感動の滝見十傑

[ リスト | 詳細 ]

その年の、感動した滝見十傑を振り返る。滝見亭の「年次別滝見十傑」と連携。'02〜'10年版をupしました。'11年版を工事中です。
記事検索
検索
 '10感動の滝見十傑の第二位は、07/18-19 MR651_ 梓川一ノ俣谷往復(北ア)。毎年恒例になった涸沢定着。前年・前々年に引き続き、定着前に一ノ俣谷の偵察を行ったのだった。
 
イメージ 1
【梓川一ノ俣谷往復のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
 この日は、登山道が廃道化して久しい一ノ俣谷を、山田滝まで往復した。山田滝は、前々年、二ノ俣谷から中山ノコル越えで一ノ俣谷上流に入り、メガネを破損しつつも、常念滝、山田滝を見物して常念小屋へとエスケープした際の引返点だ。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【七段入口滝 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
 横尾山荘から一ノ俣橋まで歩き、渓流靴・ハーネス・ヘルメット装着で溯行準備し、右岸踏跡を少し辿った所で、不要な軽登山靴などの荷物をデポしておく。そのまま右岸の藪を漕いで進み、旧道の渡渉点と思しきあたりで、左岸へと渡る。水量は、結構多めだ。適当に藪漕ぎしつつ二段滝と思しき場所まで至ると、右岸のガレルンゼから大量の岩石が押し出しており、このために二段滝が埋まってしまったのだろうと納得する。谷が開けているのはここまでで、GPSも正確だった。

 二段滝のすぐ上流から、谷が狭くなり左へ曲がる。左岸の旧道と思しき踏跡を辿るが、かなり崩れかけている。まもなく谷へ降りて、ヘツリを交えて進めば、七段滝ゴルジュの入口滝2段10mに至る。前年の一ノ俣谷偵察でも、この滝までは何とか到達したのだが、あまりの水量にめげて、引返したのであった。
 
 さて、ここから先は、未知の領域である。左岸岩壁に取り付き、草付から高巻く。どうやら正解ルートのようで、古びたロープが見付かる。七段入口滝隣のルンゼを横切り、草付からブッシュ帯を登り、小尾根を越してトラバースして行く。やがて錆びた鎖の付けられた岩場を下って、七段滝ゴルジュの中の、S字状連続トヨナメ滝8x15mの下に出る。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【S字トヨナメ滝 μ-725SW】
 
 S字トヨナメを左岸バンドから巻いて行くと、その上流で谷は左に折れ、正面には、何やら物騒な岩壁がそそり立っている。左岸のコーナーにはルンゼがあり、これを慎重に横断する。谷底にクランク状川原が見える。
 
 その先の左岸大岩壁の高度感のあるバンドを登って行くと、谷は右へ折れ、木枝で谷底が見えなくなる。隠れた滝がありそうだが、謎である。やがて踏跡は崩壊地に突き当たり、谷へと下る。そこが第二の徒渉点で、休憩とルート工作に1時間20分も費やした。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【一ノ俣滝 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
 徒渉後、右岸をヘツって行くと、立派な滝に出くわす。大きな滝壺に豪快に落下する直瀑で、落差10-12mほどだ。これが一ノ俣滝に違いない。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【山田滝 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
 やがて、左岸から2段12mの滝を懸けた枝沢が出合う。これが、見覚えのある山田滝だ。ついに、一昨年の上流側からの引返点に、到達したのだ。一通り撮影して、休憩後、満足して帰途に就く。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【一ノ俣滝 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
 往きには暗い感じだった一ノ俣滝も、陽が当たって、明るく感じる。
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【左岸大岩壁のバンド μ-725SW】
 
 例の高度感溢れる左岸岩壁のバンドを下り、ルンゼを渡る。
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【七段S字トヨナメ滝 μ-725SW】
 
 さらにバンドをトラバースして、ガレ窪を下れば、S字状トヨナメ下に降り立つ。
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【七段入口滝 E-P2 ED9-18mmF4-5.6】
 
 ここまで下れば、かなり安心感が出てくる。
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【七段入口滝右岸ルンゼ μ-725SW】
 
 入口滝の滝壺前から、巨大なチョックストーンの連なる右岸ルンゼを見遣る。左岸をヘツり、二段滝跡へと戻れば、谷が開け、少し下ってから、適当な所で右岸へと渡渉する。あとは、右岸沿いに、藪漕ぎとヘツリで進む。
 
 あと少しで一ノ俣橋という右岸小沢の所で、食いバテ症状が出たため、思わず休憩して、行動食と水を流し込む。残り僅かな藪漕ぎで、デポを回収し、一ノ俣橋で登山道に出る。ここで渓流靴を脱ぎ、溯行用登攀具を外して、広げて干しつつ、休憩しよう。ザックのパッキングをして、横尾山荘まで戻ると、16:55だった。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【一ノ俣谷溯行図】
 
