NANAの元気が出る日記

中小企業診断士・特定社会保険労務士のNANAが感じたこと、経験したことを語りますo(^-^)o

全体表示

[ リスト ]

 こんにちは、NANAです。
 
 今日は社会保険労務士試験の合格発表日でした。合格率8.6%という難関を突破された方、おめでとうございます☆これから社労士として新たな世界を切り開かれることでしょう。これからが楽しみですね!ただ、社労士受験で培った知識は、すぐに陳腐化してしまいます。ある意味で「期限のない茨の道」ですが、お互いに頑張っていきましょうね。
 
 あと、残念だった方、きっとくやしくて仕方がないと思います。結果は事実として覆すことができませんが、これまで勉強して培った知識や経験を次回の挑戦に活かして、今日の「負け」を「勝ち」に変えてくださいね。この「負け」の経験を活かすか無駄にするかは、今後の行動にかかっていると思います。
 
 さて、合格発表を社労士試験公式HPで見ましたが、今年は一言言いたいです。それは、
 
社労士会に試験問題を作る資格があるのか
 
ということです。正直言って、今年の問題は
 
ひどすぎる
 
と思います。
 
 NANAは問題の内容を見ていないですが、今回の試験の正答を見たとき、そう思いました。なぜなら、70問の択一問題のうち、
 
解なし 3問
複数回答あり 2問
 
もあるからです。全体の約1割近い問題(しかも全て社会保険関係)に不備があるということで、これは尋常ではないと思います。
 
 社労士試験は、労務や社会保険実務のプロを選抜する試験です。それであるなら、作問者である試験委員及び社労士会も試験問題を作成する際は、プロとして相応の注意を払って作問すべきでしょう。しかし、この問題不備の多さは、プロの仕事とは思えない!このようなプロの風上にも置けないような試験委員及び社労士会は、プロを選抜する社労士試験を作問する資格はないと言えます。
 
 少なくとも、不備の多かった国民年金法をはじめとする社会保険関係の問題を作問した試験委員は、すぐに国民に対して謝罪し、全員辞任すべきでしょう。そして社労士会は、このようなミスを繰り返さないよう具体的な改善策を示すべきです。それができなければ、社労士会は試験事務を国に返上するしかないでしょう。
 
 プロの世界では、失敗したら顧客から信頼を失い、仕事ができなくなります。ですから、一つ一つの仕事に覚悟を持って挑むのです。試験委員と社労士会には、人生をかけて挑んでいる受験生に対して失礼の無いように、プロとしての自覚を持ち、猛省して頂きたいと思います。

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

全くその通りですね。今回に限ったことではありませんが、特に今年はひどかった。国家資格たる社労士の価値が問われる衝撃的事件といっても過言ではないと感じますね。また最近の傾向として1点救済が目立ちますが、いったいあれは何なのでしょうかね。その科目に関してはプロとして必要ないのかといいたい。そういう意味では早く記述式なり科目追加なり、努力が報われる試験形態にしないといけないと思いますね。 削除

2010/11/6(土) 午前 1:17 [ サムライ ] 返信する

顔アイコン

昨年合格しましたウエストです。私もそのHPを見ました。
正解なし(全員正解)が3問、複数正解が2問ですから、
「何だこりゃ!」という感じで驚きました。
問題は、○CANの受講生等に配布される機関紙で見ました。
合格発表当日に、新たに「正解なし」が1問追加になったのですが、
○CAN等解答速報の見解で「正解とするには疑問が残る」と
発表があったので、それが「正解なし」になったようです。

2010/11/6(土) 午前 1:26 ウエスト 返信する

アバター

私は今年は受験してないので、発言するのもおこがましいのですが・・・・・(←と言いながら、するのね?(爆))
本試験後に問題を一通り見た時、しかめっ面になってしまいました。
難しいというよりは「なんじゃ?こりゃ???」という感じで。
今通学している学校の先生も「毎年、難問奇問は確かにいくつかあるけれど、毎年受験生に「何を問わせたいか?」というメッセージはあった。だけど今年の問題にはそれがない。」とおっしゃていました。
「解答なし」がいくつかあって、せっかく頑張ってきても、これでは努力してきた意味がなにもないと感じても無理はないのかな?とすら思えてしまいました。
私は今年受験生として復活(?)ですが、今年の問題はあくまでも「今年だけの問題」と思って、今やるべき勉強をただただ頑張っていきたいですネ。
何の進歩もない受験生ですが、NANAさん今後ともどうぞよろしくお願いしますネm(__)m

2010/11/6(土) 午前 7:03 はぴこ 返信する

アバター

サムライさん、こんにちは。返信が遅くなってすみません。

やっぱり、今年は特にひどいですよね。ひっかけようと思って、逆に自分たちがひっかかったという感じですよね。あと、1点救済については、これも試験委員の責任と思います。問題のレベル設定を完全に見誤ったということで、難問奇問を作るのはいいけれど、これまでの蓄積から、どこまで突っ込むと得点は下がるかとかある程度予想できてもいいと思うからです。とにかく、社労士として何を知ってほしいか、についてメッセージ性のある現実的な問題を作ってほしいと思います。

2010/11/15(月) 午前 0:18 NANA 返信する

アバター

ウエストさん、こんにちは。返信が遅くなってすみません。
正解なしが1問追加になった点については、おそらく受験専門校の指摘があったからなのでしょうね。とにかく、今年の試験は、驚きとともに大変あきれました・・・。

2010/11/15(月) 午前 0:19 NANA 返信する

アバター

はぴこさん、こんにちは。コメントが遅くなってスミマセンm(__)m
私も問題は見ていませんが、ひどいですよね。メッセージ性がないというのも、頷けます。変にひっかけようと思う意識が先に立って、「社労士にとって必要な知識」を問うという本来の目的を見失っているのでしょうね。真面目に努力した方が、報われるような試験問題になるといいなって思います。。。
はぴこさんは、来年挑戦されるんですね!中小企業の実態をよく知るはぴこさんのような社労士が求められているって思います。はぴこさんが社労士になったら、ハッピーになる人が増えますからねっ!来年、ぜひぜひ社労士になっちゃってください☆

2010/11/15(月) 午前 0:19 NANA 返信する

顔アイコン

プロとしての自覚が・・・・。
受験料として8,000円×7万人=約5.6億円の売り上げがあります。
試験問題を作るのに時間も十分あると思うのですが。
特定社労士試験では、誤問なんかないですよね。
記述式だから、正解が一つではないので、誤問は作れないですかね。
とにかく、必死で勉強してきた受験生に対して失礼です。
1点を争う試験です。1点足らなくて、もう1年、さらに1年という人を何人も知っています。 削除

2010/11/15(月) 午後 9:54 [ 川猿 ] 返信する

アバター

川猿さん、こんにちは。
試験委員自体は他に仕事を持っていることもあって、作問自体はやっつき仕事としか思っていないのでは、と疑いたくなるくらい、今回は特にひどかったと思います。おっしゃるとおり、プロとしての自覚が足りないと思います。それに人生をかけてきた受験生に対しても失礼なので、ぜひ謝罪してほしいと思うのですが、役所以上に硬直化した社労士会にはあまり期待できないことかもしれません・・・。

2010/11/23(火) 午前 10:24 NANA 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事