ここから本文です

書庫全体表示






イギリスMCN(モーターサイクルニュース)の記事を意訳してみた


ワールドドゥカティウィーク(WDW)の前にイタリアの会社は、すでに彼らは2の新モデルを発表する最後の週末の祭りで彼らの90周年のお祝いを使用するであろうことを明らかにしたていました。

一つは自分の旗艦パニガーレの90周年記念版であることだったが、他は謎に包まれ、ドゥカティは、新しいバイクを見る唯一の人々はミサノの出席のものであろうと主張した - 3日間で印象的な81000参加者を突破します。

ドゥカティは、企業がプライベートビューイング領域に、スクランブラを自分の最悪の秘密を隠し、かなり前にその公式の除幕式のそれに目をごちそうするプライベート飛び地にshowgoersを許可された2014年以来、WDWでバイクが明らかにされています。


 
残念ながらドゥカティのために、誰かが常に全世界にプライベート御馳走をアンマスク、カメラをこっそりして管理しています。
これは、スクランブラで起こった、そしてそれは、
新しいスーパースポーツで週末に再び起こりました。

二つの有用な画像が浮上している、と誰が写真を取った人を確認してくださいいないようだが、彼らは今、世界中のフォーラムやウェブサイト上で共有されています。

これらの画像、およびバイクの私たち自身の視野から、
我々はあなたがここを参照してください
完全なバイクのコンピュータ生成画像を作成しました。

スーパースポーツは、現在知られているように、プロジェクト1312は、(第十三プロジェクトバイクが2012年に開始)、
2つのモデルは来年英国のDucatiディーラーに到着したときに939スーパースポーツと939スーパースポーツSと呼ばれる可能性が高くなります。

モデルオプション
ドゥカティは、これ自体に興味深いですが、次の明白な疑問は、範囲は、次に両方向に容量が拡大するかどうかである必要があり、
起動時にスーパースポーツ2モデルが存在することを確認し、
スーパースポーツS.ています。
同社は(SSのシャーシアーキテクチャがベースとなっている)
モンスター821エンジンを使用し、
もちろん1200ccの使用もあるだろう。

信頼のサークル
視覚ホイールは3 Y字型の前面のスポークと片面スイングアームと、標準的な1299パニガーレへのほぼ同じように見えます。
彼らはバイクのデザインブリーフに合うようにボックス内のバイクは、生産の選択肢である可能性が高いと思われる
ピレリディアブロ・ロッソIIゴムを装着しました。
フロントは120/70 ZR17、リア60分の180 ZR17です。

クラッシーコンポーネント
WDWで示さバイクはオーリンズ製のフロントとリアのスパンコール付きの配列を誇るスーパースポーツS、でした。
どちらの終わりには合併症のない、道路に焦点を当てたスーパ^バイクeとしてバイクの精神に沿って、任意の電子制御を備えています。

標準モデルは、オーリンズ製を取得することはありませんが、
それでも完全に調整可能となり、サックスである可能性が高い
 - ドゥカティモンスター821のストライプに使用されます。

サイズとストンプ
エンジンはハイパーモタード 939のテスタストレッタ11º水冷Lツインに基づいています。
実際に937cc、エンジンが重く変更されました
 - ドゥカティは80%が変更されたと言う

 - 新しいスーパースポーツを作るために適しており、それが110bhpの周りに開発します。
そこのレンジを形成するために検討されている任意の他のエンジンにまだ明確ではないですが、
以前のスーパースポーツファミリーは1000ccから400ccのエンジンが含まれています。
*もしかしたら400ccのスーパースポーツも期待できるのだろうか?
 
ブレーキの期待
フロントセットアップが標準として必要とABSとのラジアルポンプによって活性化ラジアルブレンボM4.32のモノブロック4ピストンキャリパー、によって把持2 320ミリメートルセミフローティングディスクを、含むように見えます。

ツインピストンキャリパーとABSで、我々はリアセット・アップを見ることはできませんが、それは245ミリメートルのディスクである可能性が最も高いです。これは、ブレーキが二つのモデル間で同じになります道路に焦点を当てたスーパーバイク可能性が高いと思われます。

ロードモード
2017年からのすべての新しいバイクは以降のABSを持つことが必要ですが、スーパースポーツは、そのライダーの補助でずっとさらに行きます。

スポーツ、ツーリングと都市 - - ドゥカティの8レベルのトラクションコントロールにリンクされる2つのモデルは、次の3つのモードの恩恵を受ける。これは純粋なロードスーパーバイクとして意図されているが、ライダーモードと電子制御
このレベルは現在、予想最低基準であるように思われます。

独自のスタイル
そこパニガーレファミリーのスーパースポーツの視覚的な参照を隠してないません 
- しかし、Quattrinoが、これはパニガーレレンジの一部ではないことを強調することに熱心でした。
これは新しいものではありません 
- SSが強く888分の851スーパーバイクを模倣するが、はるかに安く、よりリラックスした低動力乗馬体験を提供レンジ時の類似性は、
後半80年代/早90年代のスーパーファミリーのしのばせるです。

ナンちゃんずコメント
新スーパースポーツモデル(939)の販売価格を予想してみよう。
150〜180万近辺ではないだろうか?
200万だとパニガーレ959と接近するので焦点がぼける。

以前の916シリーズスーパーバイクと
900SSの関係に近いものになるだろう。

また、スーパーバイク(おそらく高価)がV4に変わるとすると、
Lツインは新スーパースポーツとなるかもしれない。

まず、939を出し続けて1200と
排気量のバリエーションモデルを用意するのでは?
おそらく世界的に小排気量モデルが脚光を
浴びているいるので、
たとえば400ccモデルも期待できるかもしれない。
そう思うけど?


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事