感動の滝見十傑

[ リスト | 詳細 ]

その年の、感動した滝見十傑を振り返る。滝見亭の「年次別滝見十傑」と連携。'02〜'10年版をupしました。'11年版を工事中です。
記事検索
検索
 年が明けて、既に3週間だが、2011年を振り返り、感動した「滝見」のベストテンを挙げてみたいと思う。第一位は、10/14 MR678 石空川北沢大滝再訪(南ア)(山梨県北杜市)。その5日前の石空川北沢大滝見物と同じルートで、目印追加と途中滝撮影を目的に、北沢大滝(行者滝)を往復し、北沢大滝の姿を堪能したのであった。
 
イメージ 1
【石空川北沢大滝再訪のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
 いずれにせよ、北沢大滝(行者滝)日帰り往復は、かなり厳しい行程となる。
 
イメージ 2
【石空川北沢大滝再訪の溯行概念図】クリック最大化してご覧下さい
 
 精進ヶ滝右岸大高巻きも、北沢溯行も、それなりに充実した内容である。心して掛かりたい。今回は、厳冬期の行者滝氷瀑見物を想定しての、偵察を兼ねたものであった。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【南沢出合滝10m2条 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 完全凍結した厳冬期以外は、取り付くシマの無さそうな、ペロンペロンのスラブ滝だ。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【北沢出合ゴルジュ奥に懸かる北沢出合滝5m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 左岸カンテ状に取り付いて、出合ゴルジュを巻く。
 
イメージ 5
【3段12m滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 3段12m滝は、左壁を快適に登ることが出来る。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【堰堤トヨナメ8m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 右壁カンテ状を登り、左岸巻きのトラバース道に合流する。
 
イメージ 7
【前衛滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 左岸のグズグズした凹角状を登り、大岩壁下の草付外傾テラスに乗る。左上すれば、容易に前衛滝二つを越え、大滝下へと至る。
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【北沢大滝(行者滝) E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 紅葉の始まった行者滝。今回は、撮影するだけの時間的余裕がある。
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【南沢出合連瀑 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 二俣左岸巻き途中から、南沢出合連瀑を眺める。
 '10感動の滝見十傑の番外は、04/17 MR642_ 奥三界岳・川上川夕森渓谷(阿寺)(岐阜県中津川市)。
 
イメージ 1
【奥三界岳のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
 夕森公園ゲートから、阿寺山塊の奥三界岳を往復した際、川上川源流の滝を見物した。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【林道沿いに懸かる忘麟滝 μ-725SW】
 
 川上川右岸沿いの林道を歩いて行くと、右岸から落ちる枝沢に、忘麟滝が懸かる。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【林道沿いに懸かる銅穴滝20m μ-725SW】
 
 ゲートから20分ほど歩くと、右岸の枝沢に、立派な銅穴滝20mが懸かる。コンデジでお茶を濁し、先を急ぐ。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【木橋から昇竜滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 上を走る夕森田立林道までは、樹林帯の急登が続く。夕森田立林道に出ると、今度は林道歩きが続く。林道を歩くうち、堰堤の上に二重橋、そして昇竜滝が見えてくる。ここから奥三界岳を往復し、帰りに昇竜滝を撮影する。三脚がないので、手持ちスローだ。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【一ツ滝10m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 昇竜滝から夕森田立林道を30分強歩くと、銅穴滝への下降点に至る。下降点から、30分弱の急降下で、一ツ滝・アゼ滝への歩道が分岐する。かなり疲れてはいるが、折角なので、見物して行くことにする。右岸に付けられた道を辿ると、先ず、アゼ滝への下降点を通過するが、上流の一ツ滝を先に見物しに行こう。吊橋を渡って、左岸の道を辿る。分岐から20分ほどの歩きで、一ツ滝の滝壺前に至る。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【下段滝壺前からアゼ滝下段 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 吊橋を渡って、川上川本流右岸に戻り、今度はアゼ滝へと下降する。岩壁に打ち込まれた金具を頼りに川床へと降りて行く。アゼ滝は、2段25mほどの滝である。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【アゼ滝上段トヨナメ E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 垂壁を登り返し、今度は上段トヨナメを俯瞰気味に望む。こちらも、深い釜を持つ。なかなか、見応えのある、立派な滝である。
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【銅穴滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 銅穴滝は、川上川本流右岸の銅穴谷に懸かる、落差20m程の滝である。東屋のある場所から、滝の下左岸の岩の上へと登り、撮影する。またもや、手持ちスローに挑戦しておこう。林道をさらに15分で、ゲート前の駐車スペースに戻る。
 '10感動の滝見十傑の第十位は、03/19 MR641_ ヌク沢大滝遠望・下段偵察(奥秩父)(山梨県山梨市)。前年10月末に出掛けたヌク沢溯行で、大滝から左岸尾根に林道が見えた。逆にその林道から、大滝全景が遠望できるのではないか、と考え、その機会を窺ってきた。木の葉と藪が邪魔にならないこの時期を利用し、藪尾根で林道をショートカットし、大滝遠望と尾根経由での大滝到達とをトライした。
 
