ここから本文です
南栗橋車両管区柏支所
背景とヘッダーを変えてみました〜

書庫全体表示

イメージ 1
 1月12日、柏市の都市開発計画が発表され、その中に「高柳駅の橋上駅舎化」という内容がありました。


※以下、プレス内の内容を一部引用しております。また、個人の推測の内容がいつもよりかなり多く含まれています。ところどころ「?」となる場面もあると思いますが、綺麗に聞き流していただければと思います…。
イメージ 2
 現在高柳駅では、橋上駅舎化工事とホーム及び線路の移設工事が行われており、また前後の区間では、複線化工事も行われています。完成後は現駅舎がある東口だけでなく、ロータリーやスーパーマーケットなどを整備した西口にも通じるようになり、駅周辺も西口を中心に再開発が進む予定です。この中で高柳駅については、橋上駅舎化と合わせて線路の移設が計画されています。現在の対面二面二線ホームから、島式一面二線ホームに変更され、ホーム自体も約60Mほど六実側にずれることになっています。ところがですね…
イメージ 3
イメージ 4
 この都市開発計画によりますと、ホームがもう一本増設され、島式二面四線の中核駅スタイルになることが判明しました。野田線内で似たような構造の駅はなく(強いて言えば柏駅ですけど、あれはあれでまた目的が違うし…)、単独駅としては最大規模になる予定です。

イメージ 5
イメージ 6
 この大規模改良の裏には「急行電車の存在と六実駅の構造」及び「高柳電留線」が影響していると推測しています。
 まずは急行電車関係から。昨年春のダイヤ改正で誕生した優等種別「急行」は、現段階だと春日部〜大宮駅間のみが通過運転対象区間となっていますが、将来的には船橋線を含めた全線で通過運転可能にする…という計画があります。仮に船橋線内で緩急接続を取る場合、現状で使えそうなのは六実駅くらいしかありません。ところがこの六実駅、下り電車こそ対面連絡出来ますけど、上り電車は階段を使って乗り換える必要が出てきてしまうのです(岩槻駅で上り電車が接続しない原因のひとつも多分コレ)。また、お隣にはターミナルの新鎌ケ谷駅もありますから、六実駅で緩急接続を取るとダイヤ上不都合が多く発生します。このため、余裕のある高柳駅に緩急接続機能を設け、利便性の向上と運転ダイヤの余裕を確保するものと思われます。
 続いて電留線関係です。高柳駅から逆井方に少し進むと、野田線車両を6編成留置可能な電留線が現れます。1999年に開設され、船橋線唯一の車庫として重要拠点の役割を果たしていますが、現状だと「入庫電車の再出庫が出来ない」という致命的な問題を抱えています。この点は複線化で解消される見込みで、直接のホーム増設の要因には結び付きません。ここで出てくるのが「六実止まりの電車」です。駅の規模などを見てますと、将来的には「六実駅の機能を高柳駅に移す」可能性が出てきました。仮にそうなった場合、高柳止まりの電車が設定されるわけですので、島式一面二線のままだと容量的に厳しいものが見られます。そのため、ホームを増やして多少なりともダイヤに余裕を持たせるものと思われます(そう考えると七光台駅って凄いですね…)。

イメージ 7
 プレス内にもありましたが、駅舎本体の工事は今月中に始まるようです。新旧入り混じる駅舎は、間もなく見納めとなる見込みです。単純に「バリアフリー化の一環」で終わると思っていた一連の工事は、ここにきて「重要拠点の再構築」へと大規模な方針転換が見られました(もしかしたら知らなかっただけ?)。名実ともに「重要拠点」となりそうな高柳駅、前後の区間の複線化工事もありますし、数年で見る影もない大きな駅となりそうです。それはそれで、嬉しいような寂しいような、複雑な心境の沿線民です。引き続き、工事の様子などを見守っていこうと思います。

