ここから本文です
御訪問有難う御座います。

書庫全体表示

こんにちは、御訪問ありがとうございます。

いよいよ、暑くなってきましたね。

今日は久しぶりのスローネ記事です・・・。
最近F-2やストレリチアに浮気してたので進み遅しですが
合い間をみて少しづつ進めていましたよ。

※加工経過画像の為、少し画像多めとなっています。

イメージ 1
これは、スローネドライ背中のステルスコンバーターですが、
本体はバキュームフォームでモナカ構造の為、どうしても接着面が少なく
今回改めて見ても全体的に割れています・・・


イメージ 2
今回はしっかりヒートペンで溶接しようと思います。
まずはしっかり溶かし込んで溶着します。


イメージ 3
溶け落ちた分をタミヤ丸棒で肉盛りをしておきます。


イメージ 4
こんな感じ・・。


イメージ 5
あとはペーパーで仕上げて終わり。
これで、まず割れないでしょう。


イメージ 6
以前から気になってた部分で、足首ブロックのシリンダー。
複製した物は丸印のようにディテールが潰れています。
なので、各種プラ材を使ってシリンダーを製作しました。


イメージ 7
これはスローネツヴァイのファングコンテナですが、
内側の面がスジボリだけだったので少し立体的にしました。
コピーした物を0.5mmプラ板に貼りつけて切り出し・・
センター部分、シャッター状のパーツの下準備も・・。


イメージ 8
接着剤が硬化したら、ゲージに合わせてカット。


イメージ 9
外枠の部分を1mmプラ板で中抜きして、2つを接着した後、
外枠を2mm幅でカット。


イメージ 10
切り出したパーツを接着。
まぁ少しマシになりました・・。


イメージ 11
同じく前方上部のダクトは丸印のようにMSGパーツが入るように
彫り込みました。
下は1mm厚を2枚重ねした内面のフタです。


イメージ 12
仕上がりはこんな感じ、若干設定とは違いますが雰囲気で・・
矢印の部分もプラディテールを貼りつけました。




イメージ 13
これは肩アーマーブロックですが、
関節技のボール受けの接着面が少ないので、保険の為に1mm真鍮線を
受け軸を貫通するまで打ち込んでおきました。


イメージ 14
これも肩ブロックですが、上部に付くサーベル基部にMSGパーツを入れました。
センターの穴あけはコンパスで切りぬいたプラ板を当てると正確に空けれます。




イメージ 15
サイドのウイングの根本にも挟み込みました。
格段に見栄えが良くなったと思います。

と色んなパーツの仕上げや改修を行っていますが、
残すパーツはツヴァイのファングコンテナの細かな仕上げのみとなりました。
やってもやっても終わらない、仕上げ作業からやっと解放されますぅぅぅ・・OTL

ではでは・・。


  • 顔アイコン

    こんにちは
    凄い量の作業ですね
    何れも参考になります
    メモメモ!!

    [ ムー ]

    2019/5/27(月) 午前 10:45

    返信する
  • ムーさんこんばんは、コメント有難う御座います。

    一度にこれだけの作業はシンドイですが、
    気分が良い時に少しづつ進めてきました。
    今後の何かしらの参考になれれば嬉しく思います。

    今回は補強の為にヒートペンを使用しましたが
    無い場合は合わせ目に対して直角にレザーソーで切りこんで、プラ板を挟む方法も有りますね。

    例、B-1B本体主翼前方部分↓
    https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-19-07/nammkkyys/folder/1602807/29/50660329/img_0?1274188659

    ではでは・・。

    くるくるモデラー

    2019/5/27(月) 午後 6:56

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事