感動の滝見十傑

[ リスト | 詳細 ]

その年の、感動した滝見十傑を振り返る。滝見亭の「年次別滝見十傑」と連携。'02〜'10年版をupしました。'11年版を工事中です。
記事検索
検索
 '10感動の滝見十傑の第七位は、09/26-27 MR659_ 緑川越早滝見物・笹原川の滝見(九州中央)(熊本県山都町)。祖母山登頂後、緑川の越早滝見物に向かった。
 
イメージ 1
【緑川越早滝見物・笹原川鵜の子滝見物のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
 往きは、GPSがoffであったため、緑川に降り立ってからの軌跡となっている。緑川沿いは、両岸崖となっているため、軌跡は暴れ、あてにならない。帰路の登り返しは、ほぼ正解ルートと思われる。
 
イメージ 3
【案内図拡大 μ-725SW】
 
 国道から県道に入り、田所バス停にある町道入口に、鵜の子滝付近の案内図があった。どうやら、ここから細い道になるらしい。GPSとカーナビとを見比べながら、町道に入る。
 
 狭い農道の路肩に駐車し、廃道となった道形を辿るが、途中から完全に廃道化し、激藪を漕ぐ。藪尾根上を辿ると、突然舗装農道に出る。農道が尾根を外れる所から、再び薄い踏跡を探す。何とか、緑川に降り立つことが出来た。降り立った川原は、大矢川出合付近であった。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【越早滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD PL】
 
 時折徒渉しつつ、溯行して行くと、次第にゴルジュ状となってくる。大矢川出合から溯行すること40分ほどで、越早滝が見えて来た。 圧倒的な緑の壁。穏やかな流れ。荷物を降ろし、三脚とE-1を出してしばらく撮影に夢中になる。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【越早滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD PL】
 
 大矢川出合まで戻り、急斜面に取り付く。往きよりも踏まれた踏跡を辿って登り返すと、大矢川側の農地に続く、未舗装農道に出た。尾根上の舗装農道に合流し、これを辿る。やがて尾根上の町道下にあけられたトンネルを抜けて、町道に合流する。
 
 この日は、これでひとまず高千穂YHへと戻ったのであった。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【鷹滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 翌日、高千穂峡の真名井滝、三ヶ所の鵜の子滝見物後、矢部の鵜の子滝へと向かう。昨日越早滝へのアプローチに使った町道に入り、鵜の子滝遊歩道入口の駐車場へと向かう。
 
 駐車場から展望台を経て、15分ほどで鷹滝・鵜の子滝の展望所に至る。三脚を立てるのに、ちと苦労する。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【鷹滝・鵜の子滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 木枝が邪魔して、鵜の子滝の全貌は、撮影が難しい。
 
イメージ 7
【鵜の子滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 古い踏跡を発見し、怪しい階段などを騙して下り、笹原川と緑川の出合である桃源郷へと足を踏み入れる。しかし、水に浸かりたくなかったので、思ったほど鵜の子滝に接近出来なかった(T_T)。
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【展望台より五老ヶ滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 五老ヶ滝は、数ある矢部の滝の中で、最大と言われる落差50mを誇る。緑川の右岸支流である、鵜の子滝・鷹滝の懸かる笹原川に、その上流で右岸から合流する五老ヶ滝川に懸かる滝である。駐車場から下って行くと、小尾根上に展望台がある。
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【吊橋より五老ヶ滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 更に下ると、五老ヶ滝を正面に望む吊橋へと進む。幅広の側壁と、大きな滝壺が、立派である。
 
イメージ 10
【滝壺前から五老ヶ滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 吊橋からの撮影を終え、いよいよ滝壺へと向かう。やはり、滝は滝壺から見上げる方が、迫力がある。この滝見を最後に、熊本空港近くへと移動する。大津温泉岩戸の里で入浴・着替えをして、福岡空港へとひた走った。
 '10感動の滝見十傑の第六位は、07/30 MR653_ 飛騨川布川日和田大滝見物(木曾御嶽)(岐阜県高山市)。オフミで、木曾御嶽の王滝川百間滝を1泊2日で見に行こうという企画であったが、前夜の雨は上がらず、急遽予定を変更して、初日は布川の日和田大滝見物となった。
 
