今日も踏ん張ろう!! 〜土と雑草と野菜の生命力を信じて〜

kakaaの畑にようこそ!ご訪問ありがとうございます!近頃は安倍政治の悪辣さに、憤懣やるかたないですが…

全体表示

[ リスト ]

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

原発被災者、辺野古、高江、慰安婦、ダコタなど常に「弱者」の側に立ったリポートと鋭い政権批判を続けてきたTBSの「報道特集」(土曜午後5時半)。

そのメインキャスターで「メディアの良心」とも言うべき金平茂紀さんが、降板の危機に立たされています。

これまでも政権側からすれば煙たい存在であったことは確かなのですが、3月11日の報道で容赦なく原発政策を批判したことにより、窮地に追い込まれている模様。

しかし歯に衣着せぬ「日本のエイミー・グッドマン」がテレビからいなくなることは、日本の民主主義に計り知れないダメージを与えます。

民主主義とは、闘い取るものです。

そして言論の自由を守るのは、メディアの人たちだけの仕事ではありません。

わたくしたち視聴者一人ひとりの選択と行動、不屈の意志が、大きな世論のうねりとなって国を動かしてゆくのです。

諦めず、働きかけましょう。

政権側からの露骨な「口封じ」を許さないためにも、今、わたくしたちが声を上げるべき時なのです。

あらゆる手段を用い、まずはTBSに働きかけてほしい。

報道特集の「姿勢」に共鳴してくださる全ての方に協力してもらいたい。

心からそう願っております。

表現の自由と民主主義を守るために、どうか助けてください。

お願いいたします。m(_ _)m

■テレビ番組へのお問い合わせ・ご意見(視聴者センター)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下、原発政策を批判した金平茂紀さんのコメントを掲載します。

■TBS報道特集 2017年3月11日放送
【福島第一原発 廃炉の今】
6年前にメルトダウンを起こした東京電力福島第一原発を金平キャスターが取材。
原発の今と廃炉に向けた課題とは?

▼リード 金平茂紀キャスター
「再び浪江町です。先月の下旬、原発事故で避難生活を続けていた一人の男性、鵜沼一夫さんがが亡くなりました。

鵜沼さんは避難先で『負けてたまるか』という言葉を常に口にしていました。

数え切れないほどの人に犠牲を強いながらも続く、廃炉作業の今をお伝えします」

▼東京電力の石崎芳行・福島復興本社代表への質問 金平茂紀キャスター
「私はつい最近起きたことで言うと、東芝のことを考えているんですけれどね。

経営が成り立たなくなるような例えばメーカーとかですね、あるいは保守点検にかかわる、これからの廃炉事業にかかわるようなメーカーが営利活動が成り立ってゆかないという状況になった場合ていうのは、どうするんですかね、だいたい。

僕はね、そういうところまで考えないと原発のエネルギーが人類にとって、あるいは日本にとって必要だっていうのを言い切るというのは無責任だという風に思いますけれどね」

▼まとめ1 金平茂紀キャスター
「廃炉というのはですね、メルトダウンを起こして原子炉から溶け落ちた核燃料デブリというのが、それを取り出して他の場所に移すというのが最も困難な作業なわけです。

その後に原子炉を壊してそれから建屋を処分するというわけで、当初40年くらいかかるという風に見込まれていました。

ところが現実に私たちがいる場所というのは、デブリがどこにあってどんな状態にあるのかを調べる調査の段階で、それすらも思うようには進まないというのが現実にあるわけです。

端的に言いますと、今日生きている人間の全ての人は、福島第一原発の事故の終息を見ることが出来ないんじゃないかと。

そういう過酷な現実があるということをまず認めるべきじゃないかという風に私は思います」

▼まとめ2 金平茂紀キャスター
「この場所も実は今月31日に避難解除されるんですけれども、希望を抱いている人もいる一方でですね、なんていうか、こう見えない力によって、早く戻るのがいいんだというように住民をせかせているように感じることもあります。

