沢右俣溯行概念図】クリック最大化してご覧下さい
 
 今回、大滝・不動滝ゴルジュのルートは既知であり、さほど苦労しなかったが、枠木沢滝右岸巻きと、右俣奥ノ大滝については、かなり緊張した。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【三ツ釜滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 園地を通り抜け、三ツ釜滝を手持ちで撮影後、ネジレ滝へと向かう。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【ネジレ滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 かなり暗いけれど、ネジレ滝も手持ちで撮影し、海沢探勝路に合流する。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【大滝2段30m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 大滝滝壷下流で右岸へと渡り、落ち葉泥の被った右岸窪状に取り付く。ホールドを覆う落ち葉泥を?き退けながら、窪状を登る。今回は、滝框には下りず、そのまま右岸小尾根を少し登って、滝框右岸バンドを辿る。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【滝框右岸バンドより不動滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 滝框右岸バンドの立木の所で確保して、三脚を立てる。不動滝を撮影しよう。岩茸石滝右岸からも、不動滝を撮影する。岩茸石滝上で岩茸石沢を渡り、少し岩茸石沢左岸沿いに登って、不動滝右岸バンドに乗る。右岸バンドを忠実に辿り、落口尾根を登り気味に乗っ越す。落口尾根から、立木を利用して、斜めに下降すれば、ザイルを使用せずに、不動滝上流に降り立つことが出来る。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【枠木沢滝2段14m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 枠木沢滝は、右岸の凹角フェース状を登り、右手のカンテ状に乗る。目指す右岸バンド手前には、イヤらしそうな斜面トラバースが控えている。木の根頼りに、右上方へと登り、掘り出した木の根にスリングを懸け、急な不安定泥斜面をトラバース気味に斜下降して、右岸バンドに乗る。

 右岸バンドの立木にザイルを懸け、右下へと一段下降し、右上に登り返して、右岸テラスに乗る。右岸テラスの側壁には、ハーケンが打ち込まれた支点があった。右岸テラス側壁の支点を利用し、ザイルを懸けて下段落口上へと下降する。枠木沢滝上段4mを左から越え、枠木沢滝上に立つ。滝上は、平凡かつ籔っぽい。
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【奥ノ大滝第二段の7m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 二俣で小休後、涸れゴーロ状の右俣に入る。次第に傾斜が出て来て、籔っぽいナメが続く。主として右岸沿いに登って行くと、やがて右岸に涸れルンゼを見て、正面に奥ノ大滝らしき滝が出現する。
 
 倒木に覆われた、最初のスラブ滝を、右岸から巻いて、第二段7mの下に立つ。流倒木が敷き詰められた場所である。取り敢えず撮影後、正面から取り付き、少しシャワーを浴びつつ、倒木を利用して、中段バンド状に上がる。バンド状を、そのまま左上し、左カンテ状草付に逃げて登る。

 続く5m滑滝は、右岸から、一旦左壁を滝下へと降り立ち、右手の流倒木のジャングルジムを騙して登り、左岸斜面を登って巻く。左岸斜面から、7mトヨを覗き込むと、登るのは容易ではなさそうだ。7mトヨの左岸斜面を、さらに登ったが、落口へとトラバース出来ず、引き返す。

 7mトヨの下へと降り立ち、下降気味に右岸斜面に取り付く。木の根頼りの登りとなる。そのまま右岸斜面を登って行き、出口5mCS上へと下降する。奥ノ大滝上は、大岩の重なる伏流となる。涸れた石滝を越え、籔っぽい平流となった沢から離れ、左岸斜面を登ると、間もなく海沢探勝路の1075Mコルに出る。
 '11感動の滝見十傑の第二位は、10/09 MR677 石空川北沢大滝見物(南ア)(山梨県北杜市)。かねてより興味のあった精進ヶ滝上流の石空川だが、ふたちゃんと渡辺さんが北沢大滝を見て来たと聞き、早速出撃したのであった。
 
イメージ 2
【石空川北沢大滝見物のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
イメージ 1【石空川北沢大滝見物の溯行概念図】クリック最大化してご覧下さい
 
 精進ヶ滝林道からの右岸大高巻き道は、トラバースが途中不明瞭になり、かなり手強い。時間の余裕と、経験者同行が望ましかろう。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【二俣下滝6mと南沢出合滝10m2条 μ-725SW】
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【北沢出合ゴルジュと北沢出合滝5m μ-725SW】
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【南沢出合滝10m2条 μ-725SW】
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【三段12m μ-725SW】
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【堰堤トヨナメ8m μ-725SW】
 
イメージ 8
【前衛10m μ-725SW】
 
 やっと前衛10m滝下に至る。左岸には圧倒的な岩壁が聳えているが、ルートはその岩根沿いをトラバース気味に登るようだ。左岸にある僅かな水流のグズグズした凹角状に取り付いて、傾斜したテラス状草付に乗る。あとは容易で、左へ斜上し、水流のある枝沢を渡り、前衛上小滝の左岸を登って、大滝下の広場に出る。大滝下広場に出ると、その立派な姿が正面だ。時間的に到達は無理かとも思ったが、午後1時半過ぎ、何とか滝下に立つことが出来た。
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【北沢大滝50m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 何とか、午後2時前に、大滝下を後にする。あとは、時間との勝負。疲れた身体にむち打って、安全且つ迅速に北沢を下降せねばならない。そんなわけで、カメラを出す余裕は無く、帰り道の画像は、皆無である。
 
 ワイヤーの大岩下から、北沢出合滝左岸巻道に入り、下りでは二俣には降りず、踏跡を利用して二俣下6m滝下の砂浜へと下降する。そのまま右岸の薄い踏跡に入り、途中少し迷いつつも、例の花崗岩ルンゼ下部横断地点へと至る。既に、午後3時過ぎである。
 
 木の根岩場では、スリングを利用して、空身で登り、ザックを引き上げる。花崗岩ルンゼ右岸尾根を、ひたすら登って行くと、丁度1時間で、往きに明瞭な踏跡に出合った場所に出る。踏跡を辿って、花崗岩ルンゼ上部の軽登山靴デポ地点へと戻る。急ぎ、軽登山靴に履き替える。既に午後4時半である。
 
 踏跡を戻り、トラバースを始める。やはり、踏跡は薄くなるが、林床笹藪をトラバースして行くと、カレ窪状に接近する。下方に、より明瞭な踏跡を見付けて高度を下げ、苔生した岩の転がるカレ窪平坦地形へと、無事到達する。花崗岩ルンゼ上部から、僅か10分であった。往きに見付けた、林床笹藪斜面を登る踏跡を辿り、尾根に乗る。あとは、GPSを見ながら、踏跡らしき所をバンバン下る。薄暗くなった林の中を、気合で歩く。午後5時過ぎに、取付梯子を下って、精進ヶ滝林道に降り立つことが出来た。
 
 休む余裕も無く、林道を急ぐ。地蔵大橋でヘッドランプを装着し、午後6時前には、御座石林道終点の車に戻る。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事