イメージ 1
【GPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
 高根町開拓の道路脇に駐車し、溯行準備。既に蒸し暑い。林道跡を下ると、地形図の破線に相当する踏跡があった。これを辿って行くと、布川の右岸枝沢へと下り着く。枝沢左岸沿いに進むと、斜面を登って行く踏跡が現れる。これは、ショートカットの踏跡であった。トラバース気味に小尾根を越え、笹藪の中を下って、布川右岸の水平道に合流する。そのまま進んで、布川右岸支流の内ヶ谷川を徒渉する。
 
 さらに籔っぽくなった踏跡には、アケビの小さな実が幾つも見られた。布川右岸の踏跡を辿り、やがて布川に降り立つ。川原沿いを進む。1215M右岸枝沢の流葉谷を見送り、大釜を持つ小滝で右岸の段丘に取り付く。段丘上の踏跡を辿って行き、再び沢に降り立つと、大滝はもうすぐだ。
 
イメージ 2
【日和田大滝下段 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 大滝下段は、比較的傾斜の緩い階段状スダレ2条滝。
 
イメージ 3
【日和田大滝下段 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 ひとしきり撮影した後、右から巻き気味に登って、上段下へと向かう。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【日和田大滝上段 E-1 12-60mmF2.8-4 SWD】
 
 中段から上段を見上げる。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【日和田大滝上段 E-1 12-60mmF2.8-4 SWD】
 
 中段は、2段10mほど。
 
イメージ 6
【流葉谷F1 E-1 12-60mmF2.8-4 SWD】
 
 帰路も往路を辿るが、右岸段丘の踏跡を辿った後、沢に下りて、1215Mの右岸流葉谷に入る。小滑滝左壁を登り、大釜を持つF1:8m斜瀑に至る。静かな雰囲気の、シンプルな空間だ。最後の撮影をして、引き上げる。
 '10感動の滝見十傑の第五位は、01/31 MR639. 薄川滝ノ沢・辺見岳(両神)(埼玉県小鹿野町)。
 
イメージ 1
【GPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
イメージ 2
【薄川滝ノ沢溯行概念図】クリック最大化してご覧下さい
 
 玉簾滝氷瀑を見物し、辺見岳まで登ろうと考え、薄川滝ノ沢を溯行した。雪は全くと言って良いほど見当たらず、滝の凍結度も低かったが、それなりに楽しい山行となった。
 
 滝ノ沢に入り、左岸沿いの杣道を進むが、下ノ滝も凍結度ゼロ。玉簾滝も氷瀑の期待は無理かなと、気分は落ち込む。下ノ滝の上流でゴーロに降り、655M右岸カレ枝沢出合を過ぎて、右岸斜面に取り付く。どうせ間ノ滝ゴルジュも凍結していないだろうから、ゴルジュ通しでは濡れそうだ。ゴルジュ内右岸トラバースも、結構大変なので、いっそのこと右岸高巻き杣道の利用を目論む。
 
 右岸斜面を40Mほど登ると、廃道化した杣道の道形に出る。この杣道、実はこの先、かなりヤバイ箇所があるのだ。トラバースの道形を辿って行くと、やがて眼下に間ノ滝ゴルジュを見下ろすようになる。この先のトラバースは、もはや道形とは言えないルートとなっている。急斜面の落ち葉に埋もれたルートを、足で慎重に探りながら、ピッケル片手に辿ることにした。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【玉簾滝氷瀑 E-1 ED9-18mmF4-5.6】
 
 氷の階段と枯れ枝越しに、玉簾滝氷瀑が見えて来た。左岸斜面を登って行くと、玉簾滝正面の斜面に到達する。玉簾滝は、一応凍結しているが、残念なことに、一部が崩落してしまっている。ここは、今回の主目的でもあるので、ザックを下ろして、撮影を開始しよう。テルモスのコーヒーを飲んだりして、ここで45分ほど費やした。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【玉簾滝氷瀑 E-1 ED9-18mmF4-5.6】
 
