NANAの元気が出る日記

中小企業診断士・特定社会保険労務士のNANAが感じたこと、経験したことを語りますo(^-^)o

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 こんにちは、NANAです。

 この10月はタイトな月で、ここ1週間はトータルで10時間くらいしか寝ていない日々が続きました(うーん、よくない傾向です・・・。特にお肌によくないです・泣)。ですので、ちょっとブログの更新ができない状態が続きました。今日は久々睡眠を取ったので、快調です♪

 さて、そのような中、NANAのお友達で中小企業診断士のプロコン堅太さん(福島さん)とそのお仲間の方々が、面白い本を出版されました。それが、

『診断士ギョーカイ用語辞典150』

という本です。

<『診断士ギョーカイ用語辞典150』(アマゾンへリンクされています)>
http://tinyurl.com/yc7zxty

 この本のいいところは、主人公のヒロシが、診断士に合格してから独立してお仕事を得るようになるまでを、全編ストーリー仕立てで紹介しているところです。「辞典」といっても、そのストーリーに出てきたキーワードを章ごとにわかりやすくまとめていて、堅苦しさはありません。

 ですので、中小企業診断士に興味がある人、目指している人、合格してこれから独立を視野に活動したい人などは、主人公ヒロシとその周りの登場人物の行動を通じて、中小企業診断士のお仕事がイメージしやすくなる良書です。

 一例をあげると、中小企業診断士として活躍するための最初の大きな壁は、履歴書に書ける実績づくりです。営業で門前払いされないためにも、履歴書に書ける実績を積むことは大切です。ストーリー4と5の研究会から商工会セミナーの講師になるまでの下りを読むと、その最初の壁を主人公ヒロシはどう乗り越えたかイメージできます。もちろん、これは一例ですが、ただボヤーっと待っているだけでは最初の壁は乗り越えられないことは容易に理解できるでしょう。

 また、本書は、ベテラン診断士も読むといいのかなって思います。なぜなら、中小企業診断士になったときの初心に帰ることができるからです。合格してからの大きな環境変化、初めてお仕事のご縁を頂いたときの感激、お客様から頼られ感謝されたときの嬉しさ、そしてそれらを通じて感じる診断士の存在意義・・・初心に帰って、診断士になって頂いたご縁に感謝する気持ちを呼び起こしてくれます(^^)

 この本を執筆するのにすごい時間がかかったかと思いますが、読者としては1〜2時間あれば読めます。それだけ、スッと頭に入るように工夫されているということなのでしょうね。「診断士って何??」という方も含めて、少しでも診断士に興味があればぜひ一度読まれるといいかなって思います♪

<堅太さんの関連記事(2009.10.23掲載)>
http://kenta1969.cocolog-nifty.com/home/2009/10/post-456b.html


追伸:NANA個人的には、柴田さん(兄)のその後がとても気になります・・・。あと、大学校の宿舎のエピソード、そうだったなぁって思い、つい吹き出してしまいました(笑)。ま、2千円(以前泊まった当時)で泊まれるから仕方ないかもしれませんが。。。

この記事に

閉じる コメント(12)

アバター

これは面白そうですね〜
大学校も講師になって泊まれば快適なんでしょうが・・・

2009/11/1(日) 午後 6:19 ck4 返信する

こんばんは。書籍のご紹介および感想をありがとうございます。堅太さんとともに執筆させていただきました。
柴田さん(兄)の今後はみなさん興味を持っていただいていますが、実はすでに書いております。
企業診断ニュースの4月号(2009年)の特集「勝負脳」のストーリー「勝負弱い男」に続きます。まだお手元にございましたら読んでみてください。ちなみに勝負強いのはヒロシです(笑)

2009/11/1(日) 午後 8:40 [ 一姫 ] 返信する

顔アイコン

購入したのに、未だ未読BOXで山積み なってます、早く読まねば

2009/11/2(月) 午後 11:11 LONDON 返信する

アバター

ck4さん、こんにちは。
講師用の部屋が別にあるのかまでは、NANAもよくわかりません。高級ホテルのツインベッドがあって、足が伸ばせる浴室もついていて・・・なんて、ただの妄想です(笑)。

2009/11/4(水) 午前 8:27 NANA 返信する

アバター

一姫さん、こんにちは♪
わざわざのコメント、ありがとうございます(^^)診断士になられてからのご活躍、素敵です☆NANAのお友達数人からもお噂は聞いています。
企業診断ニュース4月号、さっそく拝見しました。「踊る大捜査線」ではないですが、脇役に焦点を当てた番外編も何かの折に発表されると面白いかもしれませんね。

2009/11/4(水) 午前 8:27 NANA 返信する

アバター

ロンドン3、こんにちは。
読み出すと、時間を忘れてあっという間に読み終えることができますよ。それだけ、ストーリーが練られていて、頭に入りやすいです。NANAお薦めの歴史本(学術書に近いので読みにくいかもしれません)の前にお読みになるといいと思います☆

2009/11/4(水) 午前 8:28 NANA 返信する

面白そうな本ですね♪
診断士という資格は会計士や税理士といった他の資格と比べると認知度がまだ低く、どういった仕事を手掛ける方が取る資格なのか不明なことがあるのでぜひ読んでみたいです。

NANAさんのブログ、お気に入り登録させていただきました。
これからもよろしくお願いします!

2009/11/7(土) 午後 3:21 [ xworld ] 返信する

アバター

xworld さん、こんにちは。
ファン登録ありがとうございます☆この本は、まさに診断士のイメージを膨らませたい方にはもってこいの本だと思います。ただ、この本は独立診断士が主人公ですので、企業内で活躍したいイメージだとちょっと違うかもしれません。ただ、診断士の世界の一端を触れるにはちょうどいいので、ぜひご覧になってみて下さい(^^)

2009/11/7(土) 午後 8:18 NANA 返信する

面白そうな本ですね、是非拝見させて頂きます♪

なにより、健康第一です!ご自愛下さい^^

2009/11/26(木) 午前 11:25 papa753 返信する

NANAさん、ご無沙汰しております。独立を機にご紹介の本、注文してみました。色々、試行錯誤の日々が続きそうです。お忙しそうですが、お体を大切に!また、今後ともよろしくお願い致します。

2009/12/10(木) 午後 1:52 [ tatsuya ] 返信する

アバター

papa753さん、こんにちは。
コメントが遅くなりスミマセンm(__)m
いろいろとご心配をおかけしていますが、いま、少し落ち着いてきました。これから徐々に復活していきますね(^^)
papa753さんも、健康にはくれぐれもご注意下さいませ。

2009/12/11(金) 午前 9:11 NANA 返信する

アバター

tatsuyaさん、こんにちは。
ご無沙汰しています(^^)いよいよ独立されたのですね!この本は、診断士独立の一つの例をわかりやすく示している良書だと思います。参考になるといいなって思います。
tatsuyaさんも、今後独立されてご自身の体調管理が収益に直結されることになりますので、お体を大切にして下さいね。お互いにいい仕事をしていきたいですね!

2009/12/11(金) 午前 9:12 NANA 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事