ここから本文です
母をたのしく! すべての母に産後ケアを@名古屋
NPO法人マドレボニータ准認定ボールエクササイズ指導士養成コース生になりました!

卵アレルギー、疑い

こんにちは。

NPO法人マドレボニータ 准認定ボールエクササイズ指導士
養成コース2期生の長野奈美@名古屋です。

きょうから向こう1週間は梅雨らしい天気の名古屋です。
洗濯物乾くかな~

10カ月・三女、卵アレルギー疑いです…

たまごぼーろを食べた30分後、嘔吐。
その後30分にわたり、3度ほど嘔吐しました。

湿疹などの症状は出ませんでしたが。

8カ月のころも、同じものを食べて1時間後に嘔吐しました
夫と三女が留守番の時間で、夫は「ミルクを飲ませすぎたかなあ?」と言っていましたが。

2つの出来事を考えると、たぶん卵アレルギーだろう…と。

長女は、ソバ、ピーナツ、スイカ、トマト、キウイなどと、花粉全般のアレルギーがあります。いずれも給食等で影響がある食物ではないので、花粉の時期に抗アレルギー剤を飲んでなんとかしのいでいますが。

卵となるとそいうわけにはいかない…

とりあえず、血液検査ですね。

10カ月になって、小麦もクリアして、鶏肉、豚肉、青魚類、と少しずつ食べられるものが増えてきたので油断していました

近くのアレルギー専門医を見つけて受診してきます。
それ以外の食品は出ないといいなあ。

イメージ 1
いないないばあ、ブーム。服の中に顔をつっこんで楽しそうに遊んでいます。

この記事に

開くトラックバック(0)

おはようございます。

NPO法人マドレボニータ 准認定ボールエクササイズ指導士
養成コース2期生の長野奈美@名古屋です。

きょうは早起き、朝活してます。
土曜日だから、たまにはがっつり子どもたちと遊びたくて(久しぶりに保育園・トワイライトに行かない日を設定しました)、その前に課題・体づくり終わらせちゃいます。

来週末は、模試の前なので、土日両方とも午前中の時間を練習に充てられるよう、夫に協力を依頼しています

さて、昨日予告していた「同期の取り組み・美しいオーラからわが身を振り返って気づいたこと」をきょうは、言葉にしていきます。
昨日のブログ記事「美しい母」もよろしければご覧くださ~い

きちんと言葉にして残しておかないと、きっと同じことを繰り返すから。


木曜日、ブログにこんなことを記しています。

2週間前に「インストラクター無理かもしれない」と崖っぷちに立たされて、そこから必死に2週間もがき続けてきました。
そして、この取り組み方にもだんだん冷静に自分を見られるようになってきて
「いやいや、私もっとできるはずよね。追い込めていないよね」と思うようになりました。

なぜ、私は限界までできてないのか??

先生からも、「このまま自分の何かを突き破れないと、人間臭くって、泥臭くて、それでもキラキラしている(←私がいつも先生を形容している言葉)インストラクターになれないかもしれないよ」と。

一番の課題はここだなあ。
どうしたら、もっと自分を追い込めるか。


追い込めない練習内容・時間

15分、30分単位で練習メニューを朝に決めて、それを黙々こなす日々。
でも、練習中に「あ~ここはきょうのうちにクリアしておきたいな~」ということを思っても、なかなかガッツリやってこれていませんでした。

なので、練習メニューをもっとざっくり組むことにしました。

1時間体づくりの時間、1時間ボールエクササイズの基本動作の習得の時間…
などなどざっくりと。

1曲分予定だった動作ができずに3曲分みっちりやったり、結局1時間ノンストップでボールの上で弾みまくりました。
そりゃあ充実感ありましたわ

教室は1時間弱、みっちり弾みます。
マドレの教室はかなりハードですよw
インストラクターはそれプラス、正しい弾み方で、お伝えする声も出していかなければなりません。

このその体力・持久力をつけるのにも効果的かな、と思いました。

練習方法はホント、手探りでやりながらやりながら改良をしていかなければいけません。
工夫・創造力の発揮です


できない自分を直視する

できない自分と向き合うのって本当につらいです。
大人になってから、自分の得意なことに囲まれて生きてきたからなおさら。
家事も仕事も、だいたい70~80点のところでソツなくこなしてきた(自分で言うのもなんですがw)私は、なおさらできない自分と向き合うのを避けていたのかもしれません。