 再びザックを背負い、斜面を下って玉簾滝下流に出る。右岸のカレ枝沢のゴーロを少し登ると、凹角状があるので、木の根頼りにそこを登る。玉簾滝落口上も、凍結は甘い。3mCS滝は、水流沿いの氷を騙して登る。

 一昨年は、完全凍結していて中央突破出来た2段10m滑滝も、今回は'02-06の時と同様、下段は左壁を登り、上段はそのまま右岸を木の根頼りに小さく巻く。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【左俣ノ滝氷瀑 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 1010M二俣手前の8m滝を左岸ルンゼ状から巻き、二俣の上の左岸ルンゼを下降する。凍結した左俣滑滝群を慎重に越えて、左俣ノ滝直下へと迫る。左俣ノ滝は、垂直部分が15mほど、その上に10mほどのトヨナメ部分がある。垂直部分の下に、滝壺と思しき場所まで5mほどの滑滝状があるので、全部で落差30mほどであろうか。
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【下から見上げる左俣ノ滝氷瀑 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 帰りは凍結滑滝を避けて、二俣へは下らず、右岸斜面をトラバースし、1020M左岸枝沢出合へと簡単に到達する。ここは、一昨年のツメルート入口である。今回は、全く雪が無い。小休の後、ゴーロ沢に沿って登って行く。
 
 1180M岩峰西コルで腰越尾根に乗り、1280M倉沢ノ頭を経て、辺見岳へと登る。一位ヶタワへと縦走し、清滝小屋経由で、日向大谷へと下山した。
 '10感動の滝見十傑の第四位は、08/01 MR655_ 梓川右岸障子ヶ瀬雲間滝見物(北ア)(長野県松本市安曇)。王滝川百間滝オフミの翌日は、あっきーさん、渡辺さんと、雲間滝を見物したのだった。
 
イメージ 1
【梓川右岸障子ヶ瀬雲間滝見物のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
 オフミ3日間のベースであった道の駅日義木曽駒高原を撤収し、ガソリン残量を気にしつつ、県道26号線経由で奈川渡ダムから国道に入り、雲間の滝トンネル南口に架かる橋へ向かう。
 
 トンネル南口から踏跡を辿り、梓川から障子ヶ瀬左岸沿いに溯行する。歩き始めから、暑い。予定通り、左岸枝沢に入り、急なゴーロを登ると、左岸にスラブ状ルンゼを分け、枝沢本流には水流ある小滝が懸かる。これを簡単に越えると、堰堤が現れる。

 水を補給して、小休止する。右岸の小尾根に取り付き、しばらく直登を続ける。適当な標高になった所で、左へとトラバースを開始する。崩れ易い崩壊ガレ斜面や、急な草付斜面を交え、樹林斜面をトラバースして行く。やがて、滝音が聞こえ、草付の向こうに、飛沫が見えて来た。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【雲間滝上部二段 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 樹林帯から草付斜面を下り、草付テラスに出る。雲間滝上部二段を正面から望むことが出来る、素晴らしい展望台だ。滑り易いので、あまり自由度は無いが、三脚を立て撮影を始める。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【雲間滝上部二段 E-1 ED9-18mmF4-5.6】
 
 超広角レンズに換えて撮影する。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【最上段を真横から E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 堪能した後、草付斜面を登り、藪を漕いで最上段へと近付く。真横の草付小尾根に出て、細引で確保しつつ、撮影を試みる。
 
 さて、そろそろ引き上げよう。藪を下って、往路をトラバースして行く。急な草付斜面や、崩れ易い崩壊ガレ斜面を横断し、左岸枝沢に近付いた所で、小尾根を下降する。ルートを上手く選んで、左岸枝沢に無事下り着く。下り着いたのは、堰堤と小滝との中間地点付近である。

