ここから本文です
nana*s*chanのブログ
写真が好きで飛び回っています。

書庫九州の山の写真

記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

九重長者原タデ原湿原

今年の暑い夏の日、涼とトレッキングを兼ねて
標高1000mの世界へあとは花が咲いてくれているか
いつもは夏の花が多く咲いているはず

イメージ 1
木道を歩きながらの撮影、あちこちに花が咲いている。
これはサワギキョウ

イメージ 2
あちこちに花が咲いている。

イメージ 3
これはトラノオ

イメージ 4
ギボウシ
思った以上に多くの花が咲いている。

イメージ 5
この花はシモツケソウ
この場所はいつも来ているがこんなに
多くの花に会えたのは初めて

イメージ 6
ユウスゲにハンカイソウが咲いている。

イメージ 7
ノハナショウブ

イメージ 8
これから登る登山者の一行
お花畑を見ながら

イメージ 9
やっと出会えたひめゆりの花

イメージ 10
のんびりと撮影しながらのトレッキング&撮影
1時間30分ほどかけていくら涼しいといえども
シャツは汗びっしょりに近くの売店でアイスなどをいただいて
沢山の花に出会えた一日でした。

九重登山part

九重登山、花を求めて&トレッキングを兼ねて
随分と膝の痛みもなくなってやっと山に行けるように
でも昔のようにはなかなか行かない
綺麗な高山植物の撮影がしたくて行けるとこまで
花の撮影が満足するとこまでと

イメージ 1
第一の難関沓掛山を突破してこの辺りまで来るとチラホラと
ミヤマキリシマが咲きだしている。

イメージ 2
岩にへばりついているミヤマキリシマ

イメージ 3
いつもののんびりと花を求めての撮影
春リンドウがあちこちに

イメージ 4
ボケの花も真っ赤に

イメージ 5
見落としそうな小さなすみれ

イメージ 6
歩いているとだんだんとミヤマキリシマの花が増えてきた。

イメージ 7
この辺りまで来ると5分咲き位に

イメージ 8
振り返れば登山客がぞろぞろと多くなってきた。

イメージ 9
山道の脇にもミヤマキリシマ
今回の目的の扇ヶ鼻のミヤマキリシマはまだまだだった。

イメージ 10
まいづるそうも咲いているではないか
今回は扇ヶ鼻の分岐までで膝の痛みと相談しながら
戻ることに

イメージ 11
三俣山バックのミヤマキリシマ

イメージ 12
沓掛山頂からのミヤマキリシマ
帰りはもちろん温泉に入って膝のケアは十分に
今回も梅雨前に少し早いとはわかっていたが
多くの花に会えて大満足の一日でした。

梅雨に入る前の天気がいい日に花を求めて
いつもののんびり登山、今回は妻と二人で
家を5時に出発、牧の戸へ7時に到着

イメージ 1
最初の難所昔はなんでもなくても今はこんなにきついとは
なんとか沓掛山へ

イメージ 2
ミヤマキリシマはまだ早いけど
イワカガミの花があちこちに咲いている。

イメージ 3
微妙に色が赤いのも、淡い色など様々

イメージ 4
何度も九重に来ているけどこんなにイワカガミの花を
見たのは初めて、いつもはさがすのが大変なほどなのに

イメージ 5
イワカガミの咲く時期がミヤマキリシマよりちょっと早いのかも
いつもはミヤマキリシマに合わせての登山のため

イメージ 12
こんなに多いイワカガミの撮影は初めて

イメージ 6
人の1.5倍程の時間をかけての撮影

イメージ 7
あちこちにイワカガミの群生が

イメージ 8
こんなに咲いているのでイワカガミの撮影が楽しい

イメージ 9
ひっそりと咲いている花も

イメージ 10
ミヤマキリシマよりもイワカガミの方が多いのも初めて

イメージ 11
今週はさぞ牧の戸は超満員だろう
ミヤマキリシマが最高の状態のはず

トレッキングしながらの撮影今回は林道周りには、
たくさんの花が咲いていた。
撮影しながらのいつもののんびりと

イメージ 1
トレッキング開始すぐの周りには
ツリフネソウこれは珍しい黄色

イメージ 2
すぐ横にはトンボが止まっている。

イメージ 3
これが一般的に多いツリフネソウ

イメージ 4
アザミの花は終わりに近づいているのか姿はあまり見えなかった

イメージ 5
高山植物も季節と高度で随分と違ってくる
今回は1000mtから1300mの移動

イメージ 6
アレボノソウ

イメージ 7
高山色ぶさは種類が多くなかなか
名前がわからないのが多い

イメージ 8
ゲンノショウコウ

イメージ 9
林道の周りに時々咲いている花

イメージ 10
鳥も多くの鳴き声は聞こえるがなかなか探すのは大変、
やっと見つけた鳥

イメージ 11
ママコナ

イメージ 12
あちこちに小さい花から高い花まで色々と咲いている。

イメージ 13
コオニユリも終わりなのかなかなか咲いているのはなかった。

イメージ 14
たくさんの高山植物の撮影をしながらのトレッキング
日頃の体も大分と解消されて最後にはいつもの山里の湯
この温泉は炭酸泉で体に炭酸の泡が付いてくるちょっと温いが
疲れた体にはなかなかいい感じの温泉である。
今回もいい撮影ができ大満足の一日でした。



最近膝が痛くてリハビリを兼ねて、坊がつるトレッキングに出かけました。
前よりも随分良くなってきて、少しづつ歩く準備のためにと撮影を兼ねて
往復5時間ほど休憩も含めて帰りはやっと歩く感じ
でも帰りに炭酸泉でのんびりと温泉につかつて疲れもなくなり
楽しいトレッキングでした。

イメージ 1
車は吉部に止めて林道を歩きながら撮影

イメージ 2歩き初めて直ぐに安川をわたって

イメージ 3ブナの森を眺めのんびりと撮影

イメージ 4
2時間ちょっと歩くと樹林帯を抜けて

イメージ 5
くじゅうの山々が見えてくる。

イメージ 6
このあたりはすっかり秋の風景が覗く
空は秋の雲に平治の横を過ぎていよいよ坊ガツルへ

イメージ 7
湿原はすすき一色になっている。

イメージ 8
すすきと中岳方面をパシャリ

イメージ 9
すすきと大船山をパシャリ

イメージ 10
30分ほど歩くと長者原から雨が池からの山道と合流

イメージ 11
法華院温泉も見えてきていよいよゴール
のんびりと撮影しながら3時間ほどのトレッキング
昼を頂いて帰りは2時間ほとかけて
足のあちこちが痛かったが楽しいトレッキングができました。
このコースは紅葉が最高の場所人は少ないし撮影に持って来い
秋にはまた撮影に来ることに。


全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事