  • 顔アイコン

    結構頻繁に拝見させていただいてます。
    高柳駅の工事の様子を見るのがわくわくします。
    調査頑張ってください!楽しみにしてます!
    それと今日、柏駅で船橋方面のホームのエレベーターの入り口にある柱の停車駅表示を張り替えていました。
    もしかしたら将来的に急行線ができるからかなと思いました。時間があったら見てみてください。

    [ sei***** ]

    2017/1/24(火) 午前 0:22

  • 顔アイコン

    こんばんは。

    変更後は立派な駅に変貌するんですね。

    確か高柳もアリオの最寄り駅。
    となると、アリオへのお客も考慮した
    駅の再開発が進むのかもしれませんね。
    急行の停車はその一環か?

    急行の停車駅は、現時点では
    高柳と新鎌ケ谷はほぼ確定でしょうね。

    個人的には、野田線で「通過待ち」が出来たら
    面白いんですが(笑)

    [ E235系 ]

    2017/1/24(火) 午後 6:48

  • 顔アイコン

    > sei*****さん
    いつもありがとうございます。たまに通っても船橋行きで車内から流し見程度なのですが、西口側は通るたびに変化しているイメージです。調査の日程も調整中なので、今しばらくお待ちください。
    柏駅の件、情報有りがとうございます。早速明日見てこようと思います。看板の交換作業とかは、たまに見ると何が変わるのかワクワクしてしまいますw

    > E235系さん
    アリオ柏はどこの駅からも微妙に距離があるので、最寄り駅といえば確かに否定はできないですけど…どうなんでしょうね。地元民ですけどよく分かりませんw工事完成後、シャトルバスの運転は期待しても良さそうな気がします。
    正直なところ、ちょっと前の清水公園駅レベルで優等種別を停める意味がないと思っていただけに、ここにきての大規模開発でビックリしています。緩急接続をする「だけ」のために急行を停めるということは避けてほしいので、それまでにどこまで開発出来るのか、注目したいと思います。

    [ nanako61601 ]

    2017/1/24(火) 午後 11:00

  • 顔アイコン

    > sei*****さん
    まず柏駅ですが、確認する場所を間違えたようで変化に気付けなかったです…申し訳ありません。ただ、コンコース照明の修理を行っていたようで、一部箇所が一時的に閉鎖されていました。
    野田線からアーバンパークラインにするときにごっそり更新されたので、今後あまり期待できないというのがちょっと寂しいですけどね…。

    [ nanako61601 ]

    2017/1/26(木) 午後 10:36

  • 六実駅の機能を高柳駅移設となると高柳駅2面4線化は確かに利便性が高くなる。
    となると柏駅以南の急行停車駅は柏駅、高柳駅、新鎌ヶ谷駅、鎌ヶ谷駅、新船橋駅、船橋駅の可能性が高いと推測出来ますね。
    高柳駅は待避、新鎌ヶ谷駅は乗り換え、鎌ヶ谷駅は鎌ヶ谷の中心駅、新船橋駅は利用者が急増しているのが理由だと思います。
    後は柏駅が全てのホームから大宮・船橋の両方向に行けるように改築すればかなり良くなる。
    最も野田線は野田市駅、春日部駅、岩槻駅の2面4線も計画に入れているそうだから、岩槻駅が2面4線になれば大宮口の急行を増やす事が出来そうです。

    [ nov***** ]

    2017/11/10(金) 午後 9:20

  • 顔アイコン

    > nov*****さん
    現行設備ですと、上り電車が対面で接続できる駅がないため、急行運転の区間を拡大しても速達効果があまり生まれません。そういう意味では、高柳駅の設備拡大は重要なカギになりそうです。急行の停車駅も、今後要注目です。

    [ nanako61601 ]

    2017/11/12(日) 午後 7:31

  • 急行の停車駅は普通接続と乗換の観点から柏 高柳 新鎌ヶ谷 船橋 でしょうね。

    運河方面は 運河 流山おおたか 柏
    これ以上増やすと急行の速達性はほぼ失われてしまうので。

    [ すぴたん ]

    2018/11/23(金) 午前 7:17

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事