おだんごぱん☆★絵本の名前だよ♪

季節の変わり目のこの時期も良いですね♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

母の見送り♩


 母の見送り♩ 
 学校へ行く時や
 出かける時は
 必ず玄関で
 姿が見えなくなるまで
 見送ってくれました。。

 子供たちと一緒に実家に
 行った時などは

 車で行きますが
 最初の頃は
 門から出てきて
 車のところのドアーまで
 きて見送ってくれて

 それから
 門のところまで

 それから門につかまって

 それから玄関のところまで

 それから居間のコタツのところで

 それからベッドで.....と母の見送りの場所が
 長い間に変わってきました。。

 最後まで旅発つ前の日まで
 母の見送りの声は
 さほど変わりませんでした。。

 気をつけてね。。
 忘れ物ない?と。

 私も子供たちや孫を送る時は
 母と同じことをしています。。
 もちろんオットにもです。。

 何かのことで
 見送りができなかった時は
 心残りがあリます。
 すぐに雑事に明け暮れて
 忘れますが...
 それは夜には戻ってきてくれるからですね。

   行ってらっしゃい
 気をつけてね〜は
 欠かしたくありません。

 会社や学校に行く家族を見送るのは
 普通のことですが

 母には戦時中に
 とても残念に思う悲しい体験があります。。
 疎開先の水戸での話です。

 1945年6月10日

  
  母の父は母の一番下の妹の命日が近くて
  お墓まいりに行きたいので
  会社を休むので
  その分日曜日にも関わらず
  出勤したそうです。。

  その頃母の母は心臓が弱くて
  床に伏せている時も多くなったそうです。。

  20歳を過ぎていた母は母代りに
  台所の仕事を手伝っていたようです。。

  その朝は日曜出勤の父が
  お弁当を作ってくれないか...to 
       頼まれたそうです。。
  台所には塩ジャケが置いてあって
  戦時中の食べ物の少ない中
  体の弱い母のためにとっておいたあったそうです。。

  父はこのシャケは?と聞いたので
  お母さんのためにとってあるのよ。。と答えたそうです。

  父はそうか..と答えたそうですが

  母は「お父さんは丈夫なのだから
  会社の食堂でも何かしらあるでしょう〜
  そこで食べてください」....と言って

  お弁当を作ってあげなかったそうです。。

  その時母の父はどのように答えたのか
  もうしばらくその話を聞いていないので
  私も忘れてきてしまいましたが

  残念そうにしていたのは確かだったと思います。

  母はお父さんにそのように言ってしまいましたが
  気になって急いでそのシャケを入れて
  お弁当を作って
  お父さんに持たせようとしましたが

  その日に限って
  お父さんはいつの間にか会社に行ってしまったのか
  あるいは声をかけてくれたけれど
  聞こえなかったのか
  道の方まで走って追いかけましたが
  
  姿が見えなかったそうです。。


   その日は茨城県日立に大空襲があったそうで
   その日を最後に
   母の父は戻らなかったそうです。。

    

 その話を何度となく聞いていました。。
 母の父への侘びと心残りと無念さとを思いますと
 私も悲しく

 そして日曜日なのにどうして出勤したのだろうと
 言っていました。。


  それからは母と体の弱い母の母と二人で
  毎日電車に乗って
  水戸から日立へと父を探しに出かけたそうです。。
  
  一つ一つ布をとって遺体を確認したそうです。。
  その時の勇気は今でも信じられないくらいに
  父に会いたさで夢中だったと言っておりました。

  それからどれくらいの時間が経ったのか
  ある日軍服を着た男性が家の方に歩いてくるのが
  見えたそうです。。

  お父さんが帰ってきたのかと思いきや
  その男性は

  玄関を開けるやいなや
  板の間に顔を伏せて

  〇〇くんは穏やかな最後でしたーーと
  頭を板の間につけて泣き伏していたそうです。

  母の父の最後は
  片手でもう一方の手を抑えていた......
      そうで
 

  母の父の最後を報告に来てくれたそうです。。

  戦争に行っていたわけではないですが
  疎開先の水戸に住み
  仕事先の日立で空襲に遭い
  それも日曜出勤
  見送りもなく

  一人で逝ってしまったわけです。

  母の両親のお墓は母の父の実家である
  水戸のお寺にあります。。

  母の父の兄が後を継いでいて
  今は母の従兄弟が後を継いでいますので

  それは救われます。。

  母がいた頃は
  一年に数回は水戸に行っていました。

    ..............


