おだんごぱん☆★絵本の名前だよ♪

季節の変わり目のこの時期も良いですね♪

心のアルバム

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全186ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

夭折の画家・村山槐多


    村山槐多....1896年(明治29年)ー1919年(大正8年)22歳没

        
           夭折の画家村山槐多の作品を初めて見たのは
           信濃デッサン館でした。
           色使いなど異様な感じを受けましたが心に強く
           残った絵でした。
           昨日の新日曜美術館で紹介された風景画の絵などは
           はじめ見た絵とは違った色使いや構図で
           実際に見てみたいと思いました。
           特に房州を描いた絵は静けさの中の働く人の日常が 
           描かれており作者の絵の対象への尊敬も感じられ
           のどかで地に足のついた生活感がありました。
           
  
           22歳で亡くなってしまいましたので作品数はすごく少ないですが
           それでも18歳・19歳で二科展や院展で受賞していて早くから
           才能が開花していたと思います。
           愛知県岡崎で生まれ京都で旧制中学校時代を過ごして
           従兄である画家の山本鼎の影響もあって美術を志すように
           なり上京して日本美術院の研究生になります。

            ボードレールやランボーが好きだったようで
            詩作も多く度重なる失恋やデカダンな生活で
            体を壊したと言われています。

            女性の絵も多いです。
            年上の女性の美しさに惹かれたり
            少女の初々しさに惹かれたり
            恋多き青年だったわけです。


            下の湖畔と女は40代の女性だそうです。
            透き通った色白の肌が印象的です。


            青年村山槐多の内に潜む激しさと繊細さ
            そしてみなぎる生命力を実際の絵から見てみたいです。
            昨年100年間行方不明だった信州で描いた木炭画の二点が
            見つかったりまた今年の四月に油絵やパステル画など
            京都時代の同級生や知人たちが持っていた128点などの未公開
            作品が岡崎世界子ども美術博物館没後100年の展覧会が
            開かれています。。

            
            
       

                     自画像(1918年)
イメージ 2


        
        ガランス(深い茜、やや沈んだ赤色)を好んで使ったことでも
        知られています。。。


                      自画像
イメージ 3


            庭園の少女(第1回二科展に出品.人生初の入選/1914年)
イメージ 6

                                                          カンナと少女(第2回日本美術院展覧会・院賞受賞/1915年)    
イメージ 7



                      湖水と女
イメージ 1



バラと少女
イメージ 4


                      裸婦
イメージ 5



            岡崎の後は長野県の上田市で巡回展が行われるというので
            大好きな長野県での展覧会。
            俄然楽しみになりました。

            前期と後期で2回続けて
            行われるというので2回上田市に行く予定です。。

            夏の信州楽しみです。
            観たい未公開作品の展覧会とジョイントで♪

            
            

6月あれこれ♪

    
 久々に落ち着いた朝を迎えています。。 


 昨夜のお月様の美しかったこと。。
 このところ二日続いての美しい月夜の晩を
 過ごすことが出来ました。
 そして今日は満月。。
 
 梅雨の季節の月の夜の明るさに
 窓から入るひんやりとした風に
 夏を迎える前の凜とした静けさを感じました。

     
            



  6月の初めは念願だった長崎行きが実現し
  ツアーですが教会巡りをしてきました。





 田平教会                黒崎教会
イメージ 1
イメージ 2





 











       出津教会
イメージ 3


        長崎市西坂にある26殉教者の像。。

       この像をずっと見たいと思っていました。
        ツアーには入っていなかったので(離団届けを出します)
        一時的にツアーから離れてこの地を訪ねました。
イメージ 7



イメージ 4





イメージ 5
イメージ 6







 









  隠れキリシタンの事や今に至るまで
  守り続けてきた教会の歴史。。
  荘厳で優美な教会の外観に
  またステンドガラスの美しさと
  生活に根ざした教会の存在を
  身近にみてその美しさだけではない
  何か張り詰めた緊張のようなものも
  感じました。
  教会と自らの宗教を守り抜いてきた
  苦難の歴史も同時にあるのだと思いました。

   長崎の外海の波や風の激しさと
   平地の少ない地形での日々の生活は厳しかったと
   言います。

   バスで走っていても観光客としては
   坂あり谷ありの風光明媚な景色に釘付けでしたが
   生活者としては大変だと思いました。


      紫陽花の美しさが目立った長崎の街でした。
イメージ 10
イメージ 11


  
イメージ 12
イメージ 13








   
  
                     

   
    6月も半ばを過ぎて
    夏至を迎えようとしている今
    毎年ながら時の流れの速さに
    唖然とした気持ちです。

    

    そんな中でも中高の友人達とは
    時々ランチをして気持ちをリフレッシュしたり
    ボランティアは続けています。


        友人達と先週訪ねた初夏のお花畑♪
イメージ 9

     