なぜできないか、と理解し、がむしゃらに練習しないと、克服なんてできませんよね。

変なプライド?が、がむしゃらに行くのをブレーキかけていたかもしれません。


冷静に自分を見ている

でも、できていないのに「できた」と勘違いしているよりはいいかな、とは思っています。そこは自分の目を信じていいところかな、と。

まだできるはず!という貪欲さも捨てたもんじゃない。

強欲で貪欲なんです、私。

だからこそ、もっとできるはず!と思うんだな。


恐れず、おごらず、自分の気持ちに素直に謙虚に。

まだまだ自分のいいところにも、ダメなところともしっかり向き合っていきます。
実技試験まであと1カ月です!!


イメージ 1
昨日昼はご褒美ランチに行きました。14:15ぐらいまで体を動かして、大急ぎでシャワー浴びて、近所の15時までランチやっている喫茶店に行きました~
ヘルシーかつタンパク質をたくさん取れるメニュー。これで740円なり!!
こうやって、自分をご機嫌にさせる「スペース」をつくることも、意識的にやっていきたいと思います。


この記事に

開くトラックバック(0)

美しい母

こんばんは!

NPO法人マドレボニータ 准認定ボールエクササイズ指導士
養成コース2期生の長野奈美@名古屋です。


世の中には、キラキラした美しい母ってたくさんいますよね。

Oggi」の中から出てきたかのようなファッションで涼やかに保育園送り迎えに来る母。
こっちは朝すっぴんだというのにw 朝何時に起きているのか聞いてみたい!(あえて小さい字で書いてみたw)
 
学生時代のお友達もおしゃれなカフェでお茶して、なんだかステキなインテリアに囲まれた生活してるようだ。
instagramの投稿、おしゃれすぎるやろ、ってツッコミ入れたくなるわ!
 

もっと広い世界を見てみると、

家事を極めた系の人気ブロガー母、や

出産後数時間で髪を巻いて、産前と変わらぬ容姿で微笑みをたたえるキャサリン妃(イギリスのね!)

なんて、すごい母もいる。

イメージ 1
はい、この割烹着が似合うのは、今から2年ほど前の私w

 
私、きょうすごく美しい母に出会ったんです。
 
というか、
すごく美しいオーラを出すようになった、という変化を目の当たりにした、というのが正解です!

養成コース同期の和奈ちゃん。
30代前半(あえて正確な年齢は伏せておく)、3児の母です。
イメージ 2

 

養成コース始まった当初は、かわいいんだけど、どこか頼りなさげな感じ(失礼)も漂わせていた彼女。
 
大きな大きな壁にぶつかり、もがいてもがいて…
先週なんか、まっすぐボールで弾めなくなってしまって、泣きながら練習をしたんだと。
金曜日に課題動画を提出した後も、先生から「発声を見直さないとダメ」とか、ダメ出しが集中して。
同じくできていない自分の心配よりも、彼女のことを「大丈夫だろうか?」と心配していましたが。
 
きょう締め切りで提出された動画の中の和奈ちゃんは、先週までと違ったオーラをまとっていました。
 
たくさん泣いて、たくさん悩んで、がむしゃらにやったんだろうな。
 
ああ、美しい笑顔。
心から感動しました。
 
 
美しい母って、うわべの美しさじゃなくて、内から出てくるオーラのようなものがあると思うんです。

できていない自分とひたすら向き合って、それを乗り越えてきたからこその、美しい笑顔。
 
そんな和奈ちゃんが、もがきながら紡いでいる言葉もどうぞ、読んでみてください。
新井和奈ブログ「産後のホント」
 
 
きょうの和奈ちゃんの笑顔を見て、私も自分の取り組み方について、また新たにいろいろ考えました。
そのお話はまた、明日言葉にできたらな、と思います。
 

 
 
マドレボニータのいう「美しい母」とは、
「親となったことをきっかけに、自分自身の生き方に向き合い、人としての真の美しさを追求しようとする人のこと」マドレボニータHPより引用

ドロドロした気持ちも、うまくいかずにモヤモヤと悩む日々も、そんな自分も自分の一面、として受け入れる。そんな清濁併せのむ母こそが、美しい母だ、と。

マドレボニータはスペイン語で「美しい母」という意味です。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事