nana and roseのつれづれ日記

仕事の合間に写真と文章をつくることができればと思います。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

バラの原画の展覧会があるというので、松本市美術館に見に行ってきました


「バラ空間 - 宮廷画家ルドゥーテとバラに魅せられた人々」 という特別展


ピエール-ジョセフ・ルドゥーテ (Pierre-Joseph Redoute、1759-1840) は著名な植物画家

バラだけでなく、ユリ科 (Liliacées) も数多く描いています


今回は、ルドゥーテの点刻銅版画の多色刷りのバラの花の原画とそのほかの作者のバラの花の原画が200点以上展示されていました

ルドゥーテの原画は、「バラ図譜」(Les Roses)の全167図版ということみたいです

ルドゥーテ 「バラ図譜」 は一冊の本というわけではなく、1817 から 1824 にかけて3回に分けて出版されたみたいです

最初に展示されているのは、見事な野生バラのリース(Wreath of Wild Roses)

バラ図譜(Les Roses)の最初のページのもので、ギリシャの詩人、アナクレオンの詩があります 
英語訳は次のようになっています*1

Crown me then, O Bacchus,
And playing on a lyre before thy altar,
Accompanied by a snowy-breasted young virgin
I will dance, crowned with roses.

Anacreon, Ode V

「バラ図譜」 の全図を掲載した 「The Roses The complete Plates」 が販売されていて、人気がありよく売れているようでした

これを機会に今年は庭のバラを十分に手入れし、見事な花を楽しみたいものです
ちなみに、この直後にホームセンターで Sweet Briar をみつけて買ってしまいました。


Redoute のバラ図譜(Les Roses)のかなりな数の図版は、A Picture of Roses というホームページ*2でみることができます


参考
*1、http://www.apictureofroses.com/cms/rose/L-001-wild-roses-wreath-pink-white-yellow.htm

*2、http://www.apictureofroses.com/cms/home/clipart.htm

閉じる コメント(2)

顔アイコン

薔薇は花の中でも高貴な気品のある姿で、トゲもあるせいか近寄りがたい美しさがあります
薔薇のあるお庭は憧れます

2010/3/15(月) 午前 8:43 [ sachi ]

顔アイコン

バラは結構すきな花なので、ときどき気まぐれに購入しては庭に植えています 気分で購入するので、Jacqueline du Préとか、sweet briarとか、名前につられて買ったりしています
バラの系統が頭に入っていないので、まじめに勉強しなければと思います 日本のノイバラ(Rosa multiflora)が、花がたくさん房状につくフロリバンダの元になったとか、なんとなく不思議な感じがしながら納得したりしています

2010/4/13(火) 午後 7:53 [ nana and rose ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事