ここから本文です
虹の向こうがわ 〜未来の自分へ
あなたは、”なりたい自分”になれていますか?美しい虹に向かって、ずっと抑え込んできた本来の自分を取り戻す旅に出ました!

努力型の天才

イメージ 1


こんにちは。
今日は暖かいですね!
もうすぐ春を思わせるような気候ですが、
そこは三寒四温で春に向かうようで・・・
もう少しの辛抱のようです。


ここのところオリンピックで持ち切りのテレビ。
そんな中 ずばり切り込んだ質疑をする議員さんの国会は中継にならないようで
ツイッターでは色々と盛り上がっています。
(私たちのより良い生活の為にも、
ちゃ〜んと世の中の事にも目を目を向けておかないとまずいですね!)

さて、そのツイッターでアエラの記事に目が留まりました。
タイトルは
「2連覇・羽生結弦は”ただの天才”ではない… 恩師が見た荒川静香との違い」。
金メダルの羽生くん、根っからの天才肌の荒川静香さんとは違い
努力型の天才だとか・・・。
お二人とも同じ東北高校に通っていたそうですが、
羽生くんはアスリートの家に生まれた訳でもなく、
人1倍の努力の結果得た2連覇だと。
その為、恩師は立派になった姿に涙が止まらなかったそうです。

後輩たちも彼の努力を近くで見ていたようです。
羽生くんは体も弱く喘息持ち、
自分を鍛えるために敢えてマスクをして練習をしていたとか・・・。
(肺活量が鍛えられるらしいです。)
また、研究熱心で家電好き。
1日中家電量販店にいられるほどだったらしい。
そうか・・・、
だから昨日見た番組では、滑りに合わせた ”セイメイ” の曲のアレンジも
自分でしていたのかもしれない。
(自分で曲をアレンジするなんて、異例のことらしい。)
そんな努力家でも、普通の高校生らしさもあったそうだ。


試合が終わってから次々と明かされる本当のところ。
ギリギリの状態で試合に臨んでいたことを知って、
羽生君の影の精神力に脱帽してしまう。
早く痛み止めを飲まずに滑れるように、願っています!
本当に感動をいっぱい、ありがとう。



今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

イメージ 2

[https://mental.blogmura.com/mental_face/ranking.html にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ(文字をクリック)]


この記事に

謙虚さ

イメージ 1
↑ 昨日、一昨日の暖かさで紅梅も花開く

こんばんは。
連日オリンピックで沸き立つ日本。
本当に平和なんだなぁと思う。
選手の1人1人に色々なドラマがあり、皆並々ならぬ努力を重ねての結果。
国別のメダル数などとテレビで報道しているのを見ると、
何だか げっそりしてしまう。
本人が精一杯力を出し切れたことに、素直に喜べる人でありたい。
あれだけの注目の中、自分を失わずに力を出すのは容易なことではない。


今日の羽生くんの演技は素晴らしかった。
2ヶ月もブランクがあったとは思えない滑り。
インタビューでは、その間も努力していた…と。
久しぶりに公の場で滑れることの喜びが感じられた。
私よりも何十歳も若くして、謙虚に受け答えする姿に共感してしまう。
 滑走順、応援してくれている人たちへの感謝の言葉、
 自分は恵まれていると感じ入る気持ち
その謙虚さが 
きっと人からも愛され 自分の力も後押ししてくれるんだろうなぁと思った。


スキージャンプの高梨沙羅ちゃんも、
ハーフパイプの平野歩夢くんも、
若いながらもプレッシャーや事故を乗り越えての結果。
胸が熱くなりながらテレビに釘付けになってしまった。
そして同じく謙虚に周りの人たちへの感謝を忘れていない。

本当にいっぱいの感動をありがとう!



今日も読んで下さり、ありがとうございます。

イメージ 2

[https://mental.blogmura.com/mental_face/ranking.html にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ(文字をクリック)]


この記事に

春を待ちわびて・・・

イメージ 1


こんにちは。
やっと忙しさから脱出かな?!
ドドッと疲れて、ボーッとオリンピックに見入っているこの頃です。
羽入君も無事に怪我が治り、フィギュアスケートが楽しみです!
選手の皆さんは4年間頑張ってこられたので、
自分らしい成果が表れるといいなぁと応援しています。


少しずつ春らしい日差しになってきました。
とりわけ寒い冬だから、暖かい春が待ち遠しいですね!