イメージ 1
【ヌク沢大滝遠望・下段偵察のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
 遊歩道を20分ほど歩くと、東屋とトイレがある。この辺りから、右手の斜面に取り付く。斜面に取り付いてから、約20分で、1280M肩に出る。ここからは、尾根がハッキリし、尾根上の踏跡も、カモシカや熊に良く踏まれているためか(足跡も糞も目撃した)、明瞭になる。1280M肩から40分の登りで、1510M付近の鶏冠山林道東線に出る。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【第一地点より大滝中段を遠望 E-1 ED50-200mmF2.8-3.5 EC14】
 
 林道を歩いて行くと、雪が残っている場所もある。20分強で、ヌク沢大滝が見えて来る。三脚を立て、望遠レンズをセットする。一頻り撮影し、三脚を担いで歩き始める。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【第二地点より大滝中段 E-1 ED50-200mmF2.8-3.5 EC14】
 
 二つ目のポイントで撮影後、三脚を仕舞い、林道終点まで移動しよう。途中、小落石の斜面もあり、油断は出来ない。右俣に懸かる橋からは、落差15mほどの2条滝も望まれる。林道終点は、ヌク沢二俣中間尾根上にあり、広場になっている。ここで小休し、ザックと三脚・望遠レンズをデポしよう。林道終点から、中間尾根正面の岩壁を左から巻くように、尾根を登る踏跡が着けられている。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【大滝下段中上部 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD EC14】
 
 中間尾根正面岩壁の左手に着けられた踏跡を辿る。ロープがフィックスされている。尾根に乗ると、明瞭な山道が現れ、大滝展望ポイントを探しながら、登って行くが、展望は得られない。15分ほど頑張り、1780M付近まで登ると、尾根が平坦になり、大滝へとトラバース出来そうな地形となる。
 
 なるべく水平に、獣道を拾ってトラバースを開始する。所々凍結した斜面もあるが、立木などを頼り、15分ほどで、見覚えのある大滝下段中ほどに到達する。撮影後、すぐに引き返すことにする。獣道を慎重に辿れば、さほど困難無く、中間尾根1780M付近に戻ることが出来た。林道終点に戻って、三脚と望遠レンズを回収し、往路を引き返す。
 '10感動の滝見十傑の第九位は、10/10 MR661_ モーカケ滝・竜ノ門滝見物(駒-朝日)(福島県檜枝岐村)。 かねてより、下から見上げてみたいと思っていた、モーカケ滝と竜ノ門滝を見物した。
 
イメージ 1
【モーカケ滝見物のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
 雨は上がったようなので、先ずは七入の駐車場へと向かう。駐車場からR352を渡って、七入沢を渡る車道を進むと、すぐにダート道が右に分岐する。このダート道が、沼山峠へ続く「尾瀬自然観察の森遊歩道」である。すぐに、七入山荘横で右後ろへ戻るように分岐する、モーカケ滝展望台へと続く踏跡に入る。踏跡は七入沢右岸沿いに進み、モーカケ沢出合近くで、モーカケ沢を木橋で渡る。

 モーカケ沢左岸に渡った踏跡は、小尾根を展望台まで登って行くようなので、ここからモーカケ沢に入渓して溯行する。さしたる難所は無く、七入駐車場から1時間、ついにモーカケ滝が現れた。逸る心を抑えて、大きめの岩を越えて行く。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【モーカケ滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】

 モーカケ滝直下に到達すると、両岸は切り立っており、展望台からの下降は、ちと無理そうで、下からの溯行が正解である。30分強の間、撮影するが、正面から見上げる滝は、素晴らしい。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【モーカケ滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 満足して、引き上げる。帰りは、45分で駐車場に戻った。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【竜ノ門滝のGPS軌跡】
 
 続いて、駒ヶ岳登山口へと向かい、竜ノ門滝駐車場を目指す。駐車場に着くと、駒ヶ岳の帰りなのか、登山者風の滝見客が展望台から下って来た。竜ノ門滝は、下ノ沢溯行時に、かなり手強いことを経験しているので、ザイル2本など登攀具も担ぐ。

 遊歩道を登り、木橋から入渓する。途中の深い釜を敬遠して、左岸巻の踏跡を辿るが、結構な藪こぎを強いられ、下降が悪い。草付斜面も不安定で難儀する。竜ノ門滝前衛ミニゴルジュには、左壁にシュリンゲが2本見えたが、通過が大変そうなので、例によって左岸巻に取り付く。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【竜ノ門滝 E-1 12-60mmF2.8-4 SWD】
 
 左岸小尾根の立木のある場所まで登り、これを支点として、懸垂下降用のザイルをダブルでセットする。タデのような大きな草が邪魔である。小尾根を下降して、ミニテラス状にて確保したまま撮影開始。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【竜ノ門滝 E-1 12-60mmF2.8-4 SWD】
 
 苦労して登り返し、また撮影する。期待したほどのポイントでもなかったが、違った姿の竜ノ門滝が撮影出来た。

 ザイルを回収して、慎重に下降する。例の深い釜の左岸巻に苦労し、あとはさほど問題無く、木橋に出てほっとする。駐車場に戻ったら、そそくさと宿に向かう。宿に到着して間もなく、雨が降り出した。
 '10感動の滝見十傑の第八位は、05/03 MR647_ 黒川表参道から有明山(北ア前衛)(長野県安曇野市)。滝見そのものは、妙見滝・白河滝ぐらいのものであったが、沢筋の雪渓、稜線の雪など、山行の難易度は、かなり厳しかった。
 
イメージ 1
【有明山黒川表参道のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
 立山室堂のみくりが池温泉に3泊して、残雪の立山を楽しんだ後、扇沢に戻って安曇野に泊まり、黒川表参道から有明山に登った。予想されたことではあったが、谷筋には残雪が多く、雪渓、雪壁、ルートファインディングに時間を食った。さらに稜線に出てからは、雪壁・雪稜・岩場も多く、ラッセル、ルートファインディングに、ますます時間を要した。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【黒川右岸妙見滝2段25m μ-725SW】
 
 黒川橋から妙見滝まで、2時間10分。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【黒川白河滝20m μ-725SW】
 
 妙見滝から白河滝まで、50分ほどだった。白河滝を過ぎると、小尾根に取り付き、登って行く。やがて左へ左へとトラバース気味に登り、黒川源頭の雪に埋まった窪状を詰めて、稜線に出るまで3時間。さらに山頂への縦走は、2時間20分かかった。
 
イメージ 4
【山頂鳥居と餓鬼岳 μ-725SW】
 
 既に午後3時半、半分遭難の時間帯だ。最短コースと思しき、有明荘へのエスケープを決める。期待していた真新しいトレースも皆無で、結構ヤバイ状況だった。
 
 ・2283P南面トラバース開始付近でルートを見失い、25分ほど徘徊した。一時は、本気でビバークを意識させられる。地形を見極めて、ここしかないだろうというルートを辿ると、古いトレースを発見する。アイゼンを外し、ツボ足で急ぎ下る。幸いヘッドライトのお世話にはならずに済んだが、有明荘に到着した頃には、薄暗くなっていた。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事