nana and roseのつれづれ日記

仕事の合間に写真と文章をつくることができればと思います。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

レンゲ (astragalus sinicus マメ科レンゲ属) は、早春のたんぼで暖かなピンクの花を咲かせます

代表的な春の花、といったイメージです

マメ科特有の花が輪状に着生して開花し、長い花柄があるので、小さな子供達が摘んで花輪を作って首輪や冠にして遊んだりします

以前は春の水田にはどこもレンゲの花ざかりとなり、春の風物詩だったのですが、今はほとんどなくなってしまいました

レンゲの根には根粒菌 (Rhizobium huakuii、新しい遺伝子レベルの解析では Mesorhizobium huakuii subsp. rengei といった分類にあたるとも報告されています*1,*2) が共生していて、空中窒素を固定してくれるので、古くからレンゲを栽培して緑肥(green manure)として土にすきこみ、土地を肥沃にさせる農法が行われていました

だだ、最近は化成肥料を施肥するほうが簡単なので、すっかり姿を消してしまった、ということのようです

最近のように中国の四川大地震でリンの供給が危機的状況になって、そのあおりで肥料価格がみな2倍にも3倍にもなると、身近な肥料作物がみなおされることもあるかもしれません(みたところ、あまりありそうではないですが)


参考
*1、Nuswantara S, Fujie M, Yamada T, Malek W, Inaba M, Kaneko Y, Murooka Y Phylogenetic position of Mesorhizobium huakuii subsp. rengei, a symbiont of Astragalussinicus cv. Japan. J. Biosci. Bioeng. 87: 49–55 (1999)
*2 Jarvis BDW, Van Berkum P, Chen WX, Nour SM, Fernandez MP, Cleyet-Marel JC, Gillis M. Transfer of Rhizobium loti, Rhizobium huakuii, Rhizobium ciceri, Rhizobium mediterraneum, and Rhizobium tianshanense to Mesorhizobium gen. nov.  Int. J. Syst. Bacteriol. 47, 895-898 (1997)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

子供のころ、レンゲを摘み花冠や指輪、レンゲのブーケを作って自分を飾ったことを思い出します 最近はほんと見られなくなりました

2010/3/15(月) 午前 8:48 [ sachi ] 返信する

顔アイコン

レンゲは本当に少なくなっているようで、沼津から富士までひろがる広大な水田で、一面にレンゲという場所は皆無で、昔の名残りで少面積で開花しているのがときどきみられるくらいです 畦草でよく生えていたシロツメクサ(クローバー)も、除草剤散布ですっかりすくなくなっています ほんとうに子供たちの楽しみもなくなってしまいました

2010/4/13(火) 午後 7:57 [ nana and rose ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事