読んで下さり、ありがとうございます。

イメージ 2

[https://mental.blogmura.com/mental_face/ranking.html にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ(文字をクリック)]


この記事に

私はどう生きる?

イメージ 1
         ↑ 早々と満開の梅

こんにちは。
空気は冷たいけれど、何となく日差しに春を感じます。
ここのところ忙しくて気疲れも多く、ちょこっとご無沙汰していました。
日本海側は物凄い雪
受験生は大変だな…と思います。


さて、話は変わり・・・
昨年から『君たちはどう生きるか』という本が話題になっています。
確か小学校の高学年の時に、親からプレゼントされ読んだ記憶があります。
その当初は難しく、深いところまでは分かりませんでした。
今は漫画バージョンもあり、ずっと気になっていたので読んでみました。
うん・・・、分かりやすい!
絵から情景が手に取るように分かり、
キーパーソンであるおじさんの言葉はそのままピックアップしてありました。
大人にもお勧めです!!


この本は、80年も前の戦争の影がある時代に書かれた本です。
(日本人の大半が貧しく、その上 戦争へと流されようとしていた時代です。)
中学生のコペル君へ、編集者のおじさんが ”どう生きて行くか” を導いています。
それは コペル君のお父さんが亡くなる時に呼ばれ、
「息子(コペル君)が立派な人間になるように」と託されたから。
おじさんは温かな気持ちでコペル君に接しながら、
色々なことを考えさせながら導いています。

例えば
 自分で考えることの大切さ
 人間の結びつき(本当に人間らしい関係って何か…)
 貧困について
 感謝について
 本当に素晴らしいことは何か
 生産して世に送り出している人と消費ばかりしている人
 偉大な人間とはどんな人なのか
 人間の悩み、過ちについて

1つ1つ考えさせられ、
自分の在り方をどうしたいか再確認させられました。
そして自分の子供にも読んで貰いたいと思いました。


とかく自分の思わくとは違う方向へ流されつつある今の時代にも、
グッとくる本だと思います。
なるべく短時間で要点を知りたい方は、漫画版をどうぞ!




今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

イメージ 2

[https://mental.blogmura.com/mental_face/ranking.html にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ(文字をクリック)]


この記事に

子どもの声

イメージ 1


穏やかな日差しの元、ちょっと公園に足を伸ばした。
まだ残る雪が眩しい。
日差しが弱い所には、子ども達が作った ’かまくら’ や ’雪だるま’ がここそこに。
ついつい 顔がほころぶ。

そんな中、学校帰りの男子中学生が3人。
ワーワー言いながら、緑の葉が付いた枝を持って追いかけている。
あどけない様子から、多分1年生と見た。
こんなに広い公園の中を通学路にしているなんて、羨ましい!
息子を思い出しながら、あの子達の伸びやかさに心が和む。

イメージ 2


最近始まった『西郷どん』ではないけれど、
私も ”子どもは国の宝” だと思っている。
最近は保育園の声がうるさいと言って、
高い塀を作る話を耳にしたことがある。
自分が子育て中だからなのか、
私にとっては ”子供の声はうるさい” などとは思わない。
かえって、子どもの声に安らぐ方なんだけどな・・・。
自分にも子ども時代があって、
周りの人たちが温かく見守ってくれていたのにな〜。
どうして今の世の中は、そんなに寛大さが無くなってしまったんだろう。
悲しいことだよね。

子どもが子どもらしく元気にいられる事って、
その後の人生に大きく影響していく・・・。
ちょっとぐらい やんちゃな方が子どもらしい!!


自分は、子どもらしさをほほ笑ましく見守れる大人でありたい・・・。
優しく見守れば、きっとそれは倍になって返ってくると思うんだけどな。

子どもの笑い声を耳にしながら、雪の残る公園を後にした。




今日も読んで下さり、ありがとうございます。

イメージ 3

[https://mental.blogmura.com/mental_face/ranking.html にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ(文字をクリック)]


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事