笑う社労士

ゆっくりと流れる普通の日が大切だと思う日々 (~_~;)

全体表示

[ リスト ]

 師走になると、「お忙しいですか?」「いや〜、貧乏暇なしですわ。」と士業仲間では
挨拶を互いにしているが、本音は、皆さん、それぞれだ。
 腹の探り合いで、(こいつ、えらい儲けているな・・)と嫉妬に駆られて喋る場合もあれ
ば、(本当に暇なんじゃないの?)と、少なからずの軽蔑を込めて軽口を交わしている
場合もある。ようするに、どんなアイデアで仕事を増やしているか、競争相手には秘密
にした上で、(もっと稼ぐにはどうしたらいいのか)探り続けているのが、普通の士業の
あり方なのだろう。

 そんな中で、今期は士業にとって願ってもない政府方針「働き方改革」が発表された。
この好機を、黙って見逃すならば、それは、まさしく(←首相の口癖)来るべき企業コン
サルをする士業の自覚がない証拠ではないかと思う。皆さん、奮起すべし!

 ということで、この12月は、新たな営業目標を整理して、その実現を目指す。しかし!
スケジュール的には、前記のような気構えで臨むところが、既定の計画では、既に3分の
1が歌に占領され、直接の稼働は5日、営業は3日と、有言不実行の危険性が予想される。
 (これではいけない・・)と、もう少し情報発信の機会を増やす努力をするとともに、その
間にメリハリを作るために、年末の頑張りを支えるいやし(ほんわかXmas)を幾つか入れ
たい。  今年は、そんな意気込みで、クリスマスにちなむ演奏会が6件(!)ある。
 ちょっと、多すぎたか?と、一瞬だけ、立ち止まって考えることがある。

 でも、僕の本来の理想は、アリギリス(蓄えて、楽しむを同時にする)だから、やらずに
悔やむよりは、やって楽しんで、明日の鋭気にする方を優先したい。

 今月の選択本
1.「銀河を航 全エッセイ」 沢木 耕太郎 著 新潮社 刊

 この人は、僕ら世代のオピニオンリーダー。何を今、考えているか、常に気になる存在。

2.「THE NEW YORK TIMES、THE JAPAN TIMES」 SATURDAY  DECEMBER 1

 田舎からスゴスゴ出向き、倉敷、岡山に出れば、キオスクでよく買う新聞。馴染みのおば
ちゃんは、僕のことを外国のアジア人だと思っているだろう。真の目的は、外国から見た
日本の姿。長く続けていると、不思議に内容を理解でき、結構、面白い。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事