おだんごぱん☆★絵本の名前だよ♪

季節の変わり目のこの時期も良いですね♪

全体表示

[ リスト ]

夭折の画家・村山槐多


    村山槐多....1896年(明治29年)ー1919年(大正8年)22歳没

        
           夭折の画家村山槐多の作品を初めて見たのは
           信濃デッサン館でした。
           色使いなど異様な感じを受けましたが心に強く
           残った絵でした。
           昨日の新日曜美術館で紹介された風景画の絵などは
           はじめ見た絵とは違った色使いや構図で
           実際に見てみたいと思いました。
           特に房州を描いた絵は静けさの中の働く人の日常が 
           描かれており作者の絵の対象への尊敬も感じられ
           のどかで地に足のついた生活感がありました。
           
  
           22歳で亡くなってしまいましたので作品数はすごく少ないですが
           それでも18歳・19歳で二科展や院展で受賞していて早くから
           才能が開花していたと思います。
           愛知県岡崎で生まれ京都で旧制中学校時代を過ごして
           従兄である画家の山本鼎の影響もあって美術を志すように
           なり上京して日本美術院の研究生になります。

            ボードレールやランボーが好きだったようで
            詩作も多く度重なる失恋やデカダンな生活で
            体を壊したと言われています。

            女性の絵も多いです。
            年上の女性の美しさに惹かれたり
            少女の初々しさに惹かれたり
            恋多き青年だったわけです。


            下の湖畔と女は40代の女性だそうです。
            透き通った色白の肌が印象的です。


            青年村山槐多の内に潜む激しさと繊細さ
            そしてみなぎる生命力を実際の絵から見てみたいです。
            昨年100年間行方不明だった信州で描いた木炭画の二点が
            見つかったりまた今年の四月に油絵やパステル画など
            京都時代の同級生や知人たちが持っていた128点などの未公開
            作品が岡崎世界子ども美術博物館没後100年の展覧会が
            開かれています。。

            
            
       

                     自画像(1918年)
イメージ 2


        
        ガランス(深い茜、やや沈んだ赤色)を好んで使ったことでも
        知られています。。。


                      自画像
イメージ 3


            庭園の少女(第1回二科展に出品.人生初の入選/1914年)
イメージ 6

                                                          カンナと少女(第2回日本美術院展覧会・院賞受賞/1915年)    
イメージ 7



                      湖水と女
イメージ 1



バラと少女
イメージ 4


                      裸婦
イメージ 5



            岡崎の後は長野県の上田市で巡回展が行われるというので
            大好きな長野県での展覧会。
            俄然楽しみになりました。

            前期と後期で2回続けて
            行われるというので2回上田市に行く予定です。。

            夏の信州楽しみです。
            観たい未公開作品の展覧会とジョイントで♪

            
            

閉じる コメント(16)

顔アイコン

素晴らしい絵画ですすね

今年でwindows7のサーポートサービスが終了の為

windows7からwindoes10に機種変更しております

2019/6/24(月) 午前 11:33 [ とし ] 返信する

好みではありませんが、かなり個性の強い色使いですね。
上田ま2回も出かけられるとは、いつもながらの行動力、脱帽です。

2019/6/24(月) 午後 3:48 nonkig3 返信する

顔アイコン

夏の信州、しかも好きな絵を見に。最高ですね。
絵は余り良く分かりませんが、好みのものを見るのは好きです。
上田は、昔々行ったことがあります。
千曲川旅情の歌に惹かれて、千曲川のほとりで泊ったりしながら。
私も信州は大好きです。

2019/6/24(月) 午後 7:31 やま 返信する

アバター

としさん〜今晩は☆

強い色の色彩の画家だと思っていましたが
優しい色合いの風景画などいろいろな側面を持つ
若き画家の未公開の絵画を観てみたくなりました。。

機種変更されているんですね。。
それは良いですね♪

2019/6/24(月) 午後 11:42 nam**t7 返信する

アバター

nonkiさん〜今晩は☆

強い色彩ばかりではない優しい色合いの風景画や
最近見つかったという未公開のデッサンや木炭画など
観てみたいです。
昨日の日曜美術館を見ていましたら夏に上田に巡回するというので
是非行ってみようと話が即決まりました。
上田から松本方面か北信かあるいは群馬に下るか
または富山方面に向かうのも面白いかも...などど
展覧会に行ったついでにどの方面に行こうかと
話しています♪

2019/6/24(月) 午後 11:49 nam**t7 返信する

アバター

やまさん〜今晩は☆

やまさんも信州はお好きですよね。
わかります〜。
千曲川旅情の歌に惹かれてーーというの。
あこがれましたーー。
信州ー千曲川ーと聞くだけで気持ちが高揚しましたよ〜♪
わたしも一人で何回となく小諸や上田を訪ねましたが
この数年はちょっと臆病になって一人旅は行けなくなりました。
この画家は夭折の画家で22歳での作品です。若き情熱が
ほとばしっているように思えます。

2019/6/24(月) 午後 11:54 nam**t7 返信する

顔アイコン

22歳で亡くなったとは惜しいですね。
生命力にあふれていて、フォーヴィスムやキシコの絵画を感じさせます。抑圧された魂がじっと耐え忍んでいる感じです。
山本鼎も岡崎出身で上田でそだったとか・・。ゆかりの地なんですね。

