NANAの元気が出る日記

中小企業診断士・特定社会保険労務士のNANAが感じたこと、経験したことを語りますo(^-^)o

全体表示

[ リスト ]

※2009.8.15 13:15訂正・・・NPO法人の部分で、支援対象となるのは「農商工等連携事業計画」と書きましたが、「農商工等連携支援事業計画」(「支援」という言葉が抜けていました)です。スミマセン。なお本文は訂正してあります



 こんにちは、NANAです。

 中小企業診断士1次試験のネタが続きますが、今日の記事は大切かなと思うので今回も1次試験ネタにしました。

 NANAは、8月11日の記事で、2009年度診断士1次試験の中小企業経営・政策について、「決定的な誤りは無い」と書きました。

<あえて本試験に文句をつけるなら・・・(2009.8.11掲載)>

http://blogs.yahoo.co.jp/nana_consulting/58553693.html

 でも、訂正します。

中小企業経営・政策第24問は誤りです!

 まず、第24問がどのような問題か見てみます。

【中小企業経営・政策:第24問】
 平成20年7月に施行された「農商工等連携促進法」に関する記述として、最も不適切なものはどれか。

ア 「農商工等連携事業計画」の認定は国が行う
イ 「農商工等連携事業計画」の認定を受けると、政府系金融機関の
無担保融資が利用できる。
ウ 農商工等連携に対して
指導・助言をするNPO法人は、この法律に基づく支援の対象となる。
エ 連携して新事業展開に取り組む漁業者と中小企業者は、この法律の支援対象になる。 


 NANAが誤りとしているのは、赤字の部分です。診断協会の正解発表によると、「イ」(2点配点)となっています。つまり、言い換えると「認定を受けても無担保融資は利用できない」ということになります。

 でも、待って下さい。「挑戦支援融資制度」において、農商工等連携事業計画の認定を受けた事業者は無担保になると、平成21年度施策利用ガイドブックp.123〜124に書いてあります。

<挑戦支援融資制度(中小企業庁HP)>

http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/g_book/h21/gb123.html
(※ 下の方に「無担保」と書いてあります)

 これを試験機関である中小企業診断協会はどのように解釈するのでしょう?

 もし、試験委員が

「いやいや、認定受けても政府系金融機関の審査が別途あり、『無条件に利用はできない』から選択肢イは不適切なんだ」


とか

「認定を受けても、『地域経済の活性化に係る要件』を満たさないとダメだから、『無条件に利用はできない』ので選択肢イは不適切なんだ」


といった主張をしたとしたら、NANAはこう言い返します。

こういうのを「屁理屈」って言うんです!

そういう主張をするのであれば、選択肢本文に「無条件で」といった言葉を挿入すべきでしょう。

 今回の選択肢イの問題が誤っている根拠をもう少し提示しましょうか。例えば、日本政策金融公庫の下記HPをご覧下さい。

<挑戦支援融資制度(日本政策金融公庫HP)>

http://www.k.jfc.go.jp/tyuushou/chosen_m.html

 このHPの「ご利用いただける方」欄に、「『農商工等連携事業計画』の認定を受けた方」とはっきり書いてあります。地域活性化要件や納税要件は「その他の条件」として区別していますよ。どう見ても、「認定を受ければ無担保融資である挑戦支援融資制度が利用できる」としか読めませんよね?

 さらに、

選択肢ウも疑義があります

 選択肢ウはただ「指導・助言するNPO法人」とありますが、ガイドブックには「一定要件を満たす」という言葉が「指導・助言するNPO法人」の前に入っており、その一定要件とは農商工等連携促進法第6条に定める「中小企業者1/2以上要件」です。

<農商工等連携促進法>
http://law.e-gov.go.jp/announce/H20HO038.html

 さらにさらに付け加えると、法律の支援対象となるには、「農商工等連携支援事業計画の認定」も必要です。

 つまり、選択肢ウは「1/2以上要件」を満たないNPO法人や「農商工等連携支援事業計画の認定」を受けていないNPO法人も含むとも解釈でき、ウも不適切とも言えます。もし、適切な選択肢とするなら、

「ウ:農商工等連携に対して指導・助言する一定要件を満たすNPO法人で『農商工等連携支援事業計画』の認定を受けている場合は、この法律に基づく支援の対象となる」


としなくてはいけないでしょう。

 こうしてみると、

第24問自体が「不適切」な問題と言えます。

 ということで、NANAは診断協会に下記のことを求めたいと思います。


【求める事項】
社団法人中小企業診断協会は、2009年度第一次試験の中小企業経営・政策の第24問の誤りを認めて受験生に謝罪の上、第24問を全員正解として、2点を当該科目の受験生全員に配点すること


 本当は、今回の試験を作問した試験委員の名前の公表まで踏み込んでほしい気分です。

 さて、今回の誤りについて、実は昨日気づきました。ブログの記事で「決定的な誤りはない」と書いたときは、あまり深く検討していなくて、見落としてしまいました。スミマセン。