 2010年を振り返り、感動した「滝見」のベストテンを挙げてみたいと思う。第一位は、07/31 MR654_ 濁河川兵衛谷から王滝川百間滝往復(木曾御嶽)(岐阜県下呂市・長野県王滝村)。前日、布川日和田大滝見物で過ごし、道の駅日義木曽駒高原で1泊した我々は、いよいよ百間滝日帰り往復を決行したのであった。
 
イメージ 1
【兵衛谷から王滝川百間滝往復のGPS軌跡】クリック最大化してご覧下さい
 
 暗いうちに道の駅を出発し、濁河温泉入口の駐車場に移動する。予想に反して、小雨が降ったりして、少しめげる。5時過ぎに歩き始め、少年自然の家付近から左に入る林道を辿る。兵衛谷へと下って行くと、建設中の橋に至る。袂から左手へトラバースし、入渓する。結構水量が多くて、徒渉が大変そうだ。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【兵衛谷ゴルジュ帯1760M付近の滝 μ-725SW】
 
 兵衛谷に下って、いきなりのジャンプで左岸へと渡り、少し進んでから右岸へと渡る。その後は、巻き気味に右岸沿いを進む。30分ほど溯行したところで、右岸の杣道入口を発見する。帰りは、この杣道を辿ろう。さらに少し進んだ所で、単独男性に追い付かれた。これが瀑岐さんだった。
 
 総勢6人になって、前進する。次の徒渉点1700M付近で、すうじい水没し、流されかけたが、仲間に助けられ、事無きを得る。ズブ濡れになると、さすがに寒い。1710M右岸枝沢出合を過ぎると、ゴルジュっぽくなってくる。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【兵衛谷ゴルジュ帯1840M付近の滝 μ-725SW】
 
 1840M付近では、右岸が赤茶けた大岩壁となり、滝場となる。右壁を直登したり、左岸から巻いたりするが、悪い所もある。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【パノラマ右:尺ナンズ谷出合滝 μ-725SW】
 
 兵衛谷1840M付近の滝場を過ぎると、やがてパノラマ滝となり、左:シン谷と右:尺ナンズ谷の出合である。尺ナンズ谷の出合滝の左手には、幾筋かの白濁水流の滝が懸かる。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【パノラマ左:シン谷出合滝 μ-725SW】
 
 左奥に懸かるシン谷出合滝の側壁は、赤茶けている。ゆっくり見物している余裕もなく、右岸草付から、パノラマ滝右岸巻きに取り付く。残置ロープを利用して、かなり急な高度感のある高巻きを開始する。50mほど登ると、傾斜が緩み、シン谷右岸岩壁沿いに、森の中を進む。20分ほどで、シン谷へと下降し、滝上を徒渉する。
 
 シン谷左岸の樹林帯に突入し、トラバースを開始するが、苔生した倒木が積み重なった林床で、腐っているため度々踏み抜く。次第に傾斜が急になり、そのままトラバースを続けると、崖の上に出そうだ。思い切って下降開始すると、白濁した小沢を横切り、尺ナンズ谷出合滝の少し上流に降り立つ。
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【尺ナンズ谷1950M三段滝 μ-725SW】
 
 小休止の後、尺ナンズ谷のゴーロを進む。1950M付近で三段滝が現れ、左岸から巻き気味に越える。
 
イメージ 9
【崩壊斜面を登る μ-725SW】
 
 2000M付近まで来ると、左岸側の県境尾根が低くなり、そこに崩壊斜面が広がる。少し前後を偵察したが、上手いルートが無いので、ガレの詰まった溝状を登ることにする。結局、左岸崩壊斜面の一番下流側に近い所を登ったことになる。
 
 崩壊斜面を登って、樹林帯に入ると、薄い藪を進む。県境尾根の、2060Pと2035M鞍部の中間付近に出る。この辺り、比較的平坦な地形で、水さえあれば、快適なテントサイトになりそうだ。
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【待機地点付近から百間滝 μ-725SW】
 
 何となく踏まれていそうな、歩き易い所を選んで、南へと下る。やがて水流のある沢が現れる。この王滝川右岸枝沢の右岸沿いに下るが、次第に傾斜が強まる。獣道状を辿って、沢の左岸へと渡り、小尾根に乗ると、百間滝が姿を見せた。
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【王滝川百間滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
王滝川の百間滝は、噂に違わず、素晴らしい滝だった。百間滝右岸には、急な草付斜面が広がり、小沢が白糸状に滝を懸けている。何はともあれ、取り敢えず滝の撮影だ。短い時間であったが、しばらく撮影に集中する。
 
