原因は筋肉にあり その1

当院は鍼灸施術を中心に腰痛、坐骨神経痛、首痛、五十肩、膝痛などのつらい症状に対し、早期の改善を狙ってゆきます。  例えば、首痛、肩こり、五十肩などでは、長時間下を向いた姿勢の多いデスクワークの方が、首の後ろのほうのコリを悪化させてなることが多いと思います。  下向き作業を長く続けると、頭の重みを支えるために首の後ろの筋肉が働き続け、筋肉は縮みっぱなしの状態になります。すると、筋肉内の血管は圧迫されて首、肩、腕の血流は悪くなり、うっ血します。新鮮な酸素を含んだ血液が流れてこないため、酸欠の状態になり筋肉はさらに縮みっぱなしになります。  このような状態が長時間続くと首肩のコリになります。 悪化すると痛みが出るほどに神経を締め付けます。 そして、その状態が長く続くと神経の信号が伝わらくなるほど締め付けられるので、首すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

ギックリ腰はクセにならない!

2014/3/13(木) 午後 8:19

以前、40歳の主婦の方がギックリ腰で来院されました。 朝起きた時に何もしないのに動けなくなったとの事です。 年に何回か有るそうで、 「癖に成っているんですよね〜。」と言っておりました。 普段は月に2回程、整体に行っているそうで今回は整体院がお休みで旦那さんのご紹介で来院されました。この方整体とか ...すべて表示すべて表示

30代OLギックリ腰

2014/2/4(火) 午後 6:32

ギックリ腰で30代のOLが来院されました。 事務職なので1日中座って仕事をしています。 座っている時間が長いと大腰筋は収縮した状態が続き痙攣を起こします。 どの筋肉も長い時間収縮した状態が続くと、ふくらはぎが「こむらがえり」を起こすのと同じような状態を引き起こします。 つまり、ふくらはぎに痙攣が ...すべて表示すべて表示

今から数年前、母校の剣道部に後輩の腰痛を治療しに行きました。 治療を終えて稽古を観ていた時、どうにも一言言いたいという私の悪い癖が出て、大した理論も持ち合わせていないのに後輩達に駆け寄っていきました。 「だめだめ!踏み込みが悪いんだよ〜!」と踏み込みの手本を見せた時、右足を滑らせて右の腰からふくらはぎを通って指先まで電気が走りました。  や ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事