2019/6/25(火) 午前 7:52 ギャラさん 返信する

顔アイコン

信濃デッサン館で槐多の作品を見た記憶があります。どんな作品が展示されていたか記憶に在りませんが、身体が動くうちに、家を出られるようになったら、無言寒と合わせて見に行きたいと思っていました。しかしデッサン館は3月に閉館するという記事を見つけましたがどうなったことでしょう。
今回、このブログで槐多の絵を見せていただき嬉しかったです。
上田を再訪したいです。

2019/6/25(火) 午前 10:58 Mt.Tokko 返信する

この方の名前は存じあげませんが
庭園の少女、カンナと少女、湖水と女、
薔薇と少女の絵は記憶にあります。
TVの特集で見たのだと思いますが・・・
我が家のバラ ただ今満開でして
バラと少女の絵の雰囲気好きです。

2019/6/25(火) 午後 4:23 [ ダンボ ] 返信する

アバター

ギャラさん〜今晩は☆

そうですねーーー。
メキシコの感じっていうのも成る程ですね。。
村山槐多は誰かの模倣という感じはありません。
いっとき西洋絵画の影響を受けて印象はっぽい絵を描いた
時もあったようです。。その絵を先日の番組で見ましたが
とても村山槐多らしくない絵でしたーー。
それから独自の世界にまっしぐらという感じがしました。
じっと耐え込んでいるいるという感じがありますね。
22歳ですから青年期真っ只中。
女性に対する思いも一途でままならなかったようです。。
山本鼎も岡崎出身なんですね。。
一時期山本邸で面倒を見てもらった時期があったそうですから
上田はゆかりの地なんですね。。

2019/6/25(火) 午後 8:29 nam**t7 返信する

アバター

とっこさん〜今晩は☆

とっこさんは独鈷山から来ているのを随分前に
ブログを通してお聞きしたのを覚えております。
無言館まで一人でとぼとぼ歩いて行った時に独鈷山という
字を見てとっこさんを思い出したものでした。
信濃デッサン館も無言館から歩いてその時に行ったのですが
それからまた今度は車で行って訪ねたのが2年前。
信濃デッサン館は夭折の画家の絵を集めた窪島誠一郎さんを
館長とする小さな美術館ですね。
そこのお庭からみる景色も素晴らしいのですが
とっこさんのご指摘の通り3月に閉館したそうです。。
最近の新聞記事で読みました。。残念ですね。
そこには村山槐多の一番有名な絵があります。。
その絵をどうするのかなぁ。。
是非とっこさん上田を再訪してくださいませ。
無言館はオリーブ館といって第二無言館ができています。
全国の若くして亡くなった方達の若き画家の絵がご家族から
届けられているそうです。。
わたしもまた無言館に行って志半ばにして逝った方達の
絵を見に行きたいです。。悲しいですが。

2019/6/25(火) 午後 8:38 nam**t7 返信する

アバター

ダンボさん〜今晩は☆

この方の絵の強烈なタッチに潜むものは??
と探ってみたくなりました。
東京美術学校出身の画家などが師弟関係で当時は幅を利かせていたと
思うのですが村山槐多は特別な美術学校は出ていないと思うのですが
それだけ独自性があって面白いと思います。
一枚の絵からいろいろな思いを想像してしまいます。
ダンボさんの青森のお庭のバラ、満開ですか。。
そこに佇むダンボさん。。
お写真を見てみたいです。。
バラと少女の雰囲気♪は少女の着ている着物のお端折りあるいは
上げてあるのかもしれませんがそこからも初々しい少女の
感じが伝わりますね。

2019/6/25(火) 午後 8:46 nam**t7 返信する

顔アイコン

ナミントさん おはようございます。
エネルギーをびんびんと感じる絵画です。
22歳とは惜しいです。
信州での展覧会 楽しみだわね。関西ではないのか調べてみようっと!

2019/6/26(水) 午前 9:09 [ hug*77 ] 返信する

顔アイコン

私もデッサン館で見た記憶があります。自画像だったかな?
絵画がお好きなナミントさん、大好きな長野県で開催される展覧会が楽しみですね。
私もそれほど遠くないので時間があったら行ってみたいです。

2019/6/30(日) 午前 10:47 [ うどん屋女将のひとりごと ] 返信する

アバター

hugさん〜今晩は☆

22歳...惜しいですね。。
どれだけ無念だったか。。
迷いのない線に素晴らしい才能だと思いました。
力強さは感じますが同時に上のコメントのギャラさんが
指摘してくださった抑圧された耐え忍んでいる感じーー。
わたしもそのように思いました。
上田行きすごく楽しみ。。です。

2019/6/30(日) 午後 10:24 nam**t7 返信する

アバター

女将さん〜今晩は☆

女将さんもデッサン館に行かれたことがありますか。
白州からはそう遠くはないのでしょうか。。
自画像ありました。。
あとあの有名な絵!!!!--驚きました。
テーマといい色使いといい。。
大好きな長野で開催、、最近はあえて都内ではなくて
巡回される地方都市で見るのが好みです。。
上田までは車で行く予定ですので途中の道の駅などにも
寄るのも楽しみです♪

2019/6/30(日) 午後 10:28 nam**t7 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事