イメージ 12
【王滝川百間滝 E-1 ED9-18mmF4-5.6】
 
 既に正午を過ぎているため、切り上げのタイミングが重要だ。沢の中で暗くなったら、アウトである。午後1時少し前、後ろ髪を引かれつつも、心を鬼にして引き揚げよう。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【パノラマ滝左:シン谷出合滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 尺ナンズ谷右岸斜面に取り付き、登る。往きと同じ徒渉点に出て、シン谷を渡り、右岸に乗る。パノラマ滝下への下降は、一部、往きと微妙に異なるルートを辿ったようだ。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【パノラマ滝右:尺ナンズ谷出合滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 シン谷出合滝と尺ナンズ谷出合滝を撮影後、兵衛谷を下る。1840M付近の滝場を左岸から巻いて下り、一ヶ所懸垂下降も交え、どんどん下る。朝方より、少し水量が減ってはいるようだが、朝の水没事件のトラウマもあって、徒渉はちとイヤであった。1710M右岸枝沢出合でゴルジュは終わるが、まだまだ油断は出来ない。さらに30分ほど下って、やっと右岸杣道入口となる。
 
 既に午後7時少し前、薄暗くなっている。ここからは、朝方杣道を歩いた瀑岐さんを先頭にして、泥んこの杣道をひたすら急ぐ。小沢を徒渉し、笹藪を漕ぎ、15分ほどで林道に出た。疲れ果てた身体に鞭打って、林道を歩く。駐車場に辿り着いたのは、午後7時半過ぎであった。
 '09年感動の滝見十傑の番外は、06/26 MR623_ 河原木場沢醤油樽滝見物(八ヶ岳)(長野県茅野市)。
 
 八ヶ岳西面の鳴岩川河原木場沢には、醤油樽と呼ばれるゴルジュがあると知り、この沢を溯行して天狗岳に登ろうと目論んでいた。だが、6月上旬のMR622 鳴瀬滝見物で足を滑らせ、膝を傷めてしまい、今回はリハビリ・偵察を兼ねての滝見となった。
 
イメージ 1
【コース案内図 μ-725SW】
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【一ノ滝3m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 遊歩道を15分ほど歩くと、一ノ滝と思しき3m滝の左に、梯子が架かる。遊歩道入口の案内板には、5mとあったが、どう見ても3mしかない。梯子を登って、右岸から一ノ滝を巻くと、滝上は滑床が続いている。滑床に懸かる丸木橋を渡って、左岸へと移る。この辺り、クリンソウの群生が咲いている。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【二ノ滝5m E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】

 滑床左岸沿いに進み、ナメ小滝の右手に架かる梯子を登る。その次のナメ小滝を左に見て、左岸を登ってゆく。左岸斜面をトラバースして行くと、両岸が狭まり、ミニゴルジュ状になった奥に、二ノ滝5mが懸かる。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【大滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 二ノ滝左岸トラバースを終え、大滝前衛ゴルジュの連瀑帯は、右岸から巻いて行く。岩壁下のテラス状まで登れば、醤油樽大滝が姿を見せる。ここから大滝下へは、アルミ梯子が架かっている。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【大滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【大滝 E-1 ED7-14mmF4】
 
 醤油樽大滝は、左壁がオーバーハングしているので、晴天時には撮影時間が問題となる。滝身に陽が当たるのは、午前中の限られた時間のようだ。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【大滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 右岸テラスから最後の撮影をして、大滝をあとにする。
 '09年感動の滝見十傑の第十位は、03/28 MR618, 海沢の滝見と大岳山(奥多摩)(東京都奥多摩町)。27年ぶりの海沢訪問。海沢の滝見をして、大岳山にも登ろうという企画である。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【三ツ釜滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 川原の探勝路を、5分も歩けば、三ツ釜滝に至る。撮影を済ませ、右手の階段を登って行く。階段を登ると、下から見えていた滝の上に、さらに釜を持つ二段の滝があることが判る。三ツ釜とは、これらの深く大きな釜を指しているのだと納得する。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【ネジレ滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 ネジレ滝は、ちょっとしたゴルジュになっており、上段の通過は、結構ややこしそうだ。ネジレ滝の撮影後、探勝路を利用して、大滝へと向かう。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【大滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 ネジレ滝から15分ほどで、大滝下に至る。なかなか立派な滝である。暫し、撮影する。大滝からは、右岸ルンゼを登ることにする。そうしないと、大滝上の不動滝滝框に入れないからだ。
 