    今年の残半期は特にはやかったです。。
    やっと気持ちに余裕ができた朝です。
    
    色づいた庭の紫陽花に季節の移ろいを
    感じます。

    先週末に浴衣を求めました。

           儚い感じの柄が気に入りました.. 笑
イメージ 8




     浴衣を見ていますと何だか
     気持ちが落ち着いてきます。。

     着るのが楽しみです♪

    忙しいのは嫌いではありませんが
    それに負けないくらいのぼんやり時間が
    必要で欲しいです。

    今日は少しゆっくりできそう。。
    嬉しいなぁ。
   
    
   

5月は逃げて行く。。


 先だっての土曜日はお隣に住む孫娘の運動会。
 この春一年生。
 孫にとってはパパとおじいさんとひいおばあさんが
 通った小学校で4代になります。

 私は3人の子供達の運動会は
 途中数年抜けましたが
 述べ12年間運動会のお弁当を作りましたが
 今回はママが勿論中心にお弁当を作るというので
 とても楽でした。。




イメージ 7



イメージ 8




 ちょこっと数品持って行くということで
 お昼頃に旦那さんと一緒に行って
 皆でお弁当を食べました。

 暑い日でしたが
 シートに座ってお弁当を食べるのも
 楽しいものです♪


              


 先日は昨年に続いて従姉妹会を。
 今年は私が計画を立てることになり
 谷中の朝倉彫塑館と先週何十年ぶりに
 下見を兼ねて行った根津の笹の雪でお食事をして
 それから近くの正岡子規邸と書道美術館の中の中村不折のことなど
 楽しんできました。
 帰りに羽二重団子を買ってーーーー♪
 別れました。



              この羽二重団子がすごく美味しいです。。
イメージ 1


 父や叔母たちが元気だった頃は
 あまりお付き合いがなかったのですが
 母のお見舞い来てくれた頃から
 色々話すようになって
 今では話題がつきません。。

 父の妹二人の従姉妹たちです。
 趣味が何となくあうのが不思議です。。


 今年はバラのお花が
 新芽をつける頃にサボってしまったのですが
 何とか例年の顔ぶれが咲いてくれています♪

 
                   アンジェラ
イメージ 2


ルージュ・ドゥ・ロンサール
イメージ 3


アンジェラ
イメージ 5


ラ・セビリアーナ
イメージ 4



              芍薬......花期は短いですが見事です。。
イメージ 6




 家の中で長年不便だと思いながら改善しないでいる
 コーナーの見直しをしています。
 ちょっと物をどかすだけで格段に動きやすくなります。

 押入れで眠っている寝具類も思い切って処分。
 気持ちもスッキリ。
 食器はもう処分できないくらい選びました。
 
    6月は少しゆっくりしたいです。



 今の私の楽しみは
 バタバタとしてはいますが
 お昼の頃は大体家にいますので
 自分の好きなお昼を作って
 徹子の部屋を見る時間が
 気に入っています。。

 それからテレビドラマの「やすらぎの刻」と続いて
 12時から13時は今、私の安らぎの時です。

 
   今日も朝はやくから解体の工事の人が4人来ています。
   チーフと若い職人さんたちが4人。
   暑い中頑張ってくれています。

   

 
 

 人形町へ♪


 連休が明けてホッとした今週は
 週の初めは雑事で明け暮れましたが


 先だって記事にした岩井つづら店に行って
 電話で注文した文箱の実物を見に行ってきました。。

 友人が付き合ってくれて
 久しぶりの友人との二人時間になりました。

 地下鉄日比谷線人形町の駅から歩いて数分の
 甘酒横丁にあるつづらのお店。

イメージ 1



 以前と店先が変わって..
   建て直したようで最初はあれっ?と
 思いましたが
 中に入りますと以前と同じでした。。


             様々な大きさのつづらがありますーー♪
イメージ 2


 注文した文箱3箱。


  朱色と漆黒と溜。
  サンプルを見てますます好きになりました。
  軽くて使い勝手も良さそう。
  蓋に好みの図柄に迷いますが
  今すぐでなくても良いとのこと。
  もう少し考えてみましょう。。



          これは注文された
         どなたかの完成品で名前や好みの柄が入っています
イメージ 3


   その後は
   甘酒横丁をゆっくり歩きながら
   人形焼きの老舗の重盛永信堂によって
   人形焼きを買いました。。。

    
イメージ 4



   
         お昼は40年振りになる台東区根岸にある
         お豆腐料理の笹の雪。
イメージ 5


   お豆腐づくしのコースを選んで
   2時間たっぷり堪能しました。。

   40年前はすごく混んでいたのですが
   お昼時でも案外空いていて
   ゆっくり楽しめました。

   入り口に人が立っていて
   下足係の人もいて
   昔ながらのお店です。
   元禄時代に創業したという
   300年以上続く老舗です。。
   笹の雪は豆腐ではなくて
   豆冨としています。。
   