 でも、今回、改めて確認して、誤りに気づきました。

 さてさて、診断協会はどう対応するでしょうか?昨年はNANAが誤りを指摘してから14日後に、正解の訂正が出ています。

<2008年診断士1次試験問題の誤り(中小政策) (2008.8.5掲載)>
http://blogs.yahoo.co.jp/nana_consulting/54564628.html

 ただその時は、この誤りは「正解選択に影響しない」ということで得点調整はありませんでしたが・・・。

 しかし、今回は明らかに影響が大きいです。診断協会の誠意ある対応を期待したいと思います。

閉じる コメント(11)

アバター

問題文の表現というのは難しいですよね〜
おそらく「イ」を最も不適切としているのは記事中の青字の通りのつもりだったんでしょうね。
そういえば最近の金融支援と関係するような施策等の「認定」とか「計画の承認」とかの文書の中には大体「金融上の審査があります」の一文がありますね。
そういう流れと関係があるのかも・・・
確かに本問は「無担保融資の対象となる」や「無条件に」という表現ならハッキリしてますね。
それはそうと僕の後輩は3科目受験した者と今年初めて受験した者がなんとか合格点に達したようです。

2009/8/15(土) 午前 10:36 ck4

アバター

ck4さん、こんにちは。
>「認定」とか「計画の承認」とかの文書の中には大体「金融上の審査があります」の一文がありますね。
確かにおっしゃるとおりですよね。でも、日本政策金融公庫HPやガイドブックでは、その一文と「利用できる者」は区別しています。このような公表されている資料に基づいて受験生としては解答せざるを得ないですから、その一文の意味もあの選択肢の文章から読み取れというのはナンセンスだと思います。

>それはそうと僕の後輩は3科目受験した者と今年初めて受験した者がなんとか合格点に達したようです。
それはよかったですね☆ぜひ先輩として2次試験合格のお手伝いをしてあげてください(^^)

2009/8/15(土) 午後 1:43 NANA

アバター

内緒さん、こんにちは。

ご指摘、ありがとうございます!いま本文を訂正しましたので、ご確認くださいm(__)m

誤りをしてきする記事で自分が誤っていては意味ないですよね(汗)。コピペを間違えてしまいました。お恥ずかしいデス・・・・。

あと、法律の第二章第4条二のイで規定している「農商工等連携事業計画」の認定対象である当該中小企業者が団体である場合の「団体」ですが、簡単な表現にすると、「農業者等以外の中小企業者団体」となり、その団体は法第2条第1項第6〜8号(第8号は「中小企業者と農林漁業者との連携による事業活動の促進に関する法律施行令」に定めあり)を指すことになると思います。ですので、この場合の団体にはNPO法人は入りませんね。
農業関係も絡んでくると、ちょっと複雑になりますね。

おかげさまで、協会に言う前に間に合いそうです(^^)

2009/8/15(土) 午後 1:46 NANA

顔アイコン

はじめまして。
今年1次試験を受験したものですが、第24問がどうしても腑に落ちなくていろい
ろ探していてこちらのブログを見つけました。
問合せしていらっしゃるんですね。。協会側の出方が気になります。

訂正あるならそろそろ発表なのでしょうか。。
何もアクションがないってのはさすがにやりきれない気持ちです。

2009/8/20(木) 午後 4:10 [ ringo123 ]

顔アイコン

NANAさん
お見事です。

2009/9/1(火) 午後 2:40 [ netplus ]

顔アイコン

nanaさんありがとう!
大好きです!

2009/9/1(火) 午後 7:03 [ kxf*c2*0 ]

アバター

ringo123さん、はじめまして。
スミマセン・・・コメント頂いていたのに気づかずに返信しないままでいました。大変失礼しました。
やっぱり、腑に落ちないですよね。9月1日に訂正が出ましたので、ご参照下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/nana_consulting/58644913.html
去年より遅めの訂正発表でしたが、今回は全員正解となったようなのでホッとしています(^^)

2009/9/1(火) 午後 10:35 NANA

アバター

netplusさん、こんにちは。
netplusさんが「出題ミスへのつっこみは、お友達のNANAさんの得意技なので要チェック」と502教室で書かれていたので、気合いが入っちゃいました(^^)今回は、全員正解措置となったので、やっぱり言ってみるものですね。それにしても、中小企業経営・政策の誤りは2年連続なのはなぜなのでしょうねぇ・・・。

2009/9/1(火) 午後 10:36 NANA

アバター

kxf*c2*0さん、こんにちは。
お役に立ったようでよかったです。何だか照れちゃいますよぉ〜(*^^*)

2009/9/1(火) 午後 10:36 NANA

顔アイコン

さすがとしか いいようがありません。
尊敬のまなざしが3倍くらいになりました。

2009/9/2(水) 午前 1:57 LONDON

アバター

ロンドン3、こんにちは。
どうもありがとうございます♥あとは、情報の方でも訂正があるといいですね。今回の情報はすごく難しかったと聞いていますから・・。

2009/9/3(木) 午前 8:42 NANA

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事