実際には亡くなった鵜沼一夫さんのように、帰りたくても帰れない、そのまんまどんどん亡くなって行っているという 過酷な現実のことを考えるとですね、率直なところこれだけ被害を生んでも誰一人処罰されないで済んでいるという、この国のありようというか理不尽さには、強い怒りを感じずにはいられません」

▼総合まとめ 金平茂紀キャスター
「とにかくですね。原発事故というのはまだ現在進行形なんだということを忘れてはならないということを一番感じましたですね。

311以降、これまで毎年続けられてきた総理大臣の記者会見ていうのは今年はありませんでした。

区切りがついたという認識のようなんですけれど、一体どういう区切りがついたと言うんでしょうか。

311の前日の昨日、南スーダンからの自衛隊撤退の発表がありましたけれども、これにも区切りという言葉が使われていました。

何か政権側の都合で区切りという言葉が使われているということは無いのでしょうか。

被災者たちやあるいは遠いはるか遠い土地に送られている自衛官たちの状況というのは本当に分かっているのかなと。

そういう疑問が浮かんできたというのが正直なところです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■TBS報道特集 2017年3月11日放送
【中学生が成人に ”消滅危機の街”厳しい現実】
東日本大震災から6。7割もの住民が流出「消滅の危機にある」とも言われる宮城県石巻市雄勝町の現状を膳場キャスタ―が報告。

■TBS報道特集 2017年3月11日放送
【6年間被ばくした牛 最新研究】
福島第一原発の近くでこの6年間、人知れず被曝し続けていた牛。植物や昆虫と違い人と近い臓器を持つ牛が高い放射線を浴び続けるとどのような影響が出るのか。最新の研究成果を日下部キャスターが取材。
(金平さんの「総合まとめ」は、こちらに収録されています)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■TBS報道特集 2017年2月25日放送
【台湾が目指す原発ゼロ】
台湾の蔡英文政権は2025年までに原発をゼロにすることを決めた。
実現を訴える反原発グループは?懸念を示す経済団体は?再生エネルギー推進の動きは?現地を取材した。

▼まとめ 膳場貴子キャスター
「脱原発に向けて、試行錯誤する様子。これ、本来なら日本で起きていてもおかしくないな、って思いましたよね。

福島第一原発を抱えている当事国よりも、台湾のほうが危機感が強いんじゃないかというこの現状に、我が身を省みてしまいましたね」

▼まとめ 日下部正樹キャスター
「(台湾の民進党は)同じ民進党でも、日本の民進党が脱原発の期限を巡ってもめているのとは対照的ですよね。

東日本大震災の際ですね、台湾からの義援金が海外のものとしては突出していた。

これは、かなりの人に知られているんですけども、一方で非常に福島の事故に衝撃を受けたんですね。

今も、福島と近隣県からは、食料品の輸入規制を台湾は続けているし、毎年3月11日周辺の日に数万人規模の反原発デモが行われている。

これはあまり知られていないんですよね。

日本と同じ地震の多い、人口密集地域、産業構造もにてる、ということで、より敏感に感じていると思うんですけれど、台湾に行ってよく耳にしたのが
『日本の技術力・防災体制を持ってしても防げなかった事故を、どうして台湾が防げるんだ?』という声なんです。

そこからは、福島からの教訓を受け入れようとする、台湾の人たちの誠実さみたいなものを感じますね」

▼まとめ 金平茂紀キャスター
「台湾の第四原発って言うのは『日の丸原発』と言われているように、日本のメーカーが手がけたんですよね。

その中の一つの東芝がね、原子力・原発事業の不振となって、いま非常に経営が厳しい状態になってる。

将来のメンテナンスとか、どうなるんだろう? 

廃棄物処理という根源的な問題も含めて、人類と原発の共存ができるのかどうなのかという論議が、福島を経験した私たちよりも、台湾とかベトナムとかで論議がどんどん進んでいるって言う現状。

それね、お二人もおっしゃったように、これはいったい、誰の問題なんだ?ってことを考えさせられたというのが、正直なところですね」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

転載元転載元: 情報収集中&放電中

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事