NANAの元気が出る日記

中小企業診断士・特定社会保険労務士のNANAが感じたこと、経験したことを語りますo(^-^)o

全体表示

[ リスト ]

名刺の自己防衛策

 こんにちは、NANAです。
 
 中小企業診断士のお友達のティアラちゃんの下記の記事にTBします。
 
<個人名刺に入れる項目の決め方(2010.1.7掲載)>
http://ameblo.jp/tiara-madoka/entry-10760825958.html
 
 診断士の合格発表もあり、明日は合格祝賀会という方も多いのかなと思います。
 
 祝賀会や各種交流会では、本当に多くの人と出会います。100枚の名刺なんてあっという間に無くなります。それに一人一人と話す時間もそんなに多くないですから、相手の手元に残った名刺が、不足した時間分をフォローしてくれます。ですので、交流会などに参加する方は、個人名刺はぜひ工夫をして作って頂くといいかなって思います。どのように工夫するかは、上記のティアラちゃんの記事をぜひ参考にしてみて下さいね。
 
 実は、NANAも名刺の記載項目について昨日、記事を書いていました。でも、かなり微妙な記事なので、1日置いていました。そうしたら、ちょうどいいタイミングでティアラちゃんが名刺の記事を書いてくれました。しかも、NANAが記事にしようとしたことをさりげなく指摘していて、すごいシンクロだなって思いました。
 
 では、何を書いていたかというと、
 
女性が個人名刺を作る際の注意点
 
です。
 
 では、何を注意するのでしょうか?注意した方がいいこととして、NANAの経験上、次の3つを挙げたいと思います。
 
1 自宅住所は書かないこと
2 携帯電話番号も書かないこと
3 メールアドレスは、新規に作成したフリーメールアドレスにすること
 
 ティアラちゃんは柔らかめに書いていますが、NANA個人的には上記3つは実行した方がいいと思っています。
 
 さっき、合格したら名刺100枚なんてあっという間に無くなると言いました。正直、一夜にして無くなるといっても言い過ぎではないでしょう。100枚配るということは、100人の人と出会うということ。そうすると、残念ながら、中にはしつこくつきまとったりする人(いわゆるストーカー)や、誰も見ていないところでいきなり身体的接触をしてくる人と出会うリスクがかなり高まります。どの世界でも、100人いると必ずそういう人がいます。そして、そういう人は、再び接触する機会を持つため、いろいろな手段を使ってきます。
 
 ですので、女性が最初に使う名刺については、
 
◎ 住所、電話は書かない
◎ メールアドレスも普段使わないフリーのアドレスにする
 
以上を強くお勧めしたいと思います。
 
 あと、
 
●会社の名刺がある人は、会社の名刺も渡さない
●会話で自宅の最寄り駅についてはっきり言わない
 
というのも意識した方がいいです。
 
 何だか、犯罪者と会うのが前提のような書き方で、気分を害した男性の方がいらっしゃったらごめんなさい。ほとんどの方は、ここで書いたことを意識しなくても当然に大丈夫な方ばかりです。でも、たとえ1%であっても、被害を受ける可能性があるのであれば、自己防衛しなくてはいけません。そのわずか1%の人と出会ったがために、かなり苦痛を受け、その苦痛は何年にもわたって続きます(一生の傷となる人もいます)。苦痛は、精神的なものだけでなく、肉体的、時間的、金銭的な被害も含みます。
 
 ちょっと自分のPRとは別の、やや後ろ向きな内容と捉えられたかもしれませんが、被害者を作らないためにも、あえて記事にさせて頂きました(当然と思った人も多いでしょうが・・・)。もちろん、この対策だけで被害を防げる保証はありません。ただ、全てをオープンにしたら、その分被害を受ける確率は格段に高まるので、自らリスクを高めない意味で、必要最低限の対策を書きました。NANAとしては、この記事をきっかけにして、自ら新しい出会いを閉ざすということはしてほしくありません。必要最低限の防衛をしつつ、ぜひ多くの素敵な方と出会って欲しいなと思います

