ここから本文です

書庫全体表示


皆さんこんにちは!南武線N1編成です!

今回は、実は管理人はPCを3つを持っておりまして(と言っても一応親から借りてることになってますが)、

  1. テレビの上に置いてある一応テレビで見る用の父の文庫本サイズの自作PC(?)(Corei5-4250U)
  2. 母が前使ってた2009年製だがSSDに換えたら爆速になったVAIO type C(Core2 Duo-忘れた)
  3. 父がそのコンパクトさに惹かれ買ったものの遅すぎて使えなくて5年以上放置されてたのを管理人が掘り起こした2008年製のVAIO type P(Atom Z540)
となっており、メインPCは1のPCなのですがテレビまで行かないといけないため、
普段は土日の何時間も作業するときは2のスペック高い方、平日短い時間作業するときや持ち運び用は3の重いクソPCを使って、
1のPCにWindowsデフォルトのリモートデスクトップで接続して操作しています。

ここからが本題です(遅い)

一昨日、3のPCで1のPCにリモート接続しようと思ったら、とにかく遅い。
1も3もWindows update後だったのでそれが原因だと思いますが、

とにかくカクつく。ウインドウ開くのが遅すぎる。

しかし2のPCからだとすんなりカクつかずに出来たのでリモートデスクトップのクライアント側(リモートする側)のバージョンを調べると、
2のPCはRDP8.1(?)、3のPCはRDP7.1(?)とバージョンが違いました。

さらに、RDP8.1だと遅いのが改善されるという情報もあったため、試しに3のPCのリモートデスクトップのクライアント機能をRDP8.1に更新、ついでにサーバー機能もRDP8.0まで更新できるとのことなので、一緒に更新してみました。

更新手順

参考サイトさん(こちら)の受け売りですが、

1.Windows 7 のサービスパック適用状況を確認する
  • Service Pack 1 以降であることを確認してください。
  • コントロール パネル>システムとセキュリティ>システム から確認できます。
  • 管理人のPCだとこんな感じです。
イメージ 1

2.アップデート用の更新プログラムをインストールする
  • 次の3つの更新プログラムをインストールしてください(管理人もよく分かってない)
  • 各PCに合った更新プログラムを下のリンクよりインストールしてください。
  • ダウンロードしたらこのような感じになるので、各アイコンをクリックして更新プログラムを上から順に(番号の小さい順に)インストールしてください。
  • どうやらKB2574819-v2とKB2592687はまとめてインストールして再起動できるようですが(それ以外でもできるかも)、それ以外のプログラムは一個プログラムをインストールしたらそのつど再起動してから次のプログラムをインストールしてください!(かなり面倒ですがまとめてインストールしようとしても「既存の更新プログラムを確認しています」と出たまま3分以上そのままだったので面倒でも一個ずつやった方がいいかと)
  • なお、オプションとして配信されていたようなので3つとも「もうインストールされています」と出ているようであれば、3.に進んでください。
イメージ 6


3.ローカルポリシーエディターをいじる
  • ここからは、サーバー機能側をRDP8.0に更新するために必要な設定です。(なのでサーバーとして使わない場合は4.まで飛ばして構いません)
  • はい、見慣れない謎のこのエディターですが、これはWindowsの根幹の設定をいじるエディターです。
  • なので、(間違えないとは思いますが)万が一変なところをいじるとPCがおかしくなる場合がありますので、注意して進めてください。
  • また、管理者アカウントからしかローカルポリシーエディターは変更できないので、管理者でログインしてください。
  • ローカルポリシーエディターを開いて、次のように進んでリモート デスクトップ プロトコル 8.0 を有効にする をクリック。
  • コンピューターの構成
    ┗ 管理用テンプレート
     ┗ Windows コンポーネント   
      ┗ リモート デスクトップ サービス
       ┗ リモート デスクトップ セッション ホスト
        ┗ リモート セッション環境
         ┗ リモート デスクトップ プロトコル 8.0 を有効にする
イメージ 2

イメージ 3

  • クリックすると画像のようなウインドウが出るので「有効」にして適用>OKします。
  • もう一つ、変更するので「接続」フォルダまで戻って、同じように進んでRDP トランスポート プロトコルの選択 をクリック。
  • コンピューターの構成
    ┗ 管理用テンプレート
     ┗ Windows コンポーネント   
      ┗ リモート デスクトップ サービス
       ┗ リモート デスクトップ セッション ホスト
        ┗ 接続
         ┗ RDP トランスポート プロトコルの選択

イメージ 5


イメージ 4

  • クリックすると画像のようなウインドウが出るので「有効」にし、
  • また「トランスポートの種類の選択」を「UDPとTCPの両方を使用」にして適用>OKします。
4.再起動&確認
  • ローカルポリシーエディターでの変更が終わったら、PCを再起動します。
  • その後、リモートデスクトップを立ち上げアイコンを右クリック>バージョン情報で

イメージ 7

  • このように出たら完了です。
  • 接続してみたところ、とてもサクサクに動くようになり、前からの課題だった動画がカクカクする現象や音声の音飛び・音ズレも改善しました!!(ただもともとのスペック的な関係で動画は改善したとはいえうまく見れないのは仕方ないですね())
  • 手順は大変ですが、リモートデスクトップが重い・遅い・音飛びや音割れする・・・といった方は是非試してみてください!
お疲れ様でした!!
快適なリモートデスクトップをお楽しみください・・・

最後までご覧いただきありがとうございました!!

↓↓帰られる前に1ポチっとお願いします!!↓↓



YouTubeもやっていますので、
下のバナーから是非、ご覧ください!


それでは、また次回!(*^_^*)

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事