 大滝の右岸側に、浅いルンゼがあり、これが大滝の巻きルートとなっている。腐葉土や枯木に覆われているが、これらを丁寧に除いて行くと、適度なホールドが見付かる。今回は、渓流靴・ヘルメット・アイスハンマーは車に残置し、長靴で来てしまったこともあり、次第に高度感が増し、ちとビビる。

 右手の大岩を回り込むと、落ち葉の積もった浅窪となり、少し傾斜が緩む。そのまま浅窪を詰めると、小尾根に乗り、そこが大滝上への下降点となっている。下降点からは、傾斜したバンド状が、大滝上へと下っているので、これを辿るのだが、長靴では滑りそうで、ちと怖い。立木にザイルを懸け、それに掴まって大滝上へと降り立った。
 
イメージ 5
【不動滝滝框 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 大滝上は、不動滝の滝框となっており、右岸からは岩茸石沢が岩茸石滝15mを懸けて落合う。岩茸石滝15mの水量は、極めて少ないのが惜しい。滝前には、大きな流木が横たわる。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【不動滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 不動滝は、落差10mほどで、上半分が2条となっており、立派な釜をもつ。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【右岸トラバースから不動滝正面俯瞰 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 滝框内の撮影を終え、ザイルを片手に掴んで、右岸小尾根上の下降点まで登り返す。この小尾根を少し登ると、トラバースのバンドがある。落ち葉の積もったバンドを、少し進むと、正面から不動滝を俯瞰できる場所がある。ちと狭いが、ザックを下ろし三脚を立てる。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 右岸バンドから岩茸石滝上へと登ると、滝框のかなりの部分を俯瞰できるのだが、大滝落口付近から滝下まで見えそうで、すごい高度感である。傾斜の緩くなった岩茸石滝上部を横切り、左岸のテラス状を辿る。テラス状から不動滝右岸小尾根に乗ると、眼下に不動滝落口と滝上の釜小滝を俯瞰出来る。小尾根を乗越す感じで、急な所を木の根頼りに下る。不動滝の上流は、うって変わって、穏やかに開ける。
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【枠木沢滝 E-1 ED12-60mmF2.8-4SWD】
 
 枠木沢に入り、10分弱で、枠木沢滝2段11mに至る。下段7mは、右手の岩棚から落ちている。少し右岸側を進むと、、上段4mが目に入る。枠木沢の源流には、奥ノ大滝が懸かるらしい。
 
 この後、海沢遊歩道に合流し、大岳山を往復する。
 '09年感動の滝見十傑の第九位は、07/20 MR625_ 梓川一ノ俣谷偵察(北ア)(長野県松本市上高地)。毎年恒例になった涸沢定着。前年に引き続き、定着前に一ノ俣谷の偵察を行った。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【七段滝入口右岸枝沢 E-1 ED18-180mmF3.5-6.3】
 
 一ノ俣橋では、一ノ俣谷の水量に、かなり不安になる。取り敢えず溯行準備して、右岸の藪の中の踏跡を辿る。水量が多いので、徒渉をせず、右岸沿いに進む。左岸に顕著なガレルンゼを見て、さらに進むと、右岸に水流のあるガレ沢が出合う。一ノ俣橋から、1時間ほどの溯行だ。

 その先は、ゴーロで荒れた石滝状になっている。その少し手前で、左岸へと徒渉するが、水量が多いので、かなり緊張する。左岸は草地の段丘状となっており、・1776付近と思われる。

 左岸の段丘状の草地を登ると、谷は緩やかにS字状に曲り、両岸が狭まる。この辺りが、埋まってしまった二段滝と思われる。左岸に踏跡状が現れ、これを辿ると、トラバースの後、カレルンゼの所で、谷沿いに降りる踏跡と、カレルンゼ沿いに登る踏跡とに分かれる。

 ここに一部荷物をデポし、谷沿いを進むと、右岸に水量の少ない白糸状スダレ滝が懸かる。そのすぐ上流に、右岸から連瀑を懸ける顕著な枝沢が出合う。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【七段滝入口滝10m E-1 ED9-18mmF4-5.6】
 
 谷は右へと屈曲し、水量の多い10mほどの滝が出現する。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【同上 E-1 ED18-180mmF3.5-6.3】
 
 これが、一ノ俣谷七段滝入口滝10mと思われる。飛沫を上げ泡立つ様が、もの凄い。直登も小巻きも難しそうなので、撮影後デポ地点へと引き返すことにする。
 
 このあと、左岸カレルンゼからトラバースの踏跡を偵察するが、途中で突然踏跡が消失し、断念して引き返す。こうして、下流からの一ノ俣谷偵察は、七段入口滝で追い返されたのであった。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事