   

  それから 
  ゆっくり下町情緒を楽しみながら
  散策しました。。
  日差しは強かったですが
  湿度が低かったのか
  気持ちが良かったです。。。



                      


   ぐるりとさかのぼって 
   10連休は
   終わってしまえばあっという間。。。

   色々なことがありましたが

   息子二人と私の三人という
   この数年以上あり得なかったメンツで
   外出しました。。

  
   長男が靴を買いに行きたいというので
   ちょうど良い機会なので
   息子二人に靴を買ってあげようと
   百貨店に行きました。。

   そうしましたら
   長男は母の日も近いので
   好きなものを買ってあげる...というものですから
   お言葉に甘えて....というかその気持ちが嬉しくて♪

   それぞれ少し自由行動にして
   好きなものが決まったら連絡し合うということに
   しました。。


   私は案外早く決まって
   息子に連絡して
   商品を見てもらって
   その場で買ってもらいました。。


イメージ 8



   とっても嬉しかったーー

  それから息子の靴選びに付き合いました。
  気に入ったものが見つかって
  買ってあげたかったので
  良い機会でした。。

  お互いに満足ーー。
 

  色々なことがあった連休でしたが
  息子二人との外出
  彼らが小さかった頃を思いながら
  私にとって
  嬉しいひと時になりました。


  外国出張に行っていた旦那さんも無事に帰国して
  私にだけお土産を色々買ってきてれたのですが....

        曰く...色々買いだすとキリがないし時間もかかるということで
   割り切っているようです。。
   
   旦那さんが奥さんにだけ買ってくるのは
    子供達も納得してくれるかな..笑
   

  今はちょっと一息。。

            重盛永信堂の人形焼♪
イメージ 6




         美味しいーーーーー
         新茶と相性抜群です。
イメージ 7



  
  庭のお花を楽しみながら
  これからは少しゆっくりしたいです♪

 
   
    
   

今日は朝から雨模様。。
昨日中に植えて良かった....


  庭に白いハナミズキの木を植えた。

イメージ 1



 この時期
 あちこちの街路樹や民家の庭先に白い花を咲かせる
 ハナミズキ。。
 その美しさにナミントガーデンに白いハナミズキを
 植えたくなって
 早速植木市に行ってみるとちょうど良い高さの
 白のハナミズキが見つかった。

 儚げな桜とは違った魅力。
 
 季節の変わり目にあって
 初夏へと気持ちの切り替えの舵をとって
 くれるよう。。

 薄紅色のハナミズキは2008年に植えて今年で
 12年目になって樹形もまっすぐで今年は花つきもよくて
 やっとそれらしい格好になってきた。

 かなり土を深く掘って
 掘った土をふるいにかけて
 土を柔らかくしてから
 鹿沼土を混ぜて植えた....この仕事はダンナさんです。

イメージ 2



 今日は庭のハナミズキにとっては恵みの雨

 意識したわけではないけれども
 令和とともに年月を重ねる
 ハナミズキになるのだと
 今気がついた。。

 
         昨年植えた球根---アイリスだったかな。。
           黄色と紫色と白の混合の花を咲かせています。
イメージ 3


 
  屋根裏の整理が一段落。

  次は庭の草取り。。
  延々とこの作業は続くけれども
  最近は少し要領を得てきた感じ。
  一度にやるのではなくて
  少しづつ継続すること 。。。
  どうやら草取りから逃れられそうもない。
  

  綺麗になるのはすごく気持ちが良い。


          たけのこご飯を炊いて草取りの後の
           ご飯は美味しい。。
イメージ 4



  明日は午前中は曇りで
  午後から雨模様になるというので
  明日も庭に出て少し進めたい♪

  バラの蕾もだいぶ膨らんできた。

   今日からダンナさんは出張..
         日本脱出。
   今ラウンジから電話あり。
   電車も空いていて楽だったとか。

   入れ替わりに長男が単身で
   泊まりに来るという。

   この数年来珍しいシチュエーション。

   久しぶりに二人でどんな時間を
   過ごすことになるのだろう。

   彼の小学校からの作文やら
   絵画や手作りタコやら
   就活の時のエントリーシートや
   彼が置いていった諸々の物を
   居なくなった部屋を
   寂しく思いながらも
   あらっ...こんな物を..なんて
   まるで宝探しをしているように喜んだり
   驚いたりしながら
   整理した十数年前。

   それから幾度となく整理しながら
   当時を思い出しては懐かしがった。
   整理の時間は過ぎた時間が確かなものとして
   実感できるひとときだった。

    そんな作業が私にとっては
    気持ちを若返らせてくれる。


  彼が帰ってきたとき
  整理した諸々を見せてあげよう。

  何ていうかな。

  この令和の始まりを
  そして平成という時代を
  彼はどんな風に受け止めているのかも
  聞きたい。

 

  

 

 

 

全186ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事