       いつも笑顔で
  どんな時も明るく
  見送ってくれた母の
  心中を思います。

 あの頃も一生懸命に母を励ましたつもりですが
 母の本当の悲しみの心を聞けていたかどうか....
 母の悲しみは永遠だったのでしょう。。
 

                     


  
  読んでくださってありがとうございます。
  秋の良い日に悲しい話で
  申し訳ありません。


  母の話が聞けなくなって
  段々と忘れてきてしまうのが残念ですが
  思い出すことをこれからも書いていきたいと
  思います。


  母の意外な一面も結構あリます(笑)
  
  次回はそれを♩
  
 

 

榛名の紅葉♩

♩  
 朝の8時くらいの榛名山
 
  
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

イメージ 8




  ビジターセンターもまだ開かず・・・

イメージ 6

 横川のおぎのやへ.....横川駅前の本店

     
イメージ 7


     10時の開店を待って一番乗り♪

      手前の大根のようなものはです。。

     サッサがおぎのやの釜飯を食べたいというのが
     今回の榛名山方面行きの一番の理由です。
     駅などでも買えますがその場所で食べたいというので。

     やっぱり駅などで買う釜飯よりも
     おいしく感じました。
     他に舞茸の天ぷらとお蕎麦。。
     両方ともとってもおいしくて満足した二人でした。
イメージ 9

          釜飯の容器は綺麗に洗って
          乾かしてお米一号を炊いてみました。。
          紙に書いておる通りに少し味付けをしました。。
          目は話せませんが短時間で炊けてまぁまぁ。
          次回はもう少し水分を足して
          きのこ類なども入れて
          工夫して炊いてみたいと思います。。

          それまで容器が持てば良いのですが..

                              以前の容器は火にかけたら破裂しましたーーー


    横川の駅のホーム♪
イメージ 10


  旧道の18号線を通って.....軽井沢へ♪

    おぎのやから少し走って
    18号線が分かれますが一瞬戸惑いました
    眼鏡橋のところを走りたかったので♩

   
   碓井湖
イメージ 11


眼鏡橋♪...群馬県安中市碓井川にかかるレンガつくり
  四連のアーチ式。
イメージ 12


   軽井沢までの道は紅葉して綺麗でした..
        車を止めることがままならず
   車からとる写真はイマイチ。。
   
   
イメージ 13



   クネクネの山道を走って
   走り着いたところが軽井沢。

   軽井沢は標高の高いところに出来た町ですね。


       秋の日の軽井沢までのドライブは最高でした。。


秋のドライブ♪


 このところ晴天が続いてやっと秋らしさを感じます♩

  昨日は私のお誕生日。
  もう嬉しくないお誕生日ですが
  
  お嫁さんや子供たちから
  色々よくしてもらって改めて
  じわじわと嬉しさが込み上げてきました。。

  長男はこの数年自分の目で贈り物を選んで送ってくれています。。
  それをお嫁さんが認めてくれているようで
  私も頂くプレゼントに感動して...
      だっていつも若めの身につける素敵なものばかりなんですもの。。
  
  今年はメールで
  「お誕生日おめでとう〜
 
  プレゼント送ったけれども
  届いたかなぁ。。

  ちょっと渋いかな....」と。

  出先で受け取ったメールになんだろう。。
  渋目のもの..ってと夢が膨らみました。。


  お嫁さんは
  横浜伝統の横浜スカーフ...
   
      次男は前に以前から欲しかった物を買ってくれて
  お嫁さんはわたしの好きなお茶関係の物色々.
      
      娘のサッサは
  優しい色合いの花束ーー

  そして車でどこにでもドライブに連れて行ってくれると..

      それはそれは嬉しいお誘い。

  そこで秋の榛名湖に連れて行ってもらいました。。
  紅葉の見頃で素晴らしかったです。。
   
  早起きをして途中のSAも楽しんで
  八時には榛名湖畔に着きました。。

   そこから釜飯で有名な横川のおぎのや..
         ここはサッサが行きたいところ..

    十時開店と同時に。


        紅葉真っ只中の旧18号線を碓氷湖や眼鏡橋に寄りながら走って
      軽井沢に向かうドライブで

      大好きな信州をまたまた女二人ドライブ。。
      寄りたいところによって
      食べたいものを食べて
      言いたいことを言って笑いこけ


      快適なドライブになりました。。


  ところで旦那さんと言いますと

     前の日のメールで

     ナミントさんのたんじょう記念日に
     何もしてあげられないので
     かわりに遠出の運転をかって出たサッサに
     手間賃をあげてください..
             僕のお小遣いから差し引いて下さい。。。とのこと

     ちょっと意味不明ですが??
     オットらしいメールでした。。


   ってなわけで思いがけないプレゼントや
   素敵な秋ドライブで

   とても心に残るお誕生日になりました。。
   みんなの思いやりに心から感謝です。。


     紅葉の榛名湖ドライブの画像は後日
     アップさせて下さいね。。

     母の好きだった歌の湖畔の宿♪は

     榛名湖を歌ったようです。。

     10月30日は
     母が私を産んでくれた日。。
     母への懐かしさも募ります。。

  
  

今日の庭♪


 今日は朝ご飯を食べたら 
 秋の庭のお手入れをしようと思っていました。


 庭のコキアは今年は色濃く
 何とか形も崩れず安泰です。

イメージ 1



イメージ 2


イメージ 3



 やっとやっと.....
    秋を感じた1日でした。。


             菊の蕾も膨らんで♩

         どこから飛んできたのかしら....薄桃色の小菊が♪

             蝶々も見えますか・・
イメージ 4




 例年なら
 お盆の後の夏の終わりから 
 初秋の風を感じ夜通し聞こえる虫の声♪
 彼岸花ー金木犀ーコスモス....
 十五夜...と秋の深まりを感じたものでしたが

 今年は失くした9月ーー10月の感じがあります☆


 11月は菊の香り。。
   
      秋楽しみたいです。


 油揚げが沢山ありましたので稲荷寿司を作りました♩
 毎回の微妙に味が違うおいなりさん。



                 甘めで美味しかったです。
イメージ 5



  絶妙の黄金比を決めたいのですが....。


 
 このところ日曜日の6時から
 ちびまる子ちゃんを見ています。。


 今日のちびまる子ちゃんは
 
  こたつ開きでした。。


 そうですねーーーー
 今ごろですねーーコタツをだすのは。
 今の生活はこたつがありませんが
 実家に居た頃は
 この季節はコタツ。

 ようやく落ち着いて過ごせた季節だった記憶が
 甦ります。


  こたつはそれぞれ座る位置が決まって居ます。。

  私の席は
  TVが見えづらい席でしたが
    
   
   
イメージ 6


   お部屋は温かな団欒の匂いがいっぱいでした。
  


  



栗とバトル!!!



 昨日今日と気持ちの良い秋晴れです♪
 
 布団を干したり 
 毛布を洗ったり大物の洗濯も進みました。


  友人が立派な栗を持って来てくれました。
  この秋にもう一度栗ご飯を作りたかったので
  うれしかったです。


             今朝......炊きました♪ホカホカの栗ご飯です
イメージ 1



       オットは昨夜から出張。。さっさと2人で精進料理のような朝ご飯。
       炊き立てのホッカホッカ栗ごはんでニコニコですーーーー。


          こんなときはちゃぶ台でご飯を食べたくなります。
イメージ 2




                      





  その栗はとても立派で
  今年は諦めた栗の渋皮煮を作る気になって
  しまいました。


         アケビの葉が可愛かったので乗せてみました。。
イメージ 3




  
   昨夜の7時から栗の渋皮煮を始めて
   終わったのは10時過ぎでした。

   一晩煮汁に漬けてから今朝お砂糖を少し足して 
   最後にブランデーをいれて大人の味の  
   栗の渋皮煮にしました。

   

    この栗は渋皮でかなり困らせられましたが 
    時間がたっぷりありましたので
    渋皮じっくりバトルにどうやら勝利したようです
    



          秋の午前に...家事をひと休みちょっと休憩です
イメージ 4





   昨年は4回挑戦して4回ともイマイチで
   お裾分けも出来なかったのですが
   今回はよい栗だったせいもあって
   まぁまぁの出来だと思います♪


     
     静かな午前です。
    沙羅の葉の色づきも 
    まもなく始まるでしょう。。

                   
  

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事