 ここで小休止して、水分を補給する。あとは、流木を利用して小滝を下降し、ゴーロを下る。障子ヶ瀬本流左岸沿いに下って、左岸踏跡に上がり、雲間の滝トンネル南口へと向かう。汗だくになって、車に戻った。
 '10感動の滝見十傑の第三位は、07/20 MR652_ 梓川横尾谷左俣左沢から北穂池(北ア)。一ノ俣谷を山田滝まで往復した翌日、雪渓が大量に残る横尾谷左俣へと向かった。
 
イメージ 1
【横尾谷左俣左沢から北穂池のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
 この日は、横尾本谷左俣で北穂池ノ滝を見物し、左沢から北穂池の台地に乗り、東稜コルを越えて、涸沢へと入った。北穂池ノ滝から涸沢までは、昨年にTs君と辿った時とほぼ同じコースである。ただし、今回は雪渓の規模が大きく、軽登山靴に軽アイゼン・アイスハンマーのみでは、かなり難易度がup していた。
 
イメージ 2
【2320M付近から北穂池ノ滝と奥二俣 μ-725SW】
 
 横尾山荘を5:20に出て、本谷橋で休憩後、そのまま本谷左岸沿いに進んで行くと、丈の高い夏草に覆われた踏跡を辿るようになる。途中何度か踏跡を見失い、藪漕ぎを強いられる。本谷は水量が多く、とても沢通しには歩けない。 本谷橋から1時間強歩いた小沢で、水を補給して小休止する。やがて右岸から涸 沢が出合い、そのまま本谷左岸の岩々帯を進むと、雪渓が出現する。スノーブ リッジ状に、谷全体を覆うような幅広の雪渓が断続する。
 
 涸沢出合から1時間弱で二俣だが、右俣の水量が多そうなので、二俣手前の雪渓を利用して、本谷右岸へと渡った。二俣では、右岸沿いに左俣へと入り、大岩の上で休憩する。左俣を見上げると、ほとんどビッシリ、雪渓が繋がっているのに驚かされる。左俣を渡渉して左岸のスノーブロックに乗り、石滝を越えて、左俣のゴーロを登って行く。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【2320M付近から北穂池ノ滝 μ-725SW】
 
 雪渓の上を、1時間強登った頃、北穂池の台地から落下する、落差約100mの北穂池ノ滝下に至る。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【北穂池ノ滝 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
 昨年の撮影ポイントである左岸斜面の立木小テラスにザックを下ろし、三脚を立てる。
 
イメージ 5
【北穂池ノ滝と左沢へ続く雪渓 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
 大休止後、奥二俣を左沢へと入るが、谷を埋め尽くした雪渓が、次第に傾斜を強めて続いている。途中から、雪渓を脱出し、右岸側シュルントに降りて、岩壁伝いに登るが、かなり苦労する。岩登りには杖が邪魔なので、やむなく捨てて行く。北穂池の台地への取り付き入口である取付右岸枝沢まで、到達が困難だったため、取付右岸枝沢の右岸小尾根と思しき岩稜に、手前側から取り付いて登った。途中からブッシュも利用できて、この小尾根に乗ると、見覚えのある取付右岸枝沢の滝が現れた。
 
 一安心して、草付斜面を登り、右岸小尾根(取付小尾根)に再度乗る。あとはひたすら立木利用の腕力ターザン登りだ。やがて傾斜が緩んで、台地のブ ッシュ帯に入る。昨年は少し登り過ぎたので、今回は早めに左へのトラバースを心掛ける。ナナカマドなどの低木が這うように密生する藪を、トラバース気味に漕ぎ進むのは、結構大変だ。ブッシュ帯を抜け草地に出ると、目前に北穂池の台地の大雪田が広がる。取付小尾根に乗ってから、30分だった。
 
 大雪田を左手へトラバース気味に登り、雪に埋まった一ノ池へと向かう。それから北穂東稜の2814へと登り、東稜ノコルから、Y字ルンゼと北穂沢の雪渓と格闘し、涸沢へと下ったのだった。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事