 
補足1:今回の名刺の書き方については、前提として初めて出会う人が多い交流会を想定しています。当然、ビジネスの現場では別のやり方もあるでしょう(とはいえ、女性の場合、ビジネス名刺においても注意が必要です。私の知り合いは、ある人に頼んで、その人の事務所の住所を書いて対策しています)。
 
補足2:携帯電話については、いつ解約してもいいという場合や、2台以上あっていつ解約してもいい電話があれば、書くのはいいのかなと思います。なお、赤外線通信も気楽にやれる時代ですが、これも注意が必要です。信頼のできる人の紹介かなど、自分なりの判断基準を持っておくといいですね。
 
補足3:今回の記事は、特に診断士や社労士の世界に限定した話しではありません。どの業界にいても、人が集うところであれば、記事のようなリスクは常に伴うという前提です。
 
補足4:それでも被害に遭ったという方は、1人で抱え込まず、信頼できる人に相談して下さい。事実を話すだけでもいいです。とにかく、1人で抱え込まないことが大切です。

この記事に

閉じる コメント(6)

アバター

確かにこういう部分での用心はしたほうがいいですよね〜
しかし嫌なご時世ですね。
まあ時代には関係ないのかもしれませんが・・・

2011/1/8(土) 午前 6:26 ck4 返信する

ものすごくわかります。私も最初は住所も電話番号も入れていましたが最近はメアドだけにしています。
なにかの場で名刺交換したあとに何度か非通知で電話がかかってきたことが続いたためです。メアドのみの名刺は相手に失礼かな?と思いましたがNANAさんの記事を拝見してモヤモヤがなくなりました。ありがとうございます。

2011/1/8(土) 午前 6:54 [ 一姫 ] 返信する

アバター

正直、表に出ていないだけで、こういうことは昔からあったように感じています。とにかく、最初は用心した方が賢明だと思います・・・。

2011/1/16(日) 午前 1:45 NANA 返信する

アバター

一姫さん、こんにちは。ご無沙汰しています(^^)モヤモヤが晴れてよかったです。

この記事を書く前から、メアドのみの名刺のリスクも考えていました。その名刺を渡すことで、ふざけた人間と思われないかとか、相手に失礼ではないか、とか考えました。でも、自分の身体を守ることの方が重要なので、あえてメアドのみの名刺でいいというのが、NANAの結論です。それに、メアドだけの名刺をもらって、もし気を悪くする男性の方がいたとしたら、その方とは恐らくビジネス上もプライベート上も一緒に何かすることはできないと考えました。なぜなら、なぜ女性がそのような名刺を交流会の場で出すのかという背景に想いが至っていないからです。つまり、想像力が不足している方とは、何をしてもうまくはいかないでしょうから、ある意味でスクリーニングできると考えました。なお、今回は初めての人と会う交流会という前提ですので、仕事上で継続的に関わる人に対して等、状況に応じて対応を使い分けることはもちろんアリだと思っています。

2011/1/16(日) 午前 1:45 NANA 返信する

顔アイコン

私は男性ですが、女性の方が名刺に個人情報を記さないのはやむを得ないと思います。一方、ストーカーまがいな行動や女性に対する不快な思いをさせる男性がいることに、情けないと感じています。このような連中がいるから、真面目にやっている男性が変に誤解されたりするのです。私自身女性から名刺をいただいてもメールでお礼で終わらせています。日本の男性にはサムライとしての気概をもってもらいたい。

2011/1/23(日) 午前 0:11 [ supertakezaemon ] 返信する

アバター

supertakezaemonさん、こんにちは。
コメント、どうもありがとうございます。また、共感して頂いて嬉しいです。
supertakezaemonさんのように気遣って頂ける男性の方が多くいる一方、残念ながらストーカー行為や酒の場を借りたセクハラ行為をする方がいるのも事実です。そういう方は、もう病気かなと思わざるを得ないくらい、病的な行動を取ってきます。おそらく、そういう方に武士道精神を説いても難しい感じも残念ながらしています。ですので、残念ですが、どうしても自己防衛する必要が出てきます。もっとも、supertakezaemonさんのような方が多くいらっしゃることは大変心強いです。

2011/1/23(日) 午後